韓国証券市場 ウォンニャス速報 開幕は1408.75→韓銀の勢いはここまでか 1回1400切っただけで今日はフルボッコ!


韓国証券市場 ここ数日間、愛犬のジョニーが大喜びするほど圧勝していた韓銀だが、そろそろその勢いに陰りが見えてきた。何だろうな。ちょうど駒の回転だ。駒を投げた瞬間は勢い良く回るが時間が経つにつれてその駒の回転力は弱まり、いつしか止まってしまう。

1445から怒濤の勢いで1400を奪還したのは昨日のことだ。その勢いで突っ走るかと思えば、やはり、ドルが有限である以上はこうなるしかないのか。まあ、何の材料もなくウォンをひたすら無理に為替介入で上げてもいつしか市場の「見えざる手」によって元に戻る。

その手が神の意志なのか。人の意思の集合体かは知らない。だが、1つだけいえる。ウォンは1400奪還という最重要チャレンジに失敗したということだ。

それでは今日の開幕から見ていこう。スタート値は1408.75である。

では、チャートどうぞ。

開幕からウォンはそのまま投げ売りされて1410を突破。そして、10時前に1412ウォンまで落ちるがそこから揉み合いだ。しかし、韓銀だって何もしないわけではない。11時過ぎに韓銀砲を発射だ。ずどーん。ウォンはお昼前には1402ウォンまで急上昇。

やるな。今日も1400奪還を目指すのか。そう思っていたら、打ち止めだった。さすがに大規模介入を毎日続けるほど真水(ドル)は豊富ではないということだ。

ここからヘッジファンドのターン。1402ウォンから時間が経過する度に下がっていく。13時頃には1408ウォンまで落ちて、それから1412ウォンに逆戻りという。結局、韓銀砲で介入しても、元にもどされて美味しく焼けましたてところだ。

結果は1412.4。10.0ウォン安。あらあら、いきなり10ウォンも下げてますよ。そろそろ弾が尽きかけているのがヘッジファンドはお見とおしか。

それでは時間外はどうだ。

弾が尽きかけた韓銀にヘッジファンドが様子を見るはずもなくそのまま仕掛けていく。16時頃には1415ウォンまで持って行かれた。それから韓銀砲で1412ウォンまで押し戻すが、今日は1415防衛で精一杯か。

■2022年10月7日の韓国証券市場

コスダック指数 7.52ポイント▼ 698.49(終値)
総合株価指数 5.02ポイント▼ 2232.84(終値)
ウォン・ドル相場 10.0ウォン安 1412.4(終値)

■投資主体別売買動向

22.10.074601,004-1,539

個人が460億で、買い。外国人が1004億で、買い。機関が1539億で、売り。

個人と外国人が買い。機関が売り。このようになった。

■日経平均とTOPIX

日経平均は27116円。-195円。TOPIXは1906.80。-15.67ポイントとなった。

■気になる経済ニュース

おそらく韓国経済の専門家が大注目していたであろう8月の経常収支がついに出てきた。大方の予想通り「赤字」である。しかも、-30億ドルである。赤字は予想通りだが、この経常収支の赤字は韓国経済にとって「最悪な結果」を意味するので詳しく解説していく。まずは概要を引用しておく。

韓国銀行(中央銀行)が7日発表した国際収支(速報値)によると、8月の経常収支は30億5000万ドル(約4423億8000万円)の赤字だった。前年同月の黒字(74億4000万ドル)から104億9000万ドルのマイナスで、4カ月ぶりに再び赤字に転落した。資源高で輸入額が膨らみ、商品収支(貿易収支に相当)が44億5000万ドルの赤字となったことが響いた。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20221007000700882?section=economy/index

まず、経常収支は4月にも赤字になったわけだが、これは外国人への配当金を支払うという特殊な事情があったので、赤字になっても一時的なものだった。だから、4月以降は経常収支は黒字に戻った。ところがだが、実は7月の経常収支で商品収支が赤字というとんでもない事態が起きていた。

7月の経常収支は10億9000万ドルの黒字。ところが、商品収支は11億8000万ドルの赤字だった。もう、この時点で危険信号を多くの専門家がビシバシ感じていただろう。そして、8月の商品収支も44億5000万ドルの赤字である。

理由は簡単だ。今まで稼ぎ頭であった半導体需要が世界経済の失速と共に消えていくから。韓国経済が順調に錯視されたの半導体が好調だっただけに過ぎない。これについては管理人は何度も指摘したが、韓国は半導体だけが付加価値の高い製品として認識されていた。その半導体も失速すれば、当然、サムスン電子の利益も減っているし、経常収支も赤字になる。

つまり、8月の経常収支はまさに地獄への扉が開いたのだ。そんな衝撃的なことなの?と思うかも知れないが、はっきり言って米利上げや1400ウォンとか、どのニュースよりも最悪である。

今年は頑張ってフィッチを接待して格付けはAAーにしてもらったようだが、貿易収支は半年連続赤字。過去最高の288億ドルの赤字に加えて8月の経常収支まで赤字。普通に考えたら、100%格下げですよ?

なぜなら韓国はドルを稼ぐどころが、今まで蓄えたものを放出しているだけに過ぎないからな。年間ではまだ経常収支は黒字かも知れないが、来年はどうなんだ?管理人は来年の方が酷い有様になるとおもうぞ。既に来年の状況を予測して動く時期なのだ。

実際、売れるものがないんだからどうしようもないですよね。輸出で食べている韓国で半導体需要が下落というのは韓国経済の破綻にすら関わる危機である。でも、管理人の予想したとおりであって、ああ、そうなんですねという感想しかないよな。

韓国政府は大丈夫だと1月ぐらいからずっと楽観論ばかり述べていたが、結局、その楽観論も経常収支が赤字になってしまい、いま、どんな気持ちですか?あれほど根拠のない楽観論ほど経済の舵取りを見誤ると指摘したのにな。

韓国経済の専門家は今の最悪な状況をちゃんと予測できて政府にアドバイスできたのか?出来てないですよね。出来てても1人か、2人ぐらいだろうな。もちろん、そのアドバイスも政府の耳には届かない。ユン氏に続いて韓銀総裁も無能だからな。

以前の韓銀総裁はしっかり利上げして、ちゃんと米韓金利差に注目していたのにな。つまり、有能だったのだ。今の韓銀総裁と違ってな。

長くなったが、いよいよ大注目していた経常収支が赤字となり、韓国経済がこれからもっと興味深くなることが確認できた。

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ライダイハン
2022年10月7日 18:22

今週は、頑張って介入したが、一瞬1400を割り込むのが限界だった。いくら加入したところで、マーケが判断する相場は、韓国政府が希望する相場とはかけ離れているし、水は高いところから低いところにしか流れない。
韓国の報道では、今回の急激なウォン高は、中ゴキが為替介入した結果だとか言っている。韓国のドルが尽きても、人民元とのスワップを発動しても構わないとのお墨付きを得たのかもしれない。でも、人民元は、簡単にはドルに両替できないし、対外債務の返済が1日でも遅れれば、デフォルトになり、ウォンは滝のように暴落する。

酔って候
2022年10月8日 07:05

継続は力なり。なぜ昨日のように韓銀砲を撃ち続けないのだ。
中途半端は良くないぞ。国内の全資産を米ドルに替えてでも、韓銀砲を撃ち続けるべきだ。
さもなくば、米ドルを少しでも多く保有したまま、現金化砲で自爆すべきだろう。

隣国にとって残念なことは、さっさと貿易を人民元建てに切り替えなかったことだろうな。
そうしておけば、宗主国様との通貨スワップが役に立ったし、宗主国様からももっと大切にされていただろう。

えっ、米国への輸出が出来なくなる? 宗主国様へ100%依存していた過去ののトンスランドに戻るだけだろう。無問題だ。

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x