韓国証券市場 ウォンニャス速報 開幕は1320.21→開幕から昇龍拳でウォンは急降下しても韓銀砲で押し戻す!【動画】


韓国証券市場 昨日、一日で26ウォンも下げたウォンだが、その後の時間外ではもっと下がっていた。1320突破して1325ウォン付近まで落ちていたが、その後は反発している。だいたい、1320ウォン付近を行ったり、きたりしていた。

今のウォンは何が起きるかわからない。何の材料もないのに激しく乱高下している通貨である。ただ、12月は最後のFOMCもあり、米消費者物価指数発表などの統計イベントも盛りだくさん。どちらに転ぶかの判断は難しい。

それでは開幕から見ていこうか。スタート値は1320.21だ。では、チャートをどうぞ。

開幕は1320。そこからウォンは急に売られていき10時頃には1325ウォンまで下降。しかし、急にブレーキだ。韓銀砲だ。どーん。いきなりウォンは急上昇。今度は11時に1320を奪還。そのまま勢いで12時には1316ウォンまで上昇。本当、忙しい通貨だな。

しかし、1316ウォンでストップ。今度は1320まで下がり出す。さrにまた韓銀砲を撃ってあげる。これはまさにジェットコースターだ。よく見るとチャートがそんな感じに見えてくる。もちろん、ジェットコースターなので最後はまた下がり出す。

結果は1321.7。2.9ウォン安。コスピも2400を割れた状態。

それでは時間外はどうだ。

時間外でも1320付近で激しくもみ合っている。18時40分頃には1320ウォンてところだ。

■2022年12月7日の韓国証券市場

コスダック指数 1.30ポイント、下降、 718.14、(終値)
総合株価指数 10.35ポイント、下降、 2382.81、(終値)
ウォン・ドル相場 2.9ウォン安 1321.7(終値)

■投資主体別売買動向

22.12.071,814-1,962-10

個人が1814億で、買い。外国人が1962億で、売り。機関が10億で、売りとなった。

個人が買い。外国人と機関が売り。取引規模は少ないのは様子見か。ただ、外国人が4日連続で売り越しだ。流れが変わっている恐れがあるな。

■韓国債と会社債の利回り

国庫債券(1年)3.659マイナス0.004
国庫債券(3年)3.672プラス0.039
国庫債券(5年)3.620プラス0.023
国庫債券(10年)3.523プラス0.019
会社債(AA-、無保証3年)5.411プラス0.024
会社債(BBB-、無保証3年)11.250プラス0.022
CD(91日)4.030、0、(同値)
CP(91日)5.540、0、(同値)

韓国債は短期以外は金利が上昇。会社債も金利が上がっている。外国人が売りこし始めてから下がっていた金利が上がっている。

■日経平均とTOPIX

日経平均は27,686円40銭。マイナス199円47銭。TOPIXは1,948.31。マイナス1.91ポイント。

ドル円は137.581。137円と円安になってきているな。日米金利差の拡大の見方から円売りドル買いとか。つまり、0.5%の利上げだとおもったら、まさかの0.75%もあるんじゃないかといった動きだ。経済統計が市場予想より良いとダウが下がるとか興味深いよな。

■気になるニュース

今回のニュースは海運業界の話だ。米利上げによる世界同時リセッションで景気鈍化している。凄いのはコンテナ運送費11カ月間で82%急落したという。中々、衝撃的な内容なので引用していこう。

海運産業に訪れた景気鈍化の波が勢いを増している。コンテナ運送市況が急速に悪化している。コンテナ市況を示す代表指数である上海コンテナ運賃指数(SCFI)は2日に1171.36まで落ちた。1月7日に記録した5109.6と比較すると1年間で3938.24ポイント下落した。指数下落は物流量がそれだけ減ったという意味だ。

下落傾向が続けばSCFIが1000ポイント以下に下落しかねないという懸念が市場から出ている。1000ポイントはコロナ禍直前と同水準だ。

運賃指数下落は海運業界で予想したシナリオだ。問題は速度だ。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)によるとアジア発北米西岸向け40フィートコンテナの運送費は2月に8117ドルを記録したが先月末には1496ドルに下落した。

9カ月間でコンテナ運送費が81.6%も急落したのだ。KOTRAニューヨーク貿易館のチョン・ジンス調査官は「米国の年末のかき入れ時であるサンクスギビング、ブラックフライデー、クリスマスの特需が消え海上運賃と物流量もともに弱まっている」と分析した。

https://japanese.joins.com/JArticle/298528

凄いな。コンテナ運賃の指数である上海コンテナ運賃指数(SCFI)は2日に1171.36まで落ちた。1月7日に記録した5109.6と比較すると1年間で3938.24ポイント下落した。コロナ特需がおわり、米利上げで各国が金利引きあげて景気後退。コンテナ運賃をみれば一発で景気よいか、悪いか判断できるよな。

もう、クリスマス商戦の積み荷はアメリカに届いているてことか。しかし、これは酷いな。でも、これ上海だから中国経済の失速の方が大きいよな。まあ、とにかく来年は韓国以外でも冬の時代がやってくるてことだ。

米中という得意先が軒並みダウンしていて、そこに東南アジアの輸出もダメというニュースがある。本当、韓国さん、一体、どこで何を売るんですかね?

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ライダイハン
2022年12月7日 21:46

こんどは、韓国が「K-STEEL」なるものを掲げて、キャンペーンも展開するらしい。でも、明らかに「K-STEAL」が正しいと思われるけど。そういえば、台風で停止した高炉のその後の話は聞かれない。戦犯企業の三菱が協力しなければ、再開できないとの噂もあるが。

1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x