日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】慰安婦の憩いの場で飲み会の際、日本のお菓子を食べていた元挺対協代表ユン・ミヒャン

韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】慰安婦の憩いの場で飲み会の際、日本のお菓子を食べていた元挺対協代表ユン・ミヒャン

記事要約:韓国の慰安婦詐欺団体が慰安婦の憩いの場を作るいいながら、寄付金を集めて買い取ったペンション。実際は慰安婦詐欺団体の飲み会場と化していたようだ。しかも、元挺対協代表ユン・ミヒャンは日本のお菓子を食べていたようだ。まずは画像をどうぞ。

Screenshot of img.insight.co.kr

手前のお菓子は知らないが、後ろの方はベビースターラーメンは管理人も食べたことがある。確かに日本のお菓子だ。反日を精神としながら、日本のお菓子を慰安婦の憩いの場で食べているのは言語道断とのこと。

>一部のネチズンは、「お菓子の事でどうこう言うのはアレだが、慰安婦ハルモニのための団体ならば些細な事にも気遣うべきではなかったのか」と言いながら遺憾を示した。

確かに一理あるな。日本人が韓国を批判しておいて、韓国製のお菓子を食べていたらおかしいものな。もっとも、日本人は韓国製の怪しげなお菓子なんて韓国語で書いてあるなら100%避けるが。

>一方で写真の場所は、ユン・ミヒャン当選人が代表を務めていた挺対協が、2012年に慰安婦被害者ハルモニのための憩い場を作るという名目で、企業から10億ウォンを寄付されて買い取った施設である。

Screenshot of img.insight.co.kr

こんな10億ウォンなど寄付なんてするあほな韓国企業がいるから、こういう慰安婦詐欺ビジネスがなくならないのだ。なるほど。慰安婦詐欺団体は1億円の豪邸で豪遊したあげく、日本製のお菓子を摘まんで日夜、我が物顔でのさばっていたと。

凄いな。屑なんていうレベルでは到底、表現できないキングオブ屑だな。反日もビジネスてことだ。しかし、脇が甘い。反日活動全開で日本製のお菓子なんてよく食べられるよな。

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~330回)

韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】慰安婦の憩いの場で飲み会の際、日本のお菓子を食べていた元挺対協代表ユン・ミヒャン

現在は正義記憶連帯(以下、正義連)に統合されている韓国挺身隊問題対策協議会(以下、挺対協)が、寄付金で購入した慰安婦被害者ハルモニのための憩い場、『平和と癒やしが出会う家(ヒーリングセンター)』をめぐる問題が絶えない。

数多くの問題が相次いで提起される過程で過去の発言や写真、映像が改めて取りざたされる中、ユン・ミヒャン(尹美香)共に市民党比例代表当選人(元挺対協代表)が投稿した写真が話題になった。

去る2016年5月、ユン前代表は自身のFacebook(ペイスブク)に「事務所のワークショップが行われる」と言いながら、活動家とともに酒を飲んでいる写真を公開した。

その際に公開された写真の中、酒のつまみに混ざっている日本産のお菓子が問題視された。

これらが食べたお菓子は『ドデカイラーメンチキン味』というお菓子と、『純国産芋けんぴ』と書かれている日本産のお菓子である。

これについてネチズンは、「慰安婦ハルモニが日本に何をされたのかを知っていて、ハルモニのための空間で日本のお菓子を食べたことは批判されるべき行動だ」という意見を呈した。

一部のネチズンは、「お菓子の事でどうこう言うのはアレだが、慰安婦ハルモニのための団体ならば些細な事にも気遣うべきではなかったのか」と言いながら遺憾を示した。

一方で写真の場所は、ユン・ミヒャン当選人が代表を務めていた挺対協が、2012年に慰安婦被害者ハルモニのための憩い場を作るという名目で、企業から10億ウォンを寄付されて買い取った施設である。

正義連は最近、ヒーリングセンターにユン元代表の父親が一人で常在して、6年間に約7,500万ウォンの手当を受けていたという事実と、ヒーリングセンターをまるで『ペンション』のように使っていたという議論に巻き込まれた。

正義連は16日、「親類を管理人に指定した点は思慮深くなかったと思い、謝罪します」という立場を明らかにした。

しかし、ヒーリングセンターをペンションのように使っていたという批判に対して正義連は、「ヒーリングセンターはハルモニの癒しと治癒以外にも、未来世代の教育と活動支援の空間でもあった」と言いながら、様々なな活動があったことを主張した。

https://www.insight.co.kr/news/284293

>
9 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ナナシ【メル】
2020年5月18日 09:58

確かこのペンションも半額で売却してたとか記事がありました。
売却先は書かれてなかったと思うが、転売してる可能性は高いだろうね!

(((((((・・;)

ナナシ【メル】
2020年5月18日 10:09

上記内容は、朝鮮日報韓国版からです。

『4~5億ウォン高く買った「慰安婦の憩いの場」その背後には与党次期議員イ・ギュミン』

共に民主党のイ・ギュミン(京畿安城)次期国会議員が、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協・正義連前身)の「平和と癒しが出会う家」の購入を仲介したことが分かった。

挺対協は2012年、指定寄付金7億5000万ウォンで、おばあさんのための憩いの場として、京畿道安城市金光面上中里の土地242坪(800㎡)と建物を購入したが、その後ここには、慰安婦被害おばあさんたちが居住したことがなく、事実上のペンションのように運営されてきたことが知られ、議論となっている状況である。

憩いの場購入過程に、共に民主党の尹美香次期国会議員(元挺対協代表)と、イ次期国会議員が介入したことが明らかになり、正義連の寄付金流用疑惑がさらに拡大している局面だ。

憩いの場の購入過程は、尹氏の夫であるキム・サムソク氏が運営する水原市民新聞が2013年11月27日に掲載した記事で紹介された。キム氏が作成した記事には、「小さな池がある素敵な田園住宅であるこの家は、日本軍慰安婦として連行されたおばあさんの憩いの場となる予定」とし、「主人を待っていた家と(慰安婦被害おばあさん)憩いの場をつないだのが安城新聞のイ・ギュミン代表」と明らかにした。

また、「平和と癒しの家は安城新聞運営委員長でもあるキム○○代表が運営する錦湖スチールハウス(建設会社)が作った」とした。2012年の土地購入当時、地元の新聞の代表であったイ次期議員は、今回の総選挙で、未来統合党のキム・ハクヨン議員をおさえて当選した。

安城地域のマスコミ運営委員長を兼ねる建設会社の代表がこの家を建て、当時、そのメディアの代表であったイ・ギュミン次期議員が仲介した結果、挺対協がこの憩いの場を買い取ったということだ。

尹氏の寄付金流用疑惑が浮上した後、水原市民新聞は、尹氏の夫であるキム・サムソク記者が作成したこの記事を削除したが、オンライン空間には内容が残っている状態だ。

ナナシ【メル】
2020年5月18日 10:11

続き!!

不動産登記によると、憩いの場がある土地の直前取引(2007年4月)は、わずか3520万ウォンであることが分かった。

地価上昇、建築費まで含めても、6年で直前の土地取引の24倍に達する値を支払ったというのは非常識だというのが業界の指摘だ。

実際、憩いの場を建てた建設会社、錦湖スチールハウスのキム某代表は、メディアのインタビューで、「外装仕上げは好みに応じて何でも使うことができ、建築費は坪当たり350万~400万ウォン台」と述べている。憩いの場の建物の延べ床面積59坪(196㎡)であり、通常の建築費を考慮すると、2億3600万ウォンという計算が出てくる。土地の値を含めても、2億4000万~3億ウォンというのが専門家たち推算だ。

しかし、挺対協は実際の値よりも5億ウォンほど高い7億5000万ウォンで、この住宅を「憩いの場」用途で購入した。その後、インテリア費用として1億ウォン相当を支出したことが分かった。

正義連は先月23日、突然、この憩いの場を買い取り時の値段の半値にも満たない4億2000万ウォンで売却した背景も疑問だ。

参与連帯出身のキム・ギョンユル会計士は、「韓国では、不動産が年を経たからと価格は下がらない」とし、「(処分損失が出たのは)一般的に売買する際にダウン契約書を書き、それに基づいて、お金の一部を法人口座に入れて差額は別途個人口座などを通じて受けるなどする場合がある」とした。

マスコミの報道で、尹氏の父親が憩いの場の管理業務を担当したという事実が明らかになると、正義連は説明資料を出し、親類を管理人に指定された点は思慮深くなかったと考え、謝罪する」とした。説明資料によると、尹氏の父親は、憩いの場の管理費名目で2014年1月から2018年6月まで7580万ウォンを支給されていたという。

地元の住民によると、「平和と癒しが出会う家」は、2013年にオープンして以来、尹氏の父親が一人で管理した。慰安婦被害者が「憩いの場」を訪れなかったが、水原女性会は2017年9月、ここで1泊2日の修練会、統合進歩党の後身である民衆党が昨年8月、ここで京畿主権連帯の発足式を行った。

また、あるポータルサイトのブログには、「安城のペンションに行ってきました」というタイトルの記事に、「慰安婦女性たちのために建てられたところですが、行事でしばしば使われ、普段はペンションとして使われているようです」とし、憩いの場の写真を掲載した。

元慰安婦おばあさんの憩いの場で、焼酎やビールを並べたバーベキューパーティーが行われていたことも分かった。正義連はこれに対して、「ヒーリングセンターはおばあさんたちの休息と癒やしという主目的以外に、日本軍慰安婦問題を伝え、人権と平和の価値の拡大に向けた未来世代の教育と活動支援の空間」とし、「基地村おばあさんとの出会いの場、挺対協活動家と共にする会などが行われた」と釈明した。

以上です。

迎恩門
2020年5月18日 10:31

管理人さんの言う通り脇が甘すぎますね。過去三十年間搾取し続けたのは「自分より下の立場の人間にはとことん残虐」になれる韓国人だということを完全に失念していましたね。しかしこの詐欺師、バレる前になんで画像消さなかったんですかねぇ。

名無し
2020年5月18日 10:24

いや~(-ω-;)ここまでなってくると………病んでますね(-ω-;)元々ですけど(-ω-;)韓国人って凄いの一言(-ω-;)

ももんが
2020年5月18日 12:34

日本のお菓子おいしいから仕方ないですね。

オバマ
2020年5月18日 21:18

所詮、反日はビジネス。舶来品を好むように優れた日本製品を好むのですが、ビジネスで反日しているだけ。慰安婦は利用できるツール…不正を糾弾されないための盾に過ぎず、いつもの韓国人のダブスタ!

治部少輔
2020年5月19日 12:21
Reply to  オバマ

私の見解は少し違います。
ビジネスで反日している連中も多数いますが、
南朝鮮人の根っこは反日思想だと思います。

・南朝鮮という国は建国当初から「反共」「反日」を精神的支柱に位置づけ維持発展。
・幼少期から反日英才教育を受けており南朝鮮人のほとんど全てが反日思想。
・日本統治時代を知る高齢世代は間もなく死滅、真実を語れば撲殺。

ニセ慰安婦、不正慰安婦支援団体は、南朝鮮人の反日思想を利用する形で、
政府や人民から金を巻き上げて(補助金、支援金、募金などで)いる構図、
即ち、反日集金人 vs 反日金銭詐欺被害者 という事だと思います。

>
9
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ