韓国社会、【韓国に対する愛はないのか】 安倍首相を一斉非難 「韓国を無視した」


記事要約:まあ、予想はしていたのだが、昨日、安倍総理の施政方針演説で韓国に対して何も言及しなかったことに早速、韓国メディアが火病している。

韓国側を刺激することを避けたとか、愚かな分析を述べているが、日本は既に韓国は戦略的放置である。そして、昨日、河野外相は戦略的利益を共有する国に含めなかった。これから死ぬまで殴り続ける相手に言及する理由なんてない。

2月8日の回答期限まで残り10日ぐらいだぞ。いつまで日本を待たせるのだ。まさか、このまま回答しないなんてことはないよな。決めるなんて数日あればできるだろう。さっさと徴用工問題を韓国政府はどうするか決めてもらいたい。

しかし、構えば逆ギレ。構わなければ韓国への愛はないのかと火病する。本当、鬱陶しい国だな。だから、そういうのも全て国交断絶すればなくなる。もはや、約束を守らない国家とかではないな。記憶から完全に抹消したい国へとランクアップするんじゃないか。

> 聯合ニュースはこの日の演説で「中東やアフリカにも言及したのに最も近い韓国には触れなかった」と指摘した。 

地図上では最も近い「隣国」だが、実際は「宇宙より遠い場所」のような関係だぞ。さて、読者様は宇宙より遠い場所とはどこのことかご存じだろうか。実はこれ「南極」のことなんだよな。

宇宙ファンならどうして宇宙より南極か遠い場所なのかをご存じだろうと思うが、一応、解説しておくと、これは元宇宙飛行士の毛利さんの言葉なのだ。毛利さんは2007年に昭和基地に招待されたときにこんな言葉を述べている。

「宇宙には数分でたどり着けるが、昭和基地には何日もかかる。宇宙よりも遠いですね」と。

今の日韓関係はまさにそれだな。宇宙よりも遠い関係。

この記事に対する旧サイトのコメント(17)

韓国経済、【韓国に対する愛はないのか】 安倍首相を一斉非難 「韓国を無視した」

安倍晋三首相が施政方針演説で韓国との2国間関係に言及しなかったことについて、主要韓国メディアは一斉に「意図的な無視戦略」(京郷新聞)などと報じた。 

批判的な論調が目立ったが、韓国側を刺激することを避けたのではないかとの分析も出た。 

安倍首相は2012年の再就任以降、表現の変化はあったものの、施政方針演説では毎回韓国との協力関係について触れてきた。 

聯合ニュースはこの日の演説で「中東やアフリカにも言及したのに最も近い韓国には触れなかった」と指摘した。 

(https://this.kiji.is/462596047311815777?c=39546741839462401)

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x