韓国経済危機特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国経済、〔サムスン電子がピンチニダ〕「米国側に立て」…ホワイトハウスの招請受けたサムスン電子「困惑」


韓国経済、〔サムスン電子がピンチニダ〕「米国側に立て」…ホワイトハウスの招請受けたサムスン電子「困惑」

記事要約:世界で半導体不足が深刻化する中、米国中心のグローバル半導体サプライチェーン再編というものが加速化している。韓国のサムスン電子も参加する場合、独自の半導体サプライチェーンを構築中である中国と欧州の神経を逆なでしかねないという懸念の声があるようだ。でも、サムスン電子は米国抜きではやっていけないだろう?しかし、欧州はともかく、中国市場は諦めることになるだろうな。

>ブルームバーグなどが4日に伝えたところによると、バイデン政権は12日に世界の主要半導体企業関係者をホワイトハウスに招く。半導体チップ不足現象を点検し解決策を協議するための席だ。サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)らが参加するこの日の会議には、ゼネラルモーターズ(GM)など自動車メーカーのほかサムスン電子をはじめとする世界の半導体企業なども招請対象に含まれたと伝えられた。

バイデン政権が12日、ホワイトハウスに世界の主要半導体企業関係者を招く。サムスン電子も呼ばれると。

>サムスンの悩みは米国企業に対する半導体優先供給や米国内のファウンドリー(半導体受託生産)工場増設を公開的に圧迫される席になりかねないということだ。今年に入り車載用半導体の供給不足が深刻化し、GMの北米工場が減産に入っているほか、フォードなど他の自動車メーカーも生産に支障が出ている。市場情報会社のIHSマーケットは1-3月期の半導体供給難にともなう自動車の生産支障が100万台に至るとみている。

まあ、呼ばれる理由がそれぐらいしか考えられない。もっと、米国に半導体を供給しろと。

>米国の長期的な半導体サプライチェーン再編に関する議論もなされる見通しだ。サムスン電子は半導体ファウンドリー事業で車載用半導体が占める割合が大きくない。だがファウンドリー市場全体として見れば台湾TSMCに続き2位だ。DRAMとNAND型フラッシュ市場では圧倒的なシェアで1位を走っている。サムスン電子との関係をどのように設定するかにより米国の半導体サプライチェーン再編プロジェクトの方向性が変わる恐れもある。

サムスン電子が重要な役割を担うかもしれないと。ある意味では韓国政府より立場が危ういな。コウモリが許されるような状況ではない。しかし、12日か。今週はソウル市長選挙で、来週はサムスン電子が楽しませてくれると。イベント目白押しでいいではないか。

韓国経済、〔サムスン電子がピンチニダ〕「米国側に立て」…ホワイトハウスの招請受けたサムスン電子「困惑」

サムスン電子が苦しい状況に陥った。バイデン米大統領の国家安全保障担当と経済担当補佐官が世界の半導体企業をホワイトハウスに招くなど米国中心のグローバル半導体サプライチェーン再編にスピードを出しているからだ。サムスン電子が米国政府の計画に積極的に参加する場合、独自の半導体サプライチェーンを構築中である中国と欧州の神経を逆なでしかねないという懸念の声が出ている。

ブルームバーグなどが4日に伝えたところによると、バイデン政権は12日に世界の主要半導体企業関係者をホワイトハウスに招く。半導体チップ不足現象を点検し解決策を協議するための席だ。サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)らが参加するこの日の会議には、ゼネラルモーターズ(GM)など自動車メーカーのほかサムスン電子をはじめとする世界の半導体企業なども招請対象に含まれたと伝えられた。

サムスンの悩みは米国企業に対する半導体優先供給や米国内のファウンドリー(半導体受託生産)工場増設を公開的に圧迫される席になりかねないということだ。今年に入り車載用半導体の供給不足が深刻化し、GMの北米工場が減産に入っているほか、フォードなど他の自動車メーカーも生産に支障が出ている。市場情報会社のIHSマーケットは1-3月期の半導体供給難にともなう自動車の生産支障が100万台に至るとみている。

米国の長期的な半導体サプライチェーン再編に関する議論もなされる見通しだ。サムスン電子は半導体ファウンドリー事業で車載用半導体が占める割合が大きくない。だがファウンドリー市場全体として見れば台湾TSMCに続き2位だ。DRAMとNAND型フラッシュ市場では圧倒的なシェアで1位を走っている。サムスン電子との関係をどのように設定するかにより米国の半導体サプライチェーン再編プロジェクトの方向性が変わる恐れもある。

サムスン電子は米テキサス州オースティンでファウンドリー工場を運営している。最近ではテキサス州とニューヨーク州、アリゾナ州政府とファウンドリー工場増設投資関連交渉をしている。業界関係者は「バイデン政権が米国中心の半導体サプライチェーンに積極的に参加するよう求めるものとみられる。すでに輪郭が表れたファウンドリー工場増設のほかに追加投資を要求する可能性もある」と話した。

ホワイトハウスの招請と関連しサムスン電子は言葉を控えている。まだ会議に参加してほしいという要請がないというのが公式立場だ。業界関係者は「サムスン電子としては中国と欧州政府だけでなく米国以外の地域の大型取引先の顔色をうかがうほかない。会議に参加してもどのような話が行き来したのか、何か約束をしたのかなどを明らかにするのは難しい」と話した。

https://japanese.joins.com/JArticle/277285?servcode=300&sectcode=320

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
酔って候
2021年4月6日 04:56

企業レベルでも蝙蝠外交が試されると。
良かったなサムスン。半万年の伝統芸が生きる時だ。

NO IMAGE
1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x