日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、ルノーが警告「スト続くなら韓国への製造割り当ては困難」

記事要約:そもそもゴーン氏も辞任したので、ルノーは韓国から撤退するんじゃないか。だから、別に韓国の労働組合がストライキ続けるなら、さっさと撤退する方向に舵を切るだろう。その前に警告するならお優しい限りだな。でも、韓国の労働組合がストライキを止めるわけないだろう。

> 世界3位の自動車メーカー、米ゼネラル・モーターズ(GM)は、昨年の営業利益が118億ドルで前年に比べ7.8%減少したと6日(現地時間)発表した。2009年の経営破綻の後、構造調整に成功したGMは、16年以降は過去最高レベルの営業利益を上げていたが、このところの米中貿易摩擦、自動車需要の低迷などの影響で業績が下降した。 

その前に韓国GMが韓国からの撤退が先になるか。でも、その前に突っ込みたい。これは最後の4行以外ははっきりいっていらない。上のタイトルに何の関係もないからな。なのでその辺は割愛させていただく。

> ルノーサムスン自動車の株79.9%を保有するフランス・ルノーグループのロス・モザス製造総括副会長は最近、同社の役員・社員向けの動画メッセージで「ルノーサムスンの労組がストを続けるなら、今後の製造台数の割り当てについて議論するのは難しい」と警告した。

これストライキ続けたら議論しないという警告だが、実際、議論しないならルノー側が訴えられる気がするんだよな。韓国では労働組合は裁判所ですら勝てないからな。ルノーが逆に訴えられる事態になりそうな。なぜなら、ストライキは正当な労働者の権利だからな。もっとも、ストライキ中に給料は貰えるわ、待遇は良くなるわで。気が付けば労働組合が世襲制となっているという。本当、意味わからん。

この記事に対する旧サイトのコメント(6)

Screenshot of kankokukeizai.kill.jp

韓国経済、ルノーが警告「スト続くなら韓国への製造割り当ては困難」

世界3位の自動車メーカー、米ゼネラル・モーターズ(GM)は、昨年の営業利益が118億ドルで前年に比べ7.8%減少したと6日(現地時間)発表した。2009年の経営破綻の後、構造調整に成功したGMは、16年以降は過去最高レベルの営業利益を上げていたが、このところの米中貿易摩擦、自動車需要の低迷などの影響で業績が下降した。 

 世界的な自動車メーカーの「業績ショック」が相次いでいる。これについて、業界で予想されていた「自動車産業の大混乱」の恐怖が現実になってきたとの見方が示されている。ダイムラーも、昨年の純利益が前年比28%減の76億ユーロ(約9500億円)だったと6日(現地時間)発表した。トヨタも、昨年10-12月の純利益が81%減だったと発表した。 

 こうした中、GMは昨年11月から他社に先駆けて大規模な構造調整に着手し、北米工場5カ所の閉鎖と労働者1万4000人の削減に乗り出した。希望退職などで約4000人を削減するほか、4日には1万人以上に対する整理解雇に着手した。 

 ルノーサムスン自動車の株79.9%を保有するフランス・ルノーグループのロス・モザス製造総括副会長は最近、同社の役員・社員向けの動画メッセージで「ルノーサムスンの労組がストを続けるなら、今後の製造台数の割り当てについて議論するのは難しい」と警告した。 

柳井(リュ・ジョン)記者 

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/07/2019020780176.html)

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ