韓国経済、【すっかり忘れてました】WTO次期事務局長 米国 「誰を選ぶか」…「現在 検討中」


韓国経済、【すっかり忘れてました】WTO次期事務局長 米国 「誰を選ぶか」…「現在 検討中」

記事要約:最近、コロナ禍でニュースの中心が新型コロナになっているので、WTO次期事務局長のことをすっかり忘れていた。それで、まだ韓国は粘っていたのか。WTOが辞退を勧めたのに拒否したものな。でも、バイデンになったので、アメリカはWTO脱退を止めた。もう、韓国に味方はいない。

>29日(現地時間)ロイター通信によると、米国のデビッド・ビスビー 在ジュネーブ代理公使はこの日、WTO閣僚会議で先のように語った。また ビスビー公使は「米国がWTOの改革に、建設的で積極的に参加する」とし「米国は この全ての困難な問題に関与する準備ができている」と語った。

バイデン氏になったことで、アメリカがどう動くかはわからない。

>昨年 WTO次期事務局長選挙の最終ラウンドに進出したユ本部長は、去る10月28日に開かれたWTO主要大使グループ支持度調査の得票で、相手候補であるナイジェリアのヌコジ・オコンジョイウェアラ候補より下回った。

韓国の候補が下回った?ええ?圧勝で負けたはずだぞ。だから、WTOはお前、惨敗だからさっさと辞退しろよといったわけだ。でも、韓国は火病してアメリカがーとか言い出して今に至る。でも、バイデン氏は別に韓国候補なんてどうでもいいだろう。

韓国経済、【すっかり忘れてました】WTO次期事務局長 米国 「誰を選ぶか」…「現在 検討中」

韓国産業通商資源省のユ・ミョンヒ(兪明希)通商交渉本部長が出馬した、世界貿易機関(WTO)事務局長選に関して、米国が誰を選ぶか 検討に入ったことが伝えられた。

29日(現地時間)ロイター通信によると、米国のデビッド・ビスビー 在ジュネーブ代理公使はこの日、WTO閣僚会議で先のように語った。また ビスビー公使は「米国がWTOの改革に、建設的で積極的に参加する」とし「米国は この全ての困難な問題に関与する準備ができている」と語った。

昨年 WTO次期事務局長選挙の最終ラウンドに進出したユ本部長は、去る10月28日に開かれたWTO主要大使グループ支持度調査の得票で、相手候補であるナイジェリアのヌコジ・オコンジョイウェアラ候補より下回った。

しかし 合意を基に最終当選者を決める特別一般理事会の会議が最終関門として残されている中、ヨーロッパでの新型コロナウイルス感染症の流行と米大統領選の日程などを考慮し、最終選出の日程が延期されていた。

当初 WTO主要大使グループは、最多の得票を獲得したオコンジョイウェアラ候補への支持を公式的に明らかにしたが、ドナルド・トランプ米大統領(当時)が即 拒否権を行使したことが、選出を困難にした要因であった。このことに関してバイデン大統領はどんな立場をとるか、注目されている。

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0130/10286233.html

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ナナシ【メル】
2021年1月30日 16:21

韓国候補、トランプ米元大統領にバケツを持たされて廊下に立たされて放置されてたのか!!
((o(^∇^)o))

酔って候
2021年1月30日 19:21

ウリ達にはまだ、関係者をホテルに缶詰にして締め上げる、という手段が残されているニダ。

ハニートラップや贈賄攻勢もお手の物ニダ。売電一家には効果的な筈ニダ。

なんとしてもWTO事務局長の座を奪い取り、世界中にダンピング攻勢を掛けるニダー。

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x