日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国社会、【豪邸建てるのも慰安婦被害者支援ニダ!】京畿道・警察、「ナヌムの家」支援金疑惑も調査へ

韓国社会、【豪邸建てるのも慰安婦被害者支援ニダ!】京畿道・警察、「ナヌムの家」支援金疑惑も調査へ

記事要約:今回の件は正義連とは別案件だが、どうやら例の慰安婦の生活場所と知られてる「ナヌムの家」でも、明らかなおかしい支援金を使い方をしているようだ。面白いことに国からの補助金が職員の食費となったり、豪邸を建てるのも慰安婦被害者支援らしい。

これは内部告発から明らかにされたようだが凄いな。慰安婦支援団体て、正義連だけではない。どこも屑しかいない。そりゃ、慰安婦詐欺ビジネスだもんな。

>ナヌムの家の職員Aさんは今年3月10日、政府に対する国民の提案や要求を書き込むインターネット・サイト「国民申聞鼓」に「慰安婦被害者の食費として支給された補助金が職員の食費に使われている。支援金のほとんどは建物の増築に使われている」という内容の訴えを書き込んだ。ナヌムの家には昨年、政府と道・市費の補助金が6億1742万ウォン(現在のレートで約5370万円)支給され、支援金は約30億ウォン(約2億6000万円)が集まった。

この職員Aさんはよく告発したな。そもそも支援金のほとんどが建物の増築てなんだ。慰安婦被害者は減ってるはずだぞ。

>情報提供があった後、実際に広州市が先月2日と3日に情報提供内容に基づいて実査した結果、慰安婦被害者たちに支給された食費を職員たちが一緒に使っていたことが確認された。広州市は、平均年齢95歳の慰安婦被害者6人が生活しているナヌムの家に、慰安婦被害者の食費として毎年約2000万ウォン(約170万円)を支給している。1食当たり2800ウォン(約240円)ほどの食事や間食の費用だ。ナヌムの家で働いている職員16人はこの費用を一緒に使っていたことが明らかになったものだ。同市関係者は「施設収容対象者に支給された補助金を職員が一緒に使うのは違法だ。どの福祉施設も職員が食費を一緒に使うことはない」と語った。

さらに慰安婦被害者6人に対して職員が16人もいるという。それで、慰安婦被害者の食費も自分たちの金ということか。しかも、たった6人しかいないのに建物の増築てなんだろうな。

>支援金の建築費流用疑惑について、ナヌムの家側は「これも慰安婦被害者のための事業だ」と主張した。ナヌムの家がホームページ上で公開している収入・支出内訳によると、昨年の支出15億ウォン(約1億3100万円)のうち、最も多い8億3805万ウォン(約7300万円)が建物の増築費用として支出されていた。ナヌムの家の安信権(アン・シングォン)所長は「昨年、歴史館と生活館を増築したが、これにかかった費用のうち、国費で充当できない部分を支援金から使ったのは事実だ」と言いながらも、「これも慰安婦被害者たちのための事業であるため、問題ないと判断している」と述べた。2020年5月現在、ナヌムの家に積み立てられている支援金は65億ウォン(約5億6600万円)だ。

うわあ。慰安婦被害者の救済ではなく、歴史館とか生活館で建物を増築。しかも、慰安婦被害者たちのための事業らしいぞ。たった6人しかいないのに建物を増築。それなら6人に1億円配ったほうがいいんじゃないのか。どう考えても建物増築はビジネスなんだよな。韓国人から生涯を金を寄付させようということだろう。

韓国社会、【豪邸建てるのも慰安婦被害者支援ニダ!】京畿道・警察、「ナヌムの家」支援金疑惑も調査へ

慰安婦被害者たちの生活施設である京畿道広州市内の「ナヌムの家」について、京畿道が13日から三日間の特別調査に着手したことを発表した。道関係者は「慰安婦被害者のために使うべき政府の補助金・支援金が正しく使われていないという内部告発があった」と明らかにした。京畿道広州警察署も支援金横領疑惑についてナヌムの家の調査を開始した。

 ナヌムの家の職員Aさんは今年3月10日、政府に対する国民の提案や要求を書き込むインターネット・サイト「国民申聞鼓」に「慰安婦被害者の食費として支給された補助金が職員の食費に使われている。支援金のほとんどは建物の増築に使われている」という内容の訴えを書き込んだ。ナヌムの家には昨年、政府と道・市費の補助金が6億1742万ウォン(現在のレートで約5370万円)支給され、支援金は約30億ウォン(約2億6000万円)が集まった。

 情報提供があった後、実際に広州市が先月2日と3日に情報提供内容に基づいて実査した結果、慰安婦被害者たちに支給された食費を職員たちが一緒に使っていたことが確認された。広州市は、平均年齢95歳の慰安婦被害者6人が生活しているナヌムの家に、慰安婦被害者の食費として毎年約2000万ウォン(約170万円)を支給している。1食当たり2800ウォン(約240円)ほどの食事や間食の費用だ。ナヌムの家で働いている職員16人はこの費用を一緒に使っていたことが明らかになったものだ。同市関係者は「施設収容対象者に支給された補助金を職員が一緒に使うのは違法だ。どの福祉施設も職員が食費を一緒に使うことはない」と語った。

 支援金の建築費流用疑惑について、ナヌムの家側は「これも慰安婦被害者のための事業だ」と主張した。ナヌムの家がホームページ上で公開している収入・支出内訳によると、昨年の支出15億ウォン(約1億3100万円)のうち、最も多い8億3805万ウォン(約7300万円)が建物の増築費用として支出されていた。ナヌムの家の安信権(アン・シングォン)所長は「昨年、歴史館と生活館を増築したが、これにかかった費用のうち、国費で充当できない部分を支援金から使ったのは事実だ」と言いながらも、「これも慰安婦被害者たちのための事業であるため、問題ないと判断している」と述べた。2020年5月現在、ナヌムの家に積み立てられている支援金は65億ウォン(約5億6600万円)だ。

 ナヌムの家は慰安婦被害者たちの生活基盤を設けようという趣旨で仏教界を中心に募金運動が起こり、1992年10月にソウル市麻浦区に初めて開館した。その後、1995年12月に現在の京畿道広州市に移転した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/14/2020051480061.html

>
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
恐らく彼らは人ではない(;・∀・)
2020年5月16日 10:42

偽善者にもなれないカスの集まり、それこそチョン民族( ・∇・)

ひろしくん
2020年5月16日 19:43

このナヌムには慰安婦はおらず不正議連の幹部が使ってたのだなしかも購入金額の半額で損切りしたそうだ。補助金の税金が使われたのに福祉協会に報告せず無断で売却しました。

ナナシ【メル】
2020年5月16日 11:08

正義連を告発した慰安婦が過去の虚偽証言を暴露したようだ。
クズによる、クズの為の、クズの仕事!!
(((((((・・;)

ハングル記事です。
邊熙宰 「ユン・ミヒャンは嘘つき慰安婦イ・ヨンスの正体を明らかにしろ」
2020.05.16 00:10:18
http://www.mediawatch.kr/news/article.html?no=254795

一部抜粋!
長いあいだ慰安婦の歴史歪曲を告発してきたメディアウォッチのピョン・ヒジェ代表顧問が慰安婦像の前でイ・ヨンスお婆さんの虚偽証言とユン・ミヒャン国会議員当選者の慰安婦商売を同時に批判する記者会見を開いた。

オバマ
2020年5月16日 14:01

元自称慰安婦(売春婦)とそれに集る詐欺師…

>
4
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ