韓国証券市場 今日のウォンニャス速報 開幕は1197でスタート!しかし、速くも1199【動画追加】


韓国証券市場 日本は祝日であるが、韓国は普通に韓国証券市場は開いているので、好例のウォン安祭りを見ていく。まずは朝のスタート値だ。さすがに、今週の初めは1200を切ってスタートしてきた。それでは開幕のチャートをどうぞ。

先週の終値は1201ウォンだったわけだが、今日は1197と4ウォンほど上げて始まった。しかし、十数分も経たないうちにウォンが投げ売りされているのが確認できる。気がつけば1199.25まで落ちている。でも、さすがに週始めなので介入してくるか。今日は1200の攻防戦が再びってところか。

それではお昼辺りに動向を再び確認しよう。

1199ウォン辺りでしばらくもみ合っていたウォンだが、10時半過ぎに再び1200へと到達する。余りにもあっさり抜かれて防衛する気はないのか。韓銀、担当者は寝ているんじゃないか。そのように思ったりした。

しかし、このままだらだら下げていくのかとおもいきや、お昼前に1201.42辺りで反転する。そこから1200と1201の狭いレートで動く展開。ただ、徐々に1201に吸い込まれていく感じだ。今日も1200を割れないのか。朝のスタートの勢いはどうしたのだ。ほら、すぐに「韓銀砲」を撃って楽になった方がいいぞ。

今日の防衛ラインは1201と設定していたのか。それ以降には下がらないウォン。そして、ついに14時から韓銀砲が発射される。1201ウォン付近だったウォンがみるみるうちにあがっていく。強い。強すぎるぜ。韓銀砲。これを撃つためにどれだけドルを溶かしたのか。想像もできない。だが、その成果もあり、ついに終値は「1199.1」となり、韓銀大勝利ニダ!

こうして月曜日の韓国証券市場は韓銀大勝利で幕を閉じた。しかし、時間外取引なのはどうなのか。それを見ていこう。

時間外取引でも韓銀砲は絶好調だった。1199ウォンからみるみるうちにウォンは上昇。強い。この動きに日本のウォンウォッチャーは戦慄したのではないだろうか。まさに孤軍奮闘の活躍を見せる。なんと、17時半ぐらいには1196ウォンである。馬鹿な。3ウォンも数時間で戻したのか。このまま1195もあるのか。

怒濤の展開となった時間外取引。しかし、その怒濤の展開は、「逆方向」にも作用するのだ。1196ウォンだったウォンが瞬時に1198ウォンまで下がった。これがヘッジファンド砲なのか。あまりにも急直下を見せる「痛貨」にワクテカが止まらない!ああ、今日も眠れない日々を過ごすことになりそうだ。

■1月10日の韓国証券市場の結果

(締め切り)プログラム421億買い優位
(締め切り)コスピ個人5965億買い越し
(締め切り)コスピ機関4901億売り越し
(締め切り)コスピ外国人1213億売り越し

[コスダック] 14.78p(1.49%) 下げた 980.38(場終了)
[コスピ] 28.17p(0.95%) 降りた 2,926.72(場終了)
[外国為替] ウォン/ドル 為替レート 2.4ウォン 1,199.1ウォン(締め切り)

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x