韓国型戦闘機「KF-21」でホルホル

韓国軍事、〔一度も飛んでないのはただのプラモデルさ〕初の韓国製戦闘機「ポラメ」がついに姿を現した インドネシア負担額 1697億円のところ222億円…

韓国型戦闘機「KF-21」でホルホル

韓国軍事、〔一度も飛んでないのはただのプラモデルさ〕初の韓国製戦闘機「ポラメ」がついに姿を現した インドネシア負担額 1697億円のところ222億円…

記事要約:昨日から、韓国メディアが初の韓国製戦闘機「KF-21」、通称「ポラメ」についてホルホルしている。管理人からすれば一度も飛んでない飛行機はただのプラモデルと変わらないのに、このホルホルするのはなぜなのか。しかも、共同開発のインドネシアはほとんど金を払っていない。そして、2026年まで2000回の飛行試験に成功しないといけないそうだ。ああ、これは無理だわ。そもそも、世界最強のステルス機であるF22「ラプター」と似ており、「ベビー・ラプター」という別名とか勝手に付けるな。プラモデルとラプターを比べるとかアメリカに激怒されるぞ。

>さらにKF21には、北朝鮮の核ミサイルの脅威や中・ロ・日など周辺大国の軍事的脅威に対応できる韓国製「毒針兵器」が搭載される予定だ。国防科学研究所などが既に開発中か、もしくは今後開発する「毒針兵器」としては、超音速巡航ミサイル、極超音速ミサイル、長距離空対地ミサイル、そしてブーストフェイズ要撃ミサイルなどが挙げられる。韓国製超音速巡航ミサイルは、有事の際KF21から発射され、中国の空母や水上艦艇などを撃沈できる兵器だ。極超音速ミサイルはマッハ5以上の超高速で飛行し、ソウルから平壌上空までわずか1分15秒で到達できる。

本当、アホだよな。そういうのは一度でも成功してからいえよ。取らぬ狸の皮算用ということわざがあるだろう。管理人はこのサイトのネタとしては長い間、楽しませてもらえそうなので期待してるぞ。韓国軍期待のお笑い兵器「ポラメ」とな。

韓国軍事、〔一度も飛んでないのはただのプラモデルさ〕初の韓国製戦闘機「ポラメ」がついに姿を現した インドネシア負担額 1697億円のところ222億円…

初の韓国型戦闘機KF21「ポラメ」(若鷹)の試作1号機が、開発を進めて20年になる9日、初めて完全な形で姿を現した。世界で13番目に独自開発した戦闘機だ。限定的なステルス機能を備えた4.5世代戦闘機としては世界で8番目になる。

防衛事業庁はこの日、慶尚南道泗川にある韓国航空宇宙産業(KAI)生産工場で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と徐旭(ソ・ウク)国防相など韓国軍首脳部およびインドネシアのプラボウォ・スビアント国防相など内外の関係者およそ250人が出席する中、KF21試作機の出庫式を開催した。これまでKFXと呼ばれてきた韓国型戦闘機はこの日、KF21と公式に命名された。文在寅大統領は「自主国防の新たな時代が開かれ、航空産業発展の歴史的な里程標を立てた」とし、「2028年までに40機、2032年までに計120機を実戦配備する計画」と語った。

KF21はKF16以上の性能を持つミドルクラスの戦闘機で、第4世代の戦闘機ではあるが部分的に第5世代ステルス機の性能も備え、4.5世代戦闘機と呼ばれる。特に、外見はレーダーの反射を小さくするステルス形状で作られ、世界最強のステルス機であるF22「ラプター」と似ており、「ベビー・ラプター」という別名も持っている。

KF21は長さ16.9メートル、高さ4.7メートル、翼幅は11.2メートル。米F16はもちろんF35ステルス機よりも大きく、F15およびF22よりは小さい。最高速度はマッハ1.81(時速2200キロ)、航続距離は2900キロだ。2026年までに空対空戦闘能力中心の「ブロック1」開発に8兆1000億ウォン(現在のレートで約7928億円。以下同じ)、26年から28年にかけて空対地能力を主に開発する「ブロック2」に7000億ウォン(約685億円)と、開発費だけで8兆8000億ウォン(約8613億円)に達する。計120機の量産費用まで含めると総事業費は18兆ウォン(約1兆7618億円)を超え、檀君以来最大規模の兵器事業と呼ばれる。試作機は、出庫式の後、およそ1年の地上試験を経て来年7月ごろ初飛行する予定だ。

専門家らは、KF21の開発で韓国が望む時期に速やかに戦闘機を整備することができ、費用も大幅に減らせるようになったと指摘する。現在、韓国空軍の主力戦闘機であるKF16とF15Kはいずれも米国製で、修理パーツ確保の問題などで戦闘機の正常な稼働に支障が生じる例が少なくなかった。各種のミサイルや爆弾など、韓国製の武装を韓国側の思い通りに搭載できるという点も長所に挙げられる。

さらにKF21には、北朝鮮の核ミサイルの脅威や中・ロ・日など周辺大国の軍事的脅威に対応できる韓国製「毒針兵器」が搭載される予定だ。国防科学研究所などが既に開発中か、もしくは今後開発する「毒針兵器」としては、超音速巡航ミサイル、極超音速ミサイル、長距離空対地ミサイル、そしてブーストフェイズ要撃ミサイルなどが挙げられる。韓国製超音速巡航ミサイルは、有事の際KF21から発射され、中国の空母や水上艦艇などを撃沈できる兵器だ。極超音速ミサイルはマッハ5以上の超高速で飛行し、ソウルから平壌上空までわずか1分15秒で到達できる。

 だが、越えるべき山もまだ残っている。来年から2026年まで、およそ2000回の飛行試験に成功しなければならない。KF21の開発費用のうち20%に当たる1兆7338億ウォン(約1697億円)を2026年までに負担することになっているインドネシアが、現在までのところ2272億ウォン(約222億円)しか納付していない点も悩ましい。韓国軍の消息筋は「KF21に否定的といわれていたプラボウォ国防相が、今回の訪韓で『私の名を懸けて成功させたい』と言及したそうだ」とし、「インドネシア問題は大きな峠を越えたと思う」と語った。

輸出のための価格競争力を確保することも宿題だ。KF21は800億ウォン(約78億円)未満の価格になるといわれている。第5世代ステルス機のF35の価格が1機900億ウォン(約88億円)台に下がったことも、KF21の価格競争力を脅かしている要素の一つだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/10/2021041080012.html

4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
韓ケリ
2021年4月10日 20:58

>超音速巡航ミサイルは、有事の際KF21から発射され、中国の空母や水上艦艇などを撃沈

超音速巡航ミサイル、開発に成功してもね、ステルスがないKF21だったら、発射する前に撃墜されるんじゃない・・?
どっちにしろ面白くなりそう。

酔って候
2021年4月10日 21:10

50年後、彼らの妄想の中では、

ウリ達は世界最強の戦闘機を完成させたニダ。でも狡猾な日本に技術を奪われて、いまでは建造できなくなったニダ。

という話になっているのだろうか。

ソーデンネン
2021年4月10日 21:52

米国が量産分のエンジンを売ってくれるか不明なのに、なぜ喜んでいるか不明。〔一応試作機分は買えた。〕 自国産レーダーと言って騒いでいるが、対空モードしかなく対地モードがない為爆撃が出来ない。金を各国から巻き上げられているだけかも。

キジトラ
2021年4月11日 12:30

ええ~こんなポンコツ時代遅れの戦闘機もどきを 他国に売るってか~嘘やろ 買うとこあったら是非とも公開してな。

4
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x