韓国経済、【不当解雇としてストライキするニダ!】韓国の双龍車、11年ぶり生死の岐路…投資家なければ「法定管理」不可避


韓国経済、【不当解雇としてストライキするニダ!】韓国の双龍車、11年ぶり生死の岐路…投資家なければ「法定管理」不可避

記事要約:面白くなってきました。韓国の双龍車がいよいよ崖っぷちに追い込まれてるようだ。この前に双龍が潰れそうな話は紹介したとおもうが、もちろん、法定管理で解雇なんてすれば労働貴族が黙っていない。不当解雇だとストライキをするにきまっている。

>韓国の自動車メーカー双龍(サンヨン)自動車が14日、会計監査を担当するサムジョン会計法人から「監査意見拒否」を受けた。2四半期連続だ。これを受け、管理銘柄に指定された双龍車は18日に取引が停止された後、19日から取引が再開される。管理銘柄指定は2009年の企業回生手続き(旧法定管理)以来11年ぶりとなる。拒否の理由は累積赤字のため企業の連続性が不確かだからだ。双龍車は2017年1-3月期以降14期連続で赤字を出し、この期間の累積赤字は6271億ウォン(約560億円)にのぼる。

管理指定銘柄か。いよいよその時が迫ってるな。もう、11年前と違って助けてくれるインドや中国もいない。管理人も11年前ならサイトを立ち上げてるのでよく覚えてる。メルマガにも書いた記憶があるな。ちょっと呼び出そうか。まだ、YOUTUBEに動画まで残ってたか。時間ある人は楽しんで欲しい。

>事情を知らない人が視聴すると韓国の企業は酷いなと思うかもしれないが、実は韓国双竜自動車は経営破綻している。しかも、関連子会社50も破綻寸前。そして、経営破綻によって親会社が中国やインドの企業と変わっているのだ。

ストライキしている間に給料を支払う会社が危機という事情なんて全く理解していない。整理解雇を要求されたので戦う。本当に斜め上としか言いようがない。

あれから11年。韓国の労働貴族の酷さは世界中の企業に知れ渡ることになった。もう、さすがに買収したいなんておもう企業もないだろう。後は大株主であるマヒンドラ次第てところ。

>双龍車の将来は大きく3つのシナリオに圧縮される。▼大株主のマヒンドラが望むように新しい投資家が現れて突破口を開く▼政府が介入して双龍車株を取得して目の前の問題を解消する▼また法定管理に入る--ということだ。

さあ、一体どのようなシナリオを描くのか。もう、管理人は法定管理になるとおもう。一番、面白い選択がそこだよな。もちろん、管理人にどうこうできる問題でもないので、一番面白そうな展開を期待する。

>このままだと法定管理手続きに入るしかない。この場合、経営正常化のためのリストラが避けられないが、労働組合の抵抗で難航が予想される。匿名を求めた業界関係者は「新しい投資家を見つけるにしても、法定管理に入るにしても、生き残るためには人員を削減しなければいけないが、双龍車はストライキ(2009年)による傷がまだ残っていて、まさにジレンマの状況」と話した。

そうだよな。先ほど、確認したとおり、2009年のストライキはまさに斜め上だったからな。新しい投資家に是非とも、あのYOUTUBE動画を見せて上げたい。でも、どのみちリストラは避けられないだろう。ということはだ。11年ぶりにストライキが復活。不当解雇ニダ!とな。一体何がどう不当解雇か知らないが、そう言う連中だ。

これも、進展は今年の秋頃だとおもうので、是非とも、面白いイベントに昇華すると管理人としては楽しい限りだ。

韓国経済、【不当解雇としてストライキするニダ!】韓国の双龍車、11年ぶり生死の岐路…投資家なければ「法定管理」不可避

韓国の自動車メーカー双龍(サンヨン)自動車が14日、会計監査を担当するサムジョン会計法人から「監査意見拒否」を受けた。2四半期連続だ。これを受け、管理銘柄に指定された双龍車は18日に取引が停止された後、19日から取引が再開される。管理銘柄指定は2009年の企業回生手続き(旧法定管理)以来11年ぶりとなる。拒否の理由は累積赤字のため企業の連続性が不確かだからだ。双龍車は2017年1-3月期以降14期連続で赤字を出し、この期間の累積赤字は6271億ウォン(約560億円)にのぼる。

双龍車の将来は大きく3つのシナリオに圧縮される。▼大株主のマヒンドラが望むように新しい投資家が現れて突破口を開く▼政府が介入して双龍車株を取得して目の前の問題を解消する▼また法定管理に入る--ということだ。

これに先立ち双龍車の大株主マヒンドラは持ち株比率(74.75%)を低めて新しい投資家を見つけることにしたが、まだ新しい投資家は決まっていない。グローバル会計法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が先月出した報告書によると、今年上半期の自動車産業の買収・合併金額は前年同期比54%減少した。エコカーなど未来型自動車に対する投資金を確保するために各企業が緊縮に入っているのが実情だ。

また、マヒンドラが双龍車株を減らせば、直ちに外国系銀行からの借入金約2000億ウォン(約180億円)を返さなければならない点も、新しい投資家探しの障害として作用している。外国系銀行の借入金にはマヒンドラが双龍車株51%を超過して維持する場合という条件が付いている。

産業銀行など政府の支援も難しい。監査人の意見のように「いま支援しても長く持ちこたえることはできない」という見方が多いからだ。韓国自動車研究院のイ・ハング研究委員は「下半期には双龍車よりも売り上げが多い部品企業の問題が出てくるはず」とし「政府の支援はここに向かう可能性が高い」と述べた。

労働界では「双龍車の国有化」の話が出ている。しかし産業銀行などはこうした可能性について始終一貫して否定している。

このままだと法定管理手続きに入るしかない。この場合、経営正常化のためのリストラが避けられないが、労働組合の抵抗で難航が予想される。匿名を求めた業界関係者は「新しい投資家を見つけるにしても、法定管理に入るにしても、生き残るためには人員を削減しなければいけないが、双龍車はストライキ(2009年)による傷がまだ残っていて、まさにジレンマの状況」と話した。

https://japanese.joins.com/JArticle/269282?servcode=300

4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ひふみ
2020年8月18日 12:01

自動車産業のすそ野は広い。連鎖連鎖で中小まで倒産だな。でも大丈夫。ムンちゃん雇用政策があるから職はすぐに見つかるさ。
不当解雇?不当?会社無くなるんだから不当でも何でもない。
ストとかデモとか行っても何にもならんことを理解できないんだな。

迎恩門
2020年8月19日 03:30

韓国GMの群山工場(従業員数は約2000人ほど)が閉鎖された時でも揉めに揉めましたからね。文在寅は大統領選挙の時この工場を訪れて「工場の閉鎖は絶対に阻止するニダ!」とドヤ顔で言明してました。結果はご承知の通りですがw
双竜自動車の総従業員数は約5000人。そして動画の暴力争議を主導した一人のハン・サンギュンも職場復帰しています。彼のバックにいる民主労総も文政権とズブズブだった上層部が先月総退陣して強硬派が主導権を掌握。
会社を清算するにしても政府主導で救済するにしても、余剰人員削減は確定事項なので暴力争議第2ラウンドは確定ですね。

ナナッシング
2020年8月18日 17:07

労組が工場を焼き討ちして略奪するような会社を誰が投資するのかと
むしろマヒンドラがよく投資したと思うわ、まあ韓国の事を知らなかったんだな
実態が分かった以上世界中で双竜に投資するバカはおらんわな
霊的に生まれ変わらないと滅んで逝くのみだ

治部少輔
2020年8月18日 17:22

ストライキ動画拝見しました、
映画『AKIRA』のネオ東京の暴動シーンかと思いました。

4
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x