日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、中国、5Gで韓国を完全に追い越す

韓国経済、中国、5Gで韓国を完全に追い越す

記事要約:韓国の4月の輸出が24%減となり、このまま韓国の輸出は絶望的な状況を迎えているわけだが、それは韓国がホルホルしていた最先端技術「5G」においても例外ではないらしい。

どうやら、5Gで中国が韓国を完全に追い越したようだ。もっとも、中国が5Gを普及させても管理人は5Gのスマホに交換することはないがな。

>昨年4月、韓国は世界で初めて5G(世代)通信の商用化に成功した。しかし1年が経過した現在、世界5G市場は「5G崛起」を前面に出す中国が完全に掌握している。中国は5G加入者数のほか、通信装備、端末(5Gフォン)などで韓国を完全に追い越した後、その差を広げている。韓国が5Gの世界初商用化にとどまらず競争力を高めるためには、ビッグデータ、スマートファクトリー、自動運転車など5G関連の生態系の構築が急がれるというのが専門家の指摘だ。

これアメリカの会社も前倒ししたので、韓国が世界で初めて商用化に成功したとかは嘘である。そもそも、韓国の5Gは4.5Gであり、実際、5Gではなかったという代物だった。ジャロに電話しないとな。韓国にジャロがあるか知らないが。

しかし、もう、韓国は中国勢に負けていると。専門家の指摘がどうとか言うが、韓国に5G以外の最先端技術などないだろう。つまり、追い上げるどころか周回遅れになる。

>新型コロナ感染拡大の影響で停滞しているが、5G市場は爆発的な成長が続くと予想されている。しかし韓国の立場は悪化している。初めて開かれた5G通信装備市場で主導権はまず韓国が握った。サムスン電子は2018年10-12月期、世界5G通信装備市場でシェア1位(31.6%)になった。2位はファーウェイ(華為技術、30.6%)、3位はエリクソン(24.6%)、4位はノキア(13.2%)だった。

その割には前日の記事でギャラクシーS20が売れてないことがわかった。ギャラクシーは売れないので5Gで初期の優位性はもうないんじゃないか。

>世界の5G加入者は約3200万人(2月末基準)で、うち中国が2613万人、韓国が536万人だ。世界5G加入者の99%が両国に集中している。米国・欧州などの5G加入者数は少ない。英国15万人、米国10万人、スイス8万9000人、イタリア5万8000人の順だ。2022年には世界の5G加入者が5億人に増えると見込まれる。

しかも、これで市場を取ったとか。あほですか。国内で加入者増やしただけじゃないか。2022年に5G加入者が5億人ね。これこそ取らぬ狸の皮算用てやつだ。どう見ても、そこまで普及しそうにないし、ファーウェイも、韓国も信用できない。

>しかし1年が過ぎた2019年10-12月期、サムスン電子の市場シェアは10.4%に減少して4位に落ちた。1位は中国のファーウェイ(35.3%)だ。サムスン電子はエリクソン(23.8%)、ノキア(20.3%)にも差をつけられている。米国がファーウェイの装備を使用しないよう露骨に圧力を加えているが、ファーウェイは欧州市場を進入してシェアを拡大し、ライバル企業を圧倒している。

これからファーウェイのシェアは伸びない。中国産は世界から外される。なら、エリクソンか、ノキア辺りが世界市場のシェアを獲得するか。サムスン電子はそのまま沈むだけだ。なぜなら、ギャラクシーS20が売れてないから。

>トップはサムスン電子だ。約830万台(シェア34.3%)を販売した。2位はファーウェイで800万台。サムスン電子は中国以外の市場で優位だ。ファーウェイに次いで販売量はvivo(290万台)、シャオミ(250万台)、OPPO(120万台)の順で、中国上位4社の5Gフォン市場シェアが61%にのぼる。中国が5G市場を主導した結果だ。

これも、数か月したらかなり変わってそうだよな。そもそも、韓国内と中国内でほとんど普及してないのだから、人口が多い中国勢が有利なのは当たり前。しかし、中国勢もこの先、伸びない。中韓もろとも沈んでいきそうだな。

韓国経済、中国、5Gで韓国を完全に追い越す

昨年4月、韓国は世界で初めて5G(世代)通信の商用化に成功した。しかし1年が経過した現在、世界5G市場は「5G崛起」を前面に出す中国が完全に掌握している。中国は5G加入者数のほか、通信装備、端末(5Gフォン)などで韓国を完全に追い越した後、その差を広げている。韓国が5Gの世界初商用化にとどまらず競争力を高めるためには、ビッグデータ、スマートファクトリー、自動運転車など5G関連の生態系の構築が急がれるというのが専門家の指摘だ。

◆5G加入者、中国2610万人、韓国530万人

世界の5G加入者は約3200万人(2月末基準)で、うち中国が2613万人、韓国が536万人だ。世界5G加入者の99%が両国に集中している。米国・欧州などの5G加入者数は少ない。英国15万人、米国10万人、スイス8万9000人、イタリア5万8000人の順だ。2022年には世界の5G加入者が5億人に増えると見込まれる。

◆5G装備市場で韓国は1位から4位に転落

新型コロナ感染拡大の影響で停滞しているが、5G市場は爆発的な成長が続くと予想されている。しかし韓国の立場は悪化している。初めて開かれた5G通信装備市場で主導権はまず韓国が握った。サムスン電子は2018年10-12月期、世界5G通信装備市場でシェア1位(31.6%)になった。2位はファーウェイ(華為技術、30.6%)、3位はエリクソン(24.6%)、4位はノキア(13.2%)だった。

しかし1年が過ぎた2019年10-12月期、サムスン電子の市場シェアは10.4%に減少して4位に落ちた。1位は中国のファーウェイ(35.3%)だ。サムスン電子はエリクソン(23.8%)、ノキア(20.3%)にも差をつけられている。米国がファーウェイの装備を使用しないよう露骨に圧力を加えているが、ファーウェイは欧州市場を進入してシェアを拡大し、ライバル企業を圧倒している。

◆5Gフォンはサムスンが1位だが…中国企業のシェア61%

5Gフォン市場ではサムスン電子がファーウェイとわずかな差で1位を維持している。市場調査機関ストラテジーアナリティクス(SA)によると、今年1-3月期の世界5Gフォン規模は2410万台だった。2019年の年間5Gフォン販売量は1870万台だったが、今年は最初の四半期に昨年1年間の販売量を上回るほど拡大した。

トップはサムスン電子だ。約830万台(シェア34.3%)を販売した。2位はファーウェイで800万台。サムスン電子は中国以外の市場で優位だ。ファーウェイに次いで販売量はvivo(290万台)、シャオミ(250万台)、OPPO(120万台)の順で、中国上位4社の5Gフォン市場シェアが61%にのぼる。中国が5G市場を主導した結果だ。

◆専門家「5G競争力、規制緩和して生態系の構築を」

専門家らは「世界5G市場で韓国を代表する企業はサムスン電子一つだけ」とし「5Gの競争力を高めるにはサムスン電子だけに依存するのではなく、5G生態系を構築しなければいけない」と指摘する。5G競争力を高めるには端末と通信装備を含む通信生態系を形成・発展させるべきだが、韓国はただサムスン電子の装備・スマートフォンのシェアに頼っているということだ。

チョ・ミョンヒョン高麗大経営学科教授は「5G技術はビッグデータ、スマートファクトリー、自動運転車、遠隔診療など従来の通信とは完全に異なる第4次産業革命時代のインフラ」とし「政府が5Gが発展するよう規制を果敢かつ先制的に緩和しなければ5G生態系も形成されず、世界での競争力確保も難しい」と強調した。

https://japanese.joins.com/JArticle/265591?servcode=300

>
6 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

恋ダウド (@guest_953)
2020年5月5日 21:20

偽5Gなんてだれも使わないし、あっても意味ない。
メッキがはがれて安っぽい本体が見えただけw

塩さば (@guest_956)
2020年5月5日 22:02
Reply to  恋ダウド

そもそも特定アジア3国に本物なんかある訳がありません。

恋ダウド (@guest_957)
2020年5月5日 22:20
Reply to  塩さば

中国はバ韓国と違って28GHz使ってるんじゃないかな?

迎恩門 (@guest_958)
2020年5月5日 22:28

西側各国はこれから武漢肺炎の後始末に何年かかるかわからないのに、5G通信網整備なんて不要不急の事業ですよ。アルカニダは「危機を脱した」そうですが、おまエラが製品を輸出する国は非常事態でそんなガラクタを買う余裕はありません。実際、原油だけではなく、自動車も港に置き場所がなくなってアメリカの港湾管理局が「貨物船を倉庫代わりにしろ」って洋上停泊させているんですから。内需が小さいアルカニダの本当の危機はこれから始まんるんですよ。

ジャック (@guest_959)
2020年5月6日 00:41

かなり昔、ホリエモン氏が「ユビキタス社会がやってくる」とおっしゃり、その後刑に服されたときは、
「部屋から一歩も出る必要がないって、そういう意味だったのか!」などと陰口を叩かれたものですが、
コロナウイルスを撲滅する、という方向性でのラディカルな議論ではなく、
ワクチンや薬でいかに制御していくか、という方向性でのリアリズムで議論がなされている以上、
ネットインフラの強化と充実はもはや時代の要請と言えるでしょう。
5Gほどのオーバースペックが必要か、と問われるとむつかしいところですが、
小さな話題で、もういいお爺ちゃんの井上順氏までTwitterを始めた、などと聞くと、
もはや「ネットは若い人らでやっとくれ」などという高齢者の方も、このウイルスで相当減りつつあるのかなと。
例えば、少なくとも、アクセスが集中してサーバーが落ちる、等という事態は過去のものにしてもらいたいですね。

ファーウェイ製のものが使われることなどなきよう、日本政府にも、包囲網にはきちんと参加して頂きたいです。

オバマ (@guest_962)
2020年5月6日 02:57

5Gは緩に進むが、爆発的には進まない。各国は復興インフラに注力し5Gは発注国がペイする公共工事と判断する場合のみ行われて、中韓業者の利益は圧迫されるでしょう。携帯は徐々に廉価になっていき然程儲からなく為るのでしょう。
欧米の中国に対する異質感や警戒感は大きく広がるでしょう。そして、供給網から外れる中国、高齢化した韓国は相対的に影響力を失っていくでしょう。

>
6
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ