日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】ユン・ミヒャンは『ウソつき慰安婦』イ・ヨンスの正体を明らかにせよ

韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】ユン・ミヒャンは『ウソつき慰安婦』イ・ヨンスの正体を明らかにせよ

日本人なら慰安婦の証言がコロコロ変わっていることで嘘だとわかっていた。その代表といえるのが「イ・ヨンス」である。そして、彼女の証言がついに嘘だということが暴露された。ええ?今更なんていってはいけない。聖域だったのだ。なぜか、証拠もないのに証言だけで韓国人は信じ込んでいたが。

>イさんはこれまで最低20回は慰安婦として自分の人生に対して証言した。問題は証言をするたびに自分の年齢、慰安婦になった理由、慰安婦とした活動した期間や年度などがドンドン変わった。証言が互いに矛盾したり筋道が合わない場合も多くて、イさんの慰安婦の経歴と証言はウソではないかという問題提起が粘り強くあった。

問題提起が強くあっても誰もそれを言い出せない状況が30年も続くのか。それが韓国である。反日を利用すれば30年も欺し続けることができると。

>ピョン顧問は「イさんは1993年度の最初の証言当時、赤いワンピースと革靴に惑わされて日本人男性に付いていったと話した」として「(イ・ヨンスさんの)初めての証言は日本軍による強制連行を否定したものだ」と説明した。そして「しかし、イさんは最近2018年度の証言では日本軍が背中などに刀を突き立てて連れて行ったと話した」とした。

すげえな。100%の証言が真逆だ。よくこんなの信じられたな。日本軍はどうしてこんな屑を刀で脅さないといけないのか。

>ピョン顧問は「イさんの正体が『ニセモノ慰安婦』と明らかになった時、この問題はイさん1人の詐欺問題では終わらない」として「イさんは最近数年間、文在寅大統領のメンターとして君臨してきて、文大統領の紹介でトランプ米大統領と青瓦台で抱擁までする贅沢を受けてきた」と批判した。

そうなのだ。実は国際問題に発展する可能性もある。しかも、国連で演説もある。世界中に嘘を付いた。今は米国は何も言ってないが、韓国政府が偽慰安婦だと知っていて、抱きつかせたとすれば米国は激怒するだろう。

>また「過去にイさんが慰安所で電気拷問を受けて、70人余りの軍人たちに毎日性暴行を受けたと証言した」として「しかし、イさんは最近中央日報とのインタビューでは自分はそのまま慰安婦であり性奴隷では無かったと、過去の証言を全て否定してしまった」とピョン顧問は指摘した。

こんなの嘘に決まっているだろう。誰がそう思わないほど韓国脳に汚染されていたわけだ。では、このばあさんは一体何なんだ。ただの詐欺師なのか。実際、元慰安婦も詐欺師でただの売春婦だしな。

>最後にピョン顧問は「ユン・ミヒャンの詐欺と横領関連の犯罪を処罰するのと一緒に常習的なウソつきイ・ヨンスの正体、そして日本軍によって強制的に連れて行かれたという13歳の性奴隷、少女像の偽りと詐欺を我々の手で自ら明らかにしなければならない」として「(それが)大韓民国の国格を最小限で守り抜くことだ」と強調して記者会見を終えた。

こいつら理解しているのか?それを暴いたら日本は韓国に対して国家詐欺を働いた罪で報復措置も可能なのだぞ?まさか、韓国政府が知りませんでしたで済むと思っているのか?もっとも、下らない謝罪などいい。日韓断交だけでいいぞ。こんな屑国家と二度と関わらない方がましである。

韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】ユン・ミヒャンは『ウソつき慰安婦』イ・ヨンスの正体を明らかにせよ

長いあいだ慰安婦の歴史歪曲を告発してきたメディアウォッチのピョン・ヒジェ代表顧問が慰安婦像の前でイ・ヨンスお婆さんの虚偽証言とユン・ミヒャン国会議員当選者の慰安婦商売を同時に批判する記者会見を開いた。

ピョン顧問は15日(金)午後2時、ソウル鍾路の慰安婦像前(栗谷路2道、旧在韓日本大使館)で開催された記者会見で「慰安婦出身というイ・ヨンスさんが今は『ユン・ミヒャン狙撃手』に突変した」として「事実、イさんは過去30年余りのあいだユン・ミヒャン当選人と挺対協(現正義記憶連帯)でパートナーシップを成して、慰安婦問題を国際化させるのに多大な貢献をした人物」と指摘した。

続いて「しかし本人の判断で、イ・ヨンスさんは最初の慰安婦出身では無かった」としながら「イさんの過去30年間余りの証言を集めて調べた時、彼女が『可哀想な慰安婦お婆さん』のイメージと全く合致しない人生を過ごしてきたのは確実だ」とピョン顧問は皮肉った。

イさんはこれまで最低20回は慰安婦として自分の人生に対して証言した。問題は証言をするたびに自分の年齢、慰安婦になった理由、慰安婦とした活動した期間や年度などがドンドン変わった。証言が互いに矛盾したり筋道が合わない場合も多くて、イさんの慰安婦の経歴と証言はウソではないかという問題提起が粘り強くあった。

ピョン顧問は「イさんは1993年度の最初の証言当時、赤いワンピースと革靴に惑わされて日本人男性に付いていったと話した」として「(イ・ヨンスさんの)初めての証言は日本軍による強制連行を否定したものだ」と説明した。そして「しかし、イさんは最近2018年度の証言では日本軍が背中などに刀を突き立てて連れて行ったと話した」とした。

また「過去にイさんが慰安所で電気拷問を受けて、70人余りの軍人たちに毎日性暴行を受けたと証言した」として「しかし、イさんは最近中央日報とのインタビューでは自分はそのまま慰安婦であり性奴隷では無かったと、過去の証言を全て否定してしまった」とピョン顧問は指摘した。

ピョン顧問は「このようなイさんの正体を既に30年余り前から最もよく知っていたのは正にユン・ミヒャン当選人」としながら「実際にユン当選人は最近イさんが挺対協の財政問題を暴露するとフェイスブックに上げた文を通じて、イさんの初めての電話が「私ではなくて私の友だちが…」だったとしながら、イさんが本当は慰安婦では無いかも知れないというような反応を見せた」と話した。

ピョン顧問は「イさんの正体が『ニセモノ慰安婦』と明らかになった時、この問題はイさん1人の詐欺問題では終わらない」として「イさんは最近数年間、文在寅大統領のメンターとして君臨してきて、文大統領の紹介でトランプ米大統領と青瓦台で抱擁までする贅沢を受けてきた」と批判した。

最後にピョン顧問は「ユン・ミヒャンの詐欺と横領関連の犯罪を処罰するのと一緒に常習的なウソつきイ・ヨンスの正体、そして日本軍によって強制的に連れて行かれたという13歳の性奴隷、少女像の偽りと詐欺を我々の手で自ら明らかにしなければならない」として「(それが)大韓民国の国格を最小限で守り抜くことだ」と強調して記者会見を終えた。

この日の記者会見には反日銅像真実究明共同対策委員会(共対委)のキム・ビョンホン国史教科書研究所所長と『反日種族主義』の著者チョン・アンギ博士も出席した。キム・ビョンホン所長は『ニセモノ慰安婦イ・ヨンス』と『偽りの慰安婦像』問題と関連特別演説をした。

http://www.mediawatch.kr/news/article.html?no=254795

>
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
オバマ
2020年5月16日 14:28

韓国人の居ない日本社会を想像するだけで幸せですね。
彼等はルールを守らない、約束を守らない、謝罪しない、反省しない、理論的に考えられない、帰化しない…世界一邪悪で無能(あくまで個人の経験です。)なのに、何故、発展したのかな…近くに日本のような国があり、技術も知識も資金も無償で貰えればどんな国だって韓国ぐらいには為れるのでしょうね!
さて、異常に若く、ころころ変わる本人の証言以外に全く慰安婦だったという証拠がなく、真実味が極めて薄い自称慰安婦の中でも特に嘘っぽかった李バーさん、矢張嘘か?慰安婦問題が提起された時に史実に照らした検証をするべきでしたね。…韓国は未だに全く検証できてないけど(笑)

酔って候
2020年5月16日 17:54

すごいぞムンタン。元正義連代表を国会議員にすることで、詐欺師集団の内輪もめを誘導し、日韓断交への歩みを一歩進めるとは。やはり大天才の考えることは、凡人の想像を遙かに超える。

しかし、やることがまどろっこしいな。単に6月1日にGSOMIA破棄を宣言し、差し押さえ資産を現金化するだけで、日韓断交への流れは、不可逆的なものとなるのに。流れをより確実なものにしたいということかな。

断交の際には、在日への帰国命令をくれぐれもお忘れ無きよう。

>
2
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ