韓国市場、【4月17日の韓国市場】今週も韓銀の大勝利ニダ!


韓国市場、【4月17日の韓国市場】今週も韓銀の大勝利ニダ!

記事要約:韓国の総選挙で与党が圧勝して、管理人は大いに喜んでいたら、時を過ぎるのも速い者で、気が付いたら今週の市場が終わっていた。ただ、昼に伝えた通り、ダウ先物亜異常に上がって今週の韓銀大勝利だったのだが、売買動向に気になる動きがある。それについて後で触れていくので、まずはウォンから見ていこう。

■ウォン

開幕は1227ウォンと下げようが、やはり、1220には戻してくる。しかし、その後が続かない。今回も1216ウォンが限界だったようで、来週も1220の攻防戦が続きそうだ。しかし、銀行がドルを調達しているのでしばらくは大暴落にはならない気がする。頑張って介入するんじゃないか。もっとも、長期戦になればドルも尽きるだろう。

■KOSPI

KOSPIの方は昼ぐらいに見たときと数値はほとんどかわってない。ダウ先物に釣られて上がった感じだ。しかし、面白いのは売買動向だ。

コスピ200 255.01 7.91 + 3.20%

(締め切り)コスダック個人213億買い越し
(締め切り)コスダック機関267億買い越し
(締め切り)コスダック外国人447億売り越し

(締め切り)コスピ個人6112億売り越し
(締め切り)プログラム1415億買い越し
(締め切り)コスピ機関2372億買い越し
(締め切り)コスピ外国人3226億買い越し

ここに来て1ヶ月ぶり?に外国人が買い越しである。機関も買い越し。しかし、個人は売り越しという。なんというか、アリは国士だよな?なんで、そこで売っているのか。韓国政府もアリが味方とか思っていると、後ろから銃で撃たれるな。これは。

■サムスン電子

サムスン電子株は大いに上昇。しかし、個人は売っているので、買ったのは外国人と機関になる。ダウ先物が上げたらサムスン電子は強いてことか。それとも、米国経済の再開でサムスン電子のDRAMに需要ができると踏んだのか。しかし、それは早計ではないのか。

まあ、今回はダウ先物がトランプ大統領の発言で大幅上昇で楽観モードが市場に漂ったことが原因だろう。どこまで本当かはわからないが。何しろ、個人は売っているんだよな。

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
オバマ
2020年4月18日 09:30

サムスンのドル箱はスマホ市場の米国と半導体の中国・米国ですから、米ダウというかナスダックと相関度が高かったような気がしました。
財閥嫌いの文政権を警戒したのか利益確定売りでしょうか、個人(アリ)は売っているんですね。私も雇用確保最優先でサムスン嫌いの文政権は雇用数の多い重工、鉄鋼、石油化学、建設に金を使いゾンビを増やすと思います。しかし、ゾンビに投資する理由は無いし、韓国自体がゾンビですね。

1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x