日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、韓国ロッテショッピング、衝撃の1-3月期…新型コロナで営業利益74.6%減

韓国経済、韓国ロッテショッピング、衝撃の1-3月期…新型コロナで営業利益74.6%減

記事要約:最近、慰安婦詐欺ビジネスのニュースが増えて、話題が韓国経済よりも、韓国社会の方にクローズアップされているのだが、このサイトは韓国経済のサイトなので、月曜から始まる韓国市場と経済ニュースを追っていく。

もちろん、慰安婦詐欺ビジネスは日本にも大きく関わってくるので続報があれば知らせていく。どちらにせよ。更新を頑張らないと行けないてことだ。では、今回は韓国のロッテショッピングである。1-3月期…新型コロナで営業利益74.6%減とのこと。

ロッテと言えば日本ではお菓子メーカーのイメージしかないが、韓国では様々な事業を抱えるロッテ財閥である。ロッテショッピングもその1つだ。

>ロッテショッピングは14日、1-3月期の売り上げが前四半期比8.3%減の4兆767億ウォン、営業利益が74.6%減の521億ウォンを記録したと公示した。新型コロナウイルスにより消費者が多くの人が集まる所を避けたことにより特に百貨店や劇場(カルチャーワークス)の業績不振で1-3月期の当期純損失は433億ウォンを記録し赤字に転落した。

これはおかしいな。売上が8.3%減っただけで、なんで営業利益が74.6%も下がるのか。これ、無理矢理、ロッテショッピングは赤字にして税金を払うのを免れようとしていないか。仮にこの数字が本当ならロッテショッピングは薄利多売どころか、売ってもほとんど利益を出していないことになるぞ。

>ロッテ百貨店は1-3月期に売り上げ6063億ウォン、営業利益285億ウォンで前年同期比それぞれ21.5%と82.1%急減した。劇場事業をするカルチャーワークスは売上が前年比48%減った1025億ウォン、営業利益は344億ウォンの赤字を記録した。

これはそんなものかもしれない。売上2割減なら、営業利益8割減もないとはいいきれない。しかし、上のロッテショッピングの営業利益の急減はおかしい。

>ロッテショッピング関係者は「1-3月期は新型コロナウイルスの感染拡大により韓国の流通企業に困難が多かったが、ロッテショッピング統合オンラインプラットフォームのロッテオンを活用しeコマース営業環境を強化していく計画」と明らかにした。

まあ、ネット販売があればそちらに力を入れればそれなりになんとかなるんじゃないか。国内での流通なら需要はあるだろう。

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~330回)

韓国経済、韓国ロッテショッピング、衝撃の1-3月期…新型コロナで営業利益74.6%減

ロッテショッピングも新型コロナウイルスの衝撃波を避けることはできなかった。

ロッテショッピングは14日、1-3月期の売り上げが前四半期比8.3%減の4兆767億ウォン、営業利益が74.6%減の521億ウォンを記録したと公示した。新型コロナウイルスにより消費者が多くの人が集まる所を避けたことにより特に百貨店や劇場(カルチャーワークス)の業績不振で1-3月期の当期純損失は433億ウォンを記録し赤字に転落した。

ロッテ百貨店は1-3月期に売り上げ6063億ウォン、営業利益285億ウォンで前年同期比それぞれ21.5%と82.1%急減した。劇場事業をするカルチャーワークスは売上が前年比48%減った1025億ウォン、営業利益は344億ウォンの赤字を記録した。

ロッテショッピング関係者は「1-3月期は新型コロナウイルスの感染拡大により韓国の流通企業に困難が多かったが、ロッテショッピング統合オンラインプラットフォームのロッテオンを活用しeコマース営業環境を強化していく計画」と明らかにした。

https://japanese.joins.com/JArticle/265958?sectcode=300&servcode=300

>
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

竹の島 (@guest_1221)
2020年5月18日 09:39

ロッテグループって哀れな立ち位置だな
日本から見れば韓国の会社、韓国からは日本の会社と認定されてしまう
身内の争いが解決しない限り低迷したままなんじゃないのかな

ナナシ【メル】 (@guest_1229)
2020年5月18日 12:37

おいおい、なに考えてるんだっ記事が・・・!
(((((((・・;)

「コロナ19再プロトン、ウイルス伝播した事例はない」 2020.05.18。午前11:43

機械翻訳です。

政府は、コロナ19(新型コロナウイルス感染症)確定者が完治判定を受けた後、再び陽性と確認されている「再養成」の事例と関連して、再プロトンが他の人にウイルスを伝播する感染力根拠が確認されなかったと述べた。

防疫当局は19日0時から、既存の適用した再プロトン管理方案を中断し、「再プロトン」の用語は、「隔離解除後PCR再検出」に変更することにした。

18日、中央災難安全対策本部(重大本)によると、15日午前0時基準コロナ19再養成事例は447人である。防疫当局は、これらの再プロトンと関連先月14日から確定者に準ずる措置を実施してきた。

しかし、再プロトンの接触者を調査した結果、現在まで再養成時期に接触しただけで、新規感染事例は確認されず、再プロトン呼吸器検体のウイルス培養検査の結果、すべての音声で確認した重大本は説明した。

重大本は「現在までの再プロトンと接触者に対する積極的な監視、疫学調査とウイルス学的検査の結果、再プロトンが感染力がある根拠が確認されなかったことを意味」とした。

重大本は、職場や学校などに感染者が隔離解除後復帰する時PCR検査の音声確認を必要としないように要請した。ただし、再プロトン発生時のレポート・事例調査と接触者の調査などは現行通り維持していくことにした。

オバマ (@guest_1236)
2020年5月18日 21:06

劇場とか固定費が高く変動費が少ないから大赤字だし、ロッテショッピング全体としては、そんなものでしょう。オンラインや通販は堅調でしょうが、ライバルも多いし配送コストも高くなるでしょうから、利益率を下げるでしょうね。

>
3
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ