韓国経済、【バッテリーも火病中】現代の電気自動車がまた充電中に炎上


韓国経済、【バッテリーも火病中】現代の電気自動車がまた充電中に炎上

記事要約:現代自動車の電気自動車がまた炎上したようだ。既にリコールが決まっているコナEVだが、バッテリーを充電しないでほしいと呼びかけていた。しかし、このユーザーはリコールのことを知らないのか。電気自動車を充電したようだ。そして、炎上と。

うわあ。これは酷い。それしかいいようがない。凄い燃えてる。

>消防当局は、火が車両の後輪周辺の下端部から広がった点から見て、今回の火災もバッテリーが原因である可能性が高いと見ています。

確かにバッテリーが設置してある箇所が燃えてるので、バッテリーの欠陥、つまり、LC化学の製造が原因のようにおもえるな。さすがに14件も炎上事故が起こっていたら、LC化学も責任を認めざるを得ないんじゃないか。

韓国経済、【バッテリーも火病中】現代の電気自動車がまた充電中に炎上

バッテリーの欠陥問題でリコールされている現代自動車のコナ電気自動車から今日また出火したことがわかりました。

一昨年の発売以来、14回目の火災です。

レポート

今日午前3時半、京畿道南楊州市の電気充電所で充電中の電気自動車から火が出ました。

バッテリーの欠陥に起因する火災の危険が認められ、昨日からリコールに入った現代自動車の「コナ」です。

消防当局は、火が車両の後輪周辺の下端部から広がった点から見て、今回の火災もバッテリーが原因である可能性が高いと見ています。

今回の火災で、2018年の発売以来コナ電気自動車で発生した火災は計14件と集計されました。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=214&aid=0001073471

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
あまこちゃん
2020年10月18日 10:18

トヨタは安全性を非常に重視しており、最近までリチウム電池を使用していなかった。ところがヒュンダイは、安かろう悪かろうで製造している韓国製半導体と同様な姿勢で製造している韓国製電池を使用している。米国で莫大な損害賠償訴訟を請求される未来が見える。

ばいなりい
2020年10月18日 11:00

GSユアサのリチウムイオン電池なら、ISSや海自の潜水艦「おうりゅう」にも使われているけど・・・ 負荷テストや障害テストは十分やってるはず。
トヨタは自社開発のハイブリッド用電池に愛着があるから他社製品は搭載しないのかな。

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x