日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【おめでとう!】家計負債、GDPの97.9% 主要34カ国のうち1位

記事要約:ついにこの時が訪れた。なんと韓国の家計負債がGDPの割合97.9%となり、主要34カ国のうち1位という大記録を打ち立てた。管理人は今年でこのサイトの運営も11年目を迎えるわけだが、ようやく韓国がナンバーワンとなったことに感動している。

だが、これぐらいで満足しては駄目だ。世界1位をこれからずっと維持していく大目標がある。後はいつ、この家計債務の爆弾が爆発して韓国経済にトドメを刺すかだ。管理人の予測では1年後の2020年である。今年、不動産バブルも弾けて,さらに家計債務が増えることだって十分、考えられる。

しかも、韓国人には最強の徳政令がある。家計債務がそのまま国家債務にするとか、面白いこともやってくれる可能性もあるからな。まあ、それをやったらどうなるかは壮大な実験だが。

うん。そっちのルートで崩壊はないかもしれないが、確実に超増税時代が訪れるか。もっとも、それで生き残れるも信用があるうち。増え続ける国家債務に為す術もないからな。資産の切り売りか。でも、韓国なんていらないしな。

> 7日、国際金融協会(IIF)が発表した「グローバル負債モニター」報告書によると、昨年第4四半期末基準韓国家計負債のGDP比の割合は97.9%で、IIFが国別の数値を提示した34個の先進・新興国の中で最も高かった。 グローバル家計負債のGDP比の割合は59.6%であった。 韓国は平均をはるかに超えることはもちろん、家計負債がGDPの水準まで上昇したわけだ。 

素晴らしい大記録。先進国・新興国の中で最も高い。おめでとう!韓国はいつでもナンバーワンを目指すものな。

> 家計負債の比率が高ければ金利が引き上げられる場合、家計の危機につながるたり不良債権が増え、金融会社の不良につながる、金融危機に発展することができる。

韓国の場合、金利が上がろうが,下がろうが、家計債務はもういくらでも増える。韓国金融危機にレベルアップしたことだし、後は日本がトドメを刺すだけだな。そして、韓国経済が崩壊して二度目のIMF行きを決めればいい。

この記事に対する旧サイトのコメント(5)

Screenshot of kankokukeizai.kill.jp

韓国経済、【おめでとう!】家計負債、GDPの97.9% 主要34カ国のうち1位

昨年、韓国家計負債の増加速度と国内総生産(GDP)比の割合が主要34カ国のうち1位を占めた。 

7日、国際金融協会(IIF)が発表した「グローバル負債モニター」報告書によると、昨年第4四半期末基準韓国家計負債のGDP比の割合は97.9%で、IIFが国別の数値を提示した34個の先進・新興国の中で最も高かった。 グローバル家計負債のGDP比の割合は59.6%であった。 韓国は平均をはるかに超えることはもちろん、家計負債がGDPの水準まで上昇したわけだ。 

上昇速度も最も早かった。 昨年末、韓国家計負債のGDP比率は、前年度の2017年第4四半期末94.8%より3.1%ポイント上昇した。 これ調査対象34カ国の中で最も大幅に上昇したものである。 グローバル家計負債のGDP比率が同じ期間0.2%ポイント上昇したこととも対比される。 韓国が属する新興市場も同期間36.4%から昨年第4四半期末37.6%で1.2%ポイントの増加にとどまった。 米国などが属している先進市場は73.1%で72.7%で小幅減少した。 

家計負債の比率が高ければ金利が引き上げられる場合、家計の危機につながるたり不良債権が増え、金融会社の不良につながる、金融危機に発展することができる。 

家計負債だけでなく、企業の負債も速い速度で増加した。 韓国非金融企業の負債は昨年第4四半期基準GDP比102.2%で、1年ぶりに3.9%ポイント上昇した。 

昨年、世界全体の負債の増加速度は前年比鈍化し、特に新興市場の負債の増加速度は、2001年以来、最も遅いことが分かった。 IIFは、「世界の負債増加率の急激な減速は主にヨーロッパと中国の影響」と述べた。 

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

(https://news.nate.com/view/20190408n03095?mid=n1006)

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ