韓国証券市場 ウォンニャス速報 開幕は1231.7→旧正月明けて最初の市場は激しく乱高下!【動画】


韓国証券市場 1月23日、1月24日は韓国は旧正月ということでウォンニャス速報はお休みだったが、今日から市場は開いてるので早速見ていこう。といっても、1230ウォン辺りを行き来しているだけで、あまり先週とは変わらないのだが。

ただ、正月頃の時間外では1225ウォンまであげていたのだが、そこから気がつくと1230に戻されたと。どちらにせよ。しばらくは大きな動きはなさそうな感じだ。

開幕は1231.7。

それではチャートをどうぞ。

開幕から韓銀砲を撃ち込んだようで、正月明けはギザギザしたチャートを形成された。しかし、その韓銀砲も瞬時に跳ね返されており、今年のウォン市場も波乱を予感させるスタートとなっている。1230ウォンを突破したい韓銀とそれをさせないヘッジファンドの激突。

何度も何度も激しく乱高下が繰り返されており、お昼には1233ウォンとヘッジファンドが優勢だ。ところが15時過ぎにしびれを切らした韓銀が超韓銀砲で撃ち込んでいく。どーん。

そして、1230突破をそれもまた跳ね返される。結局、ドルを無駄に消費して終了した。

結果は1231.7。3.8ウォン高。

それで時間外も結局、1233ウォンまで戻される。18時頃は1232ウォン。このようにウォン相場も全く落ち着かないチャートとなった。

■2023年1月25日の韓国証券市場

コスダック指数 14.38ポイント、上昇、 732.35、(終値)
総合株価指数 33.31ポイント、上昇、 2428.57、(終値)
ウォン・ドル相場 3.8ウォン高 1231.7、(終値)

■投資主体別売買動向

23.01.25-7,9037,647276

個人が7903億で、売り。外国人が7647億で、買い。機関が276億で、買い。

個人が売り。外国人と機関が買い。

■韓国債と社債の利回り

国庫債券(1年)3.535マイナス0.013
国庫債券(3年)3.285マイナス0.045
国庫債券(5年)3.241マイナス0.054
国庫債券(10年)3.229マイナス0.050
会社債(AA-、無保証3年)4.400マイナス0.053
会社債(BBB-、無保証3年)10.562マイナス0.043
CD(91日)3.660マイナス0.010
CP(91日)4.680マイナス0.040

韓国債と会社債などの金利も全体的に下がっている。ただ、1年ものはそろそろ3.535%で限界を迎える。これを見る限りでは金利引き下げは早いと市場は見ているのか。

米国債10年利回りは3.4360%と少し下がっている。

■日経平均とTOPIX

日経平均は27395円01銭。プラス95円82銭。TOPIXは1,980.69。プラス7.77ポイント。

■ドル円

25日の朝の7時頃には130円だったのだが、お昼過ぎには130.569まで下がる。そこから上がっていき、18時過ぎには130.100ぐらいとなっている。でも、先週よりは円が下がってるな。

■気になるNEWS

日本でも寒波が到来して、先ほどスーパーにでかけたらパンも弁当も何もないという状態だった。大雪のために物流が止まっていてパンも、弁当も運べないという。そんな個人エピソードは置いといて韓国でも寒波が到来してるので見ていこう。記事を引用する。

【ソウル聯合ニュース】韓国は旧正月(今年は1月22日)連休最終日の24日、この冬一番の冷え込みを記録した。

全国に寒波警報・注意報が発令されており、この日午前6時時点の気温は京畿道北部と江原道内陸・山間部で氷点下20度前後、その他の中部地方は氷点下15度~氷点下10度、南部地方は氷点下10度~氷点下5度まで下がり、体感温度はさらに10度以上低い地域が多かった。

 前日は最低気温が氷点下9度~2度と真冬にしては暖かかったが、北西から冷たい空気が流れ込んだ影響で急激な冷え込みとなった。

 江原道鉄原郡では24日朝の気温が氷点下25.5度、体感温度は氷点下39.9度まで下がった。同道華川郡の午前7時時点の気温は氷点下20.6度、体感温度は氷点下27.2度だった。

 京畿道坡州市と東豆川市の最低気温は氷点下17.8度、体感温度はそれぞれ氷点下26.1度、氷点下26.0度だった。

 ソウル市の最低気温は氷点下16.4度、体感温度は氷点下25.5度。済州島でも気温が氷点下1.9度、体感温度は氷点下9.7度まで下がった。

 その他の主要都市の最低気温は仁川市が氷点下16.2度、大田市が氷点下11.7度、光州市が氷点下8.0度、大邱市が氷点下8.9度、蔚山市が氷点下5.6度、釜山市が氷点下4.4度。

 日中も寒さが続き、最高気温は氷点下14度~氷点下3度にとどまると予想される。

 連休明けの25日朝はきょうよりさらに寒くなりそうだ。最低気温は氷点下23度~氷点下9度の予報となっている。

 気温は25日午後から上昇し、26日には平年並みに戻る見通しだ。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20230124000200882

それで18時20分頃にソウルの気温を調べたら、-8度だった。めっちゃ寒そうだな。日本でもこれだけ寒いのだから、隣の韓国でも寒い日々が続くと。

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ライダイハン
2023年1月25日 20:16

韓国の1月20までの貿易収支は102億6000万ドルの赤字になり、輸出は中国向けが24.4%減少する一方、米国向けは18.1%増加したらしい。また、中ゴキ上海の2022年の成長率はマイナス0.2%であり、テレビのニュースでも、工場が稼働せず、売りに出され、失業者で溢れ返っていると放送されていた。いくらゼロコロナを解除したところで、2023年に中ゴキ経済が回復する状況ではない。韓国の貿易赤字も、年間500億ドルどころではなく、1000億ドル近くになるかも。何とも寒い寒い。

1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x