日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【1.8%ですら希望的観測】野村1.8%、バークレイズ2.2%…今年の韓国成長見通し相次ぎ引き下げ

記事要約:今回の記事はマイナス成長という驚くべき後退を遂げた韓国の今年の成長率予想について。既に野村のほうは1.8%に大幅下方修正したということは紹介したが、そもそも、その1.8%ですら希望的観測だと思われる。なぜなら、これから2.1%も成長させないといけないのだ。政府ドーピングで最後になんとかするにしても、そんなドーピングをしているから、こういう結果になっていることに気付かないという。

経済対策に特効薬なんてないのだ。地道に自国の経済を分析していくしかない。所得主導型経済成長もいいが、民間の中小企業や製造業を不利にするような法案ばかり作って財閥だけを潤わせるという。これでは文在寅大統領は財閥キラーどころではなく、財閥お助けキャラではないか。では、予測を見ていこうか。野村は前に出したので読んでもらうだけでいいだろう。

> 海外機関は競争でもするように韓国の成長見通しを引き下げている。バークレイズは「韓国政府の追加補正予算編成でも輸出と投資の不振など下方リスクを完全に相殺し難い」とし、これまで2.5%だった見通しを2.2%に下げた。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が2.5%から2.2%に、ロンドン経済研究機関であるキャピタルエコノミクスも2.0%から1.8%に下げた。 

なるほど。だいたい、平均0.3%ほど下方修正したのか。まあ、これでも高いと思えるんだが。

> これに先立ちLG経済研究院は2.5%から2.3%に下げた。問題は追加補正予算など政府浮揚策が効力を出せないだろうという点だ。LG経済研究院のイ・グンテ首席研究委員は「政府が景気浮揚策を使っても下半期の成長率は予想よりさらに悪化する恐れがある」と分析した。1-3月期に政府消費は0.3%増えたが設備投資は10.8%、輸出は2.6%減り経済成長率を引き下げた。 

政府ドーピングでは民間企業の設備投資は増えないからな。確かに高齢者を短気に大幅雇用して雇用は増えたが,若者の雇用は減るばかり。企業は輸出も減少すれば人員も減らしていくだろう。なら、設備投資する理由もなくなる。そもそも、設備投資だって半導体に支えられてきた。

> 1-3月期の成長率に赤信号が灯り韓国銀行が予想した上半期の成長率2.3%の達成から容易ではない見通しだ。もし4-6月期までマイナス成長なら「R(景気低迷)の恐怖」が広がる恐れがある。成長率向上には▽輸出回復▽半導体市場回復▽企業投資心理回復などがカギだ。 

輸出回復、半導体市場回復、企業投資心理回復などか。どれも厳しそうだな。輸出はわりと世界経済次第なところがある。原油価格高騰で中東が潤えば建設や造船などは息を吹き返すかもしれない。半導体市場は中国の新工場がどこまで凄いかだな。今年中に何か出てくるはずだ。企業投資心理回復は輸出が増えれば投資も増えるだろう。

最も管理人の予想は回復しないで、そのまま2020年に持ち込んで、増えすぎた家計債務が爆発して経済破綻→2度目のIMF行きという流れだが。

この記事に対する旧サイトのコメント(5)

Screenshot of kankokukeizai.kill.jp

韓国経済、【1.8%ですら希望的観測】野村1.8%、バークレイズ2.2%…今年の韓国成長見通し相次ぎ引き下げ

韓国経済が1-3月期に前四半期比マイナス0.3%の成長率を記録しショックに包まれる中で、内外の機関が相次ぎ成長見通しを引き下げている。これに対し韓国政府も「下半期経済政策方向」の発表で年間目標値を下方調整するのか注目される。 

  野村証券は今年の韓国の成長見通しを2.4%から1.8%に0.6ポイント引き下げ新たな衝撃を抱かせた。韓国銀行の見通し2.5%を大きく下回る。 

  野村証券の野木森稔エコノミストは報告書で、「4月1~20日の輸出が半導体輸出不振などで前年同期より8.7%減少した。輸出不振が韓国経済に否定的な影響を及ぼしかねないということを示唆する」と評価した。野村が注目したまた別の数値は設備投資だ。設備投資が前四半期より10.8%減ったが、これは国際通貨基金(IMF)の救済金融を受けた1998年1-3月期の24.8%減から21年来の最大の減少率だ。半導体装備や自動車など機械類投資が減ったためだ。韓国経済を支える輸出の主力は製造業で設備投資の大部分が製造業から出るため設備投資の急減は経済活力の低下につながる。 

  海外機関は競争でもするように韓国の成長見通しを引き下げている。バークレイズは「韓国政府の追加補正予算編成でも輸出と投資の不振など下方リスクを完全に相殺し難い」とし、これまで2.5%だった見通しを2.2%に下げた。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が2.5%から2.2%に、ロンドン経済研究機関であるキャピタルエコノミクスも2.0%から1.8%に下げた。 

  これに先立ちLG経済研究院は2.5%から2.3%に下げた。問題は追加補正予算など政府浮揚策が効力を出せないだろうという点だ。LG経済研究院のイ・グンテ首席研究委員は「政府が景気浮揚策を使っても下半期の成長率は予想よりさらに悪化する恐れがある」と分析した。1-3月期に政府消費は0.3%増えたが設備投資は10.8%、輸出は2.6%減り経済成長率を引き下げた。 

  1-3月期の成長率に赤信号が灯り韓国銀行が予想した上半期の成長率2.3%の達成から容易ではない見通しだ。もし4-6月期までマイナス成長なら「R(景気低迷)の恐怖」が広がる恐れがある。成長率向上には▽輸出回復▽半導体市場回復▽企業投資心理回復などがカギだ。 

  だが輸出は4月も回復が遅い。バークレイズ関係者は「上半期まで半導体と石油精製の輸出低迷と中国の鈍化の影響を受け続けると予想する。短期に輸出モメンタム反騰を期待するのは時期尚早」と分析した。半導体市場も政府は下半期に良くなるだろうとしているが実現するかは未知数だ。 

  企業の投資心理は冷え込んでいる。産業銀行の「設備投資動向」によると、今年の製造業設備投資は95兆4000億ウォンで前年比7.6%減る見通しだ。産業技術リサーチセンターのチョン・ソクワン専任研究員は「経済不確実性の余波により全分野で設備投資が減少する見通し」と分析した。国際金融センターは「韓国経済海外の見方」と題する報告書で「(政府)福祉支出は明確な浮揚につながりにくく成長の下方リスクは続くだろう」と分析した。これに伴い、韓国政府が下半期の景気回復を期待する「上低下高」の立場をどのように修正するかが関心事として浮上した。

https://japanese.joins.com/article/829/252829.html?servcode=300&sectcode=300

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

韓国経済の最新記事8件

>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ