韓国市場、〔6月8日と9日の韓国市場〕1200ウォン間近で韓銀の大勝利ニダ!


韓国市場、〔6月8日と9日の韓国市場〕1200ウォン間近で韓銀の大勝利ニダ!

それでは、6月8日の韓国市場のまとめと9日の開幕を見ていこう。最近、ダウや日経が強くてKOSPIも2200台に上がり、どう見てもバブルを形成している。そのバブルがいつまで続くかは知らないが、今日のダウも+400ドル以上上がっており、まだまだ勢いは止まらない。

ところが日経平均株価が円高に触れてきた影響もあり、23000円を割れている。そして、世界の今年の経済成長は-5.2%という試算も出ている。実体経済が段々と意識されてきているのか。今日の日経平均から流れが変わる可能性はあるだろうな。

■ウォン

では、8日のウォン市場を見ていこう。まず、開幕は1202。そこから少し下げているが、もう1200付近まで戻ってきた。もっとも、これはドル安の流れであり、韓国ウォンはそれに釣られて上がっている。最後は1204ウォンと。

■KOSPI

次にKOSPIだが、開幕は2215と高かったがそこから利確の動きだ。これが昨日の日経平均と違う動き。まあ、韓国人が、今の経済状態で2200のKOSPIなど信用してないてことだろう。

コスピ200 290.77 0.15 + 0.05%

(締め切り)コスダック個人977億買い越し
(締め切り)コスダック機関976億売り越し
(締め切り)コスダック外国人129億買い越し

(締め切り)プログラム3203億売り越し
(締め切り)コスピ個人3760億買い越し
(締め切り)コスピ機関3678億売り越し
(締め切り)コスピ外国人114億買い越し

[コスダック] 3.73p(0.50%)上がった753.04(場終了)
【コスピ] 2.42p(0.11%)上がった2,184.29(場終了)
【外国為替】ウォン/ドル為替レート2.3ウォン下げた1,204.8ウォン(締め切り)

それで売買動向だが、意外な結果が出てきた。個人と外国人は買い越し。機関は売り越しとなっている。機関が2200を信用していないというのは中々,興味深いな。

■ウォン

それでは9日のウォン市場だが、日本も円高傾向だったが、韓国でもウォン高傾向となっており、1200を割っている。スタートは1195.今は1199である。このまま適正レートまで戻せるのか。

■KOSPI

KOSPIの開幕は2206.そこから下げていってるので、これは昨日と同じ展開。ただ、今回は日経平均株価も下げており、韓国市場でも利確の動きが大きくなっているんじゃないか。さすがに日経平均マイナスのシグナルを投資家が見逃すはずないものな。

■サムスン電子

それで、サムスン電子のほうだが、これはあまりかわってない。昨日も今日もだいたい55000を維持。ただ、好材料としてはサムスン電子のトップの不正会計疑惑で逮捕状請求が棄却された。しかも、それは韓国経済が危機的な状況にあるのにサムスン電子のトップが逮捕している場合ではないという。実に経済的な理由からである。まあ、ムン君がサムスン電子を助けるのは意外だが、何らかの裏取引があったんじゃないか。海外へ逃げるなよとかな。

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x