韓国経済 〔IMF〕国家全体負債は5070兆ウォン「韓国の国家債務増加ペース世界1位」

韓国経済 〔IMF〕国家全体負債は5070兆ウォン「韓国の国家債務増加ペース世界1位」

韓国経済 〔IMF〕国家全体負債は5070兆ウォン「韓国の国家債務増加ペース世界1位」

韓国経済 〔IMF〕国家全体負債は5070兆ウォン「韓国の国家債務増加ペース世界1位」

 韓国経済の危機的な状況がまた一つ明らかとなった。IMFの財政モニターによると、2021年~2026年までに韓国のGDPに対する政府債務比率が53.2%から69.7%に高まる見込みで増加ペースは世界1位となる。さらに、昨年の国の負債に家計・企業の負債を合計した国家債務は5070兆ウォン。平均で1人あたり約1億ウォンの負担

平均1人当たり約1億ウォンといえば、日本円で約1000万だ。これは日本の国家債務に対する1人当たりの平均を抜いてきた。日本国の借金「長期債務残高」が2021年3月末で1000兆円で国民1人当たり約800万円なので、いつのまにか韓国は200万円多い計算となる。韓国の人口は5000万なので、486兆円の借金でも日本より1人当たりは多くなったわけだ。まさか、1人当たりのGDPを日本に追い抜くとかホルホルしていた韓国が先に日本より国家負債を増加させるとか。
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/a02.htm

 平均1人当たり約1億ウォンといえば、日本円で約1000万だ。これは日本の国家債務に対する1人当たりの平均を抜いてきた。日本国の借金「長期債務残高」が2021年3月末で1000兆円を超える見通し。それで、国民1人当たり約800万円なので、いつのまにか韓国は200万円多い計算となる。

 韓国の人口は5000万なので、486兆円の借金でも日本より1人当たりは多くなったわけだ。まさか、1人当たりのGDPを日本に追い抜くとかホルホルしていた韓国が先に日本より国家負債を増加させるとか。

 >昨年、国の負債に家計・企業の負債を合わせた総負債は5070兆ウォンと集計された。前年(4594兆ウォン)に比べ10.3%増えた。秋慶鎬(チュ・ギョンホ)国民の力議員が企画財政部と韓国銀行(韓銀)から提出を受けた資料に基づいて分析した結果だ。部門別にみると、昨年末の企業負債が2138兆ウォン、家計負債が1998兆ウォン、非営利公共機関を合わせた一般政府負債(D2)が934兆ウォン。

https://japanese.joins.com/JArticle/277576?servcode=300&sectcode=340

 韓国の2020年の国家債務が5070兆ウォン。前年より10%ほど増えた。部門別だと企業負債が2138兆ウォン。家計負債が1998兆ウォン。一般政府負債(D2)が934兆ウォン。ついに家計負債が2000兆ウォン突破か。これで韓国経済破綻してないのだから、管理人が13年ほど韓国経済を分析してきて一番の謎だという。

 2020年に韓国経済破綻して二度目のIMF行きだと予測したのが外れたものな。コロナ禍で10%も増加したわけだから、多少、輸出が回復して所得が増えたところで減少させるのは難しいんじゃないか。

 それで、もう一つ興味深いのが家計負債の増加が尋常ではない速度であること。2010年に968兆ウォンだった家計負債は10年間で倍以上に増加。GDPに対する家計負債比率も103.8%でもちろん、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でダントツのトップだ。

 このような家計債務の危機的な状況で「不動産バブル」や「株価バブル」が起きていることは異常だと思われるが、それも長くは続かないだろう。

韓国経済 〔IMF〕国家全体負債は5070兆ウォン「韓国の国家債務増加ペース世界1位」

新型コロナ事態を迎えて以降、韓国の国家債務増加ペースが世界で最も速いという分析があった。世界各国が新型コロナへの対応で急激に増やした負債を今年から減らすと予想されている半面、各種現金性義務支出を増やした韓国は今後も負債に依存しなければいけない状況であるからだ。昨年、民間部門の負債を合わせた国家全部門の負債は5000兆ウォン(約486兆円)を超え、平均で1人あたり約1億ウォンの負担となっている。

国際通貨基金(IMF)財政モニターによると、今年から2026年までに韓国の国内総生産(GDP)に対する一般政府負債比率は53.2%から69.7%へと16.5ポイント高まる見込みだ。

これはIMFが分類した主要35カ国のうち最も高い。エストニア(15.7%)、チェコ(11.0%)など韓国より経済規模が小さい国が2、3位だった。

35カ国平均(-1.4%)、ユーロ圏平均(-6.3%)、主要7カ国(G7)平均(-1.5%)はすべてマイナスだった。主要先進国の現況をみると、ドイツとカナダは負債比率をそれぞれ13.2%、18.2%減らすと予想される。米国と英国は増加幅がそれぞれ1.7%、5.9%にとどまる見込みだ。

昨年、国の負債に家計・企業の負債を合わせた総負債は5070兆ウォンと集計された。前年(4594兆ウォン)に比べ10.3%増えた。秋慶鎬(チュ・ギョンホ)国民の力議員が企画財政部と韓国銀行(韓銀)から提出を受けた資料に基づいて分析した結果だ。部門別にみると、昨年末の企業負債が2138兆ウォン、家計負債が1998兆ウォン、非営利公共機関を合わせた一般政府負債(D2)が934兆ウォン。

2011年に2859兆ウォンだった国家総負債は9年間で1.8倍に増えた。昨年末基準で韓国の人口が5178万人である点を勘案すると、国民1人あたり9791万ウォンの負債があるということだ。

家計および政府の負債増加ペースが激しい。2010年に968兆ウォンだった家計負債は10年間で倍以上に増えた。GDPに対する家計負債比率も103.8%と、初めて100%を超えた。2015年以降の家計負債増加率は経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち最も高い。

https://japanese.joins.com/JArticle/277576?servcode=300&sectcode=340

4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
野次馬
2021年4月14日 12:49

日本は全く関係ない。
高みの見物とは、正にこの事ですな~

キジトラ
2021年4月15日 12:27

しかし しぶといな中々破綻せんな バ韓国愚民の阿鼻叫喚する様を見たいのになぁどんな具合になるか見物したいなぁ国家が破綻するとどうなるかまじかで見たいのになぁ まぁ楽しみは先にとっとくか。

ちゃり
2021年4月16日 19:23

日本の政務債務は国民からの貸付によるもの。さらに日銀買取により(日銀を含めた統合的な)政府の実質債務は急速に減っている。
一方の韓国は家計負債、企業負債がそれぞれ約200兆円、政府負債が約100兆円の赤字となると、外資からの借入が大部分となる。外資に対する重い金利負担を背負ってるのでは?確か日本の都市銀行は結構貸付してたはず。今は金利で儲かってるかもしれないが、デフォルトになるとKの法則発動で日本の都市銀行も巻き添え?仕方ないね、関わってはいけないもの(国)に関わってるんだから・・・

投稿日
2021-04-16
ちゃり
2021年4月16日 19:44
Reply to  ちゃり

次の記事で面白いのを見つけました。https://www.financepensionrealestate.work/entry/2019/08/01/210027
韓国の借入3200億ドル(約35兆円)・・・借金500兆円と比べて1桁少ない(他はどこから借金?)

ちなみに韓国への貸付国Top3
 1)米国 868億ドル(27%)
 2)英国 750億ドル(23%)
 3)日本 456億ドル(14%)

日本の都市銀行の貸付
 1)みずほ  7,196億円(海外貸付の3%)
 2)三菱UFJ 4,255億円(海外貸付の1%)
 3)三井住友 2,330億円(海外貸付の1%)

あまり韓国に貸付してないんですね。少し安心しました。

投稿日
2021-04-16
4
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x