韓国市場、〔6月12日の韓国市場〕メジャーSQ日でも韓銀大勝利!


韓国市場、〔6月12日の韓国市場〕メジャーSQ日でも韓銀大勝利!

先週の韓国市場はメジャーSQ日を迎えたわけだが、ダウが-1800ドルも下がったのに日経平均株価か崩れなく、韓国のKOSPIもそこまで大きな下げとはいえない、驚くべき展開となった。

管理人は二番底はないにせよ。結構、下がると考えていたのでこの結果には驚かれされた。そして、1つの仮説を考えるようになった。もしかして、ダウが下がっても日経平均株価にそこまで大きな影響を与えることがなくなってきているのではないか。むしろ、ドル安、円高でそれで日経平均株価を下げた気もしないでもない。だとしたら、ダウとの分断もあり得て来るてことだ。

この仮説が合っているかは今後の展開を見ていく必要はあるが、ダウに影響されにくい市場が形成されるとどうなってしまうのか。結論からいうと、日本の一人勝ち状態になるかもしれない。東京での感染数は気になるが,全国的に見えても日本のコロナを押さえ込んでいる。各国が終息できない状況において経済活動の再開が日経平均株価を飛躍させる。ダウではなく日経平均がだ。

ええ?韓国市場はどうなるかて?日本と比べて韓国は米中対立に巻き込まれるので、外国人が逃げている限り、状況は好転しないと思う。まあ、とにかくメジャーSQ日を見ていこう。

■ウォン

ウォンの開幕は1205。ダウの大幅下落でも、昨日と10ウォン程度しか下がっていない。そして、粘り強い日経平均株価も共にウォンも上昇していく。最後は1204ウォン。

■KOSPI

次にKOSPIだ。開幕は昨日の2176→2088と下がっているが、その後は上げているんだよな。しかも、2134まで。つまり、-2%程度。これでダウが1800ドル下がった日とかいっても、誰も信じないだろう。

コスピ200 281.67 6.95 -2.41%

(締め切り)コスダック個人428億売り越し
(締め切り)コスダック機関174億売り越し
(締め切り)コスダック外国人1292億買い越し

(締め切り)プログラム1913億売り越し
(締め切り)コスピ個人5550億買い越し
(締め切り)コスダック機関174億売り越し
(締め切り)コスピ外国人2551億売り越し

[コスダック] 11.00p(1.45%)下げた746.06(場終了)
【コスピ] 44.48p(2.04%)下げた2,132.30(場終了)
【外国為替】ウォン/ドル為替レート7.4ウォン上がった1,203.8ウォン(締め切り)

売買動向は外国人と機関が売り越しだが、個人は買い越し。ダウが下がっても個人は、むしろ、好機とばかり買いに走った。そして、案の定,ダウは500ドル程度反発した。つまり、狼狽売りが終われば、株価は上がるだという見ている投資家が多いてことだ。そして、月曜日も日経平均株価は上がる可能性が高い。しかし、韓国経済がそうなるとは限らない。

■サムスン電子

最後にサムスン電子株だが、55000ぐらいを維持していた株価が下がりだした。ダウが下がったところで開幕は52100だ。前日が54300であったことを考えると、サムスン電子株はダウの影響をもろに受けて、他の株価はあまり受けてない。ダウと関連が高いサムスン電子株だけが売られたことになる。

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x