日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【自分が儲かれば良いニダ】市場経済と決別するのか 損失補填付ニューディールファンドに批判殺到 霊魂までかき集める(由来:貧乳女子)若者たち

韓国経済、【自分が儲かれば良いニダ】市場経済と決別するのか 損失補填付ニューディールファンドに批判殺到 霊魂までかき集める(由来:貧乳女子)若者たち

記事要約:今回の記事は損失補填付ニューディールファンドに批判殺到というものだが、これについては以前に紹介した。国民の税金で元本保証される素晴らしい投資スタイルである。まさに経済の大天才ムン君だけが考えるものだった。

>政府と民主党が先月、初めてニューディールファンドの構想を示した際には、「国債金利以上の収益」と「元本保証」を掲げた。それが資本市場法に違反すると論議を呼んだために撤回したと思えば、結局は事実上の元本保証を押し通した。外見はファンド商品だが、政府が償還を保証する国債を発行するのと同じだ。国民の税金を使って、政府の借金を返すことを安易に考えている。

このような投資家にとっては元本保証という素晴らしいファンドを設立した。ええ?そんなうまい話があるのか?買えば元本保証なら誰が損失を埋めるのだ?投資もしていない国民の税金である。

>韓国銀行(中央銀行)が発表した「8月中の金融市場動向」によると、家計に対する銀行の貸付が14兆ウォン増えた。貸付金利が過去最低を記録している中で、韓国では「とりあえず銀行からは借金をしておこう」という雰囲気になっている。

とりあえず、銀行からは借金をしておこう。これが一般韓国人のスタイルらしい。そして、その借金でカカオゲームズの株を買っているわけだ。幸い、まだ上がっているらしい。

>高度成長期に育ち、高金利の銀行に貯蓄することで着実に資産を増やしてきた中高年層とは異なり、金利は安くなるのに不動産や株価は値上がりしている状況を見て育った20~30代は借金を恐れず、その借金で資産を増やすことを目標にしている。

当たり前だ。ほら、こんな標識があるだろう。「赤信号、皆で渡れば怖くない」これを意味するところは赤信号を100人で渡れば、怪我したり、死んだりするのは一部てことだ。

つまり、若者全員が借金しても、投資で勝てば資産は一気に倍倍だ。借金して信用買いすればそうなのだが、それで首をくくるのは自分以外の一部の韓国人という考え。もう1つは徳政令がある。借金が増えれば政府が肩代わりしてくれると。

>そのことを如実に示す言葉がある。韓国の若者の間で流行っているヨンクルという俗語だ。ヨンクルとは、何でもかんでも、それこそ霊魂までかき集めるという意味。もともとは貧乳女子たちが一生懸命胸寄せして豊胸にみせるところから来たとされる。つまり、韓国の若者たちは、ありったけのお金をかき集めて不動産や株を買うことに夢中なのだ。そして、ありったけのお金には借金も含まれる。

うむ。素晴らしい投資欲だ。借金してまで金をかき集めて不動産や株を買うことで、外国人が売りやすくしてくれる。これから撤退しようとしてる外資系にとってはまさに神的な存在である。このような投資家を韓国では「東学アリ」という。大丈夫、勝てば良いのだ。最後に暴落する前に売り切ればいい。

【自分が儲かれば良いニダ】市場経済と決別するのか 損失補填付ニューディールファンドに批判殺到 霊魂までかき集める(由来:貧乳女子)若者たち

その頃に公募を行っていたカカオゲームズは9月10日上場し、初日に公募価格の1.6倍、翌11日にも上昇し、終値は8万1000ウォン(初値24000ウォン)と、2.38倍まで買われた。

韓国銀行(中央銀行)が発表した「8月中の金融市場動向」によると、家計に対する銀行の貸付が14兆ウォン増えた。貸付金利が過去最低を記録している中で、韓国では「とりあえず銀行からは借金をしておこう」という雰囲気になっている。

高度成長期に育ち、高金利の銀行に貯蓄することで着実に資産を増やしてきた中高年層とは異なり、金利は安くなるのに不動産や株価は値上がりしている状況を見て育った20~30代は借金を恐れず、その借金で資産を増やすことを目標にしている。

そのことを如実に示す言葉がある。韓国の若者の間で流行っているヨンクルという俗語だ。ヨンクルとは、何でもかんでも、それこそ霊魂までかき集めるという意味。もともとは貧乳女子たちが一生懸命胸寄せして豊胸にみせるところから来たとされる。つまり、韓国の若者たちは、ありったけのお金をかき集めて不動産や株を買うことに夢中なのだ。そして、ありったけのお金には借金も含まれる。

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12114-792228/

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

韓国経済の最新記事8件

>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ