日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【ジャンク債】韓国自動車部品メーカー3365社の格付け、94%は「投資不適格」

韓国経済、【ジャンク債】韓国自動車部品メーカー3365社の格付け、94%は「投資不適格」

記事要約:新サイトに移行して、韓国経済というか、経済に強い読者様がたくさんおられるので、管理人は今更、投資適格、不適格の基準について解説する必要性あるか迷ったのだが、あくまでもこのサイトは初心者さんも韓国経済を楽しんで貰えるように心がけている。だから、簡単な説明はしておこう。

たまにサイトでも格付け会社が韓国や韓国企業の格付けをどう評価するかを紹介するのだが、投資不適格というのはいわゆる「ジャンク債」と呼ばれる。ジャンクの意味はがらくた、くだらないものなど。つまり、ジャンク債とは投資に適さない債券ということだ。

これは要するに危険な債券と意味合いでとっていい。信用力が低く、元本の償還や利息が不確実で買っても損する可能性が極めて高い。ただ、ハイリスクであるために、ハイリターンでもある。

具体的に格付け会社が決める格付けによって決まるのだが、ムーディーズや、S&Pなどは、Ba以下やBB以下と格付けされた債券のことだ。つまり、債券は大きく分けて、投資適格と投資不適格と二種類に分別されている。そして、一般人はジャンク債を買うのをオススメしない。なぜなら、リスクが高いからだ。

では、解説も済んだので記事に戻る。韓国自動車部品メーカー3365社の格付け、94%は「投資不適格」という。つまり、94%がジャンク債。危険な債券と格付け会社が決めたことになる。こういう格付けが来るとこれらのジャンク債を購入するのを避けるので金が集まらない。よって連鎖倒産していくわけだ。しかも、格付けが低いという理由だけで銀行も融資してくれない。

特に新型コロナウイルスで工場も中断。輸出も激減なら部品メーカーはどうしようもない。昨日も、韓国自動車部品メーカーを救うには2.8兆円を支援しろという要請があったが、そういうことだ。

>年商700億ウォン台の自動車部品メーカーJ社は最近、国策銀行に融資を断られた。銀行側はJ社の信用格付けが「ダブルBマイナス」であることを挙げ、追加融資はできないと説明した。J社は今年返済期限を迎える80億ウォン(約7億円)の融資も返済を迫られる。しかし、返済に充てる資金どころか運転資金も足りない。現代自動車から新車部品を受注できれば持ちこたえられるが、それには80億ウォンの設備投資が必要だ。今回融資を得られなかったことで資金難の悪循環に陥った。

今年、返済期限ならかろうじてなんとかなるんじゃないか。しかも、融資を国策銀行から断れると。これは旧サイトで述べたことが、銀行というのは、借金で首が回らない企業にはもの凄く冷たい。それが国策でもそういうことだ。さらに、運営資金すらないと。新車部品受注には設備投資がいる。詰んでますね。

>韓国の基幹産業である自動車産業を支えている部品業界が危機を迎えている。THAAD問題と人件費上昇による経営難で、可能な限りの担保を差し入れ、融資を受けて持ちこたえているが、コロナ事態まで重なり、資金源は断たれてしまった。韓国自動車産業協会によると、国内の自動車部品メーカー3365社のうち94社は信用格付けが「ダブルB」以下の投資不適格レベルだった。ダブルBより低い「シングルB」のメーカーだけで84%(2836社)を占めた。協会関係者は「政府が最近設定した特別金融支援(P-CBO、中小企業特別融資)もダブルBの格付けでようやく融資を受けられる。一部の大手部品メーカーを除く大半は担保や保証がなければ融資を利用できない状況だ」と指摘した。

少し長文となっているが、どれも重要なので読んで欲しい。そもそも、韓国のTHADD配備と最低賃金上昇のダブルコンボで死にかけていたのを担保を差し入れて融資して食いつないできた。これは昨年末までの状況だ。だが、そこに新型コロナウイルス【武漢肺炎】がトドメを刺した。

格付けがジャンク債より上であれば融資は受けられるが、ジャンク債だと駄目。この明確な線引きで自動車部品メーカーは連鎖倒産の危機と。それで間接的に180万の雇用があるそうだ。今、一時休業者合わせて失業者277万人だったか。良かったな。さらに180万追加されると。

韓国経済、【ジャンク債】韓国自動車部品メーカー3365社の格付け、94%は「投資不適格」

年商700億ウォン台の自動車部品メーカーJ社は最近、国策銀行に融資を断られた。銀行側はJ社の信用格付けが「ダブルBマイナス」であることを挙げ、追加融資はできないと説明した。J社は今年返済期限を迎える80億ウォン(約7億円)の融資も返済を迫られる。しかし、返済に充てる資金どころか運転資金も足りない。現代自動車から新車部品を受注できれば持ちこたえられるが、それには80億ウォンの設備投資が必要だ。今回融資を得られなかったことで資金難の悪循環に陥った。

 一時売上高が1000億ウォンを超えていたJ社は、2016年に韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対し、中国が報復に出て、現代自の業績が悪化したとの同時に経営が傾いた。最近3年間に最低賃金が33%上昇し、今年は新型コロナウイルスの影響まで重なった。J社関係者は「韓国政府の100兆ウォン金融パッケージは自社のような中小企業には絵に描いた餅だ。いくらアイデアを絞り出しても答えが見つからない」と話した。

 韓国の基幹産業である自動車産業を支えている部品業界が危機を迎えている。THAAD問題と人件費上昇による経営難で、可能な限りの担保を差し入れ、融資を受けて持ちこたえているが、コロナ事態まで重なり、資金源は断たれてしまった。韓国自動車産業協会によると、国内の自動車部品メーカー3365社のうち94社は信用格付けが「ダブルB」以下の投資不適格レベルだった。ダブルBより低い「シングルB」のメーカーだけで84%(2836社)を占めた。協会関係者は「政府が最近設定した特別金融支援(P-CBO、中小企業特別融資)もダブルBの格付けでようやく融資を受けられる。一部の大手部品メーカーを除く大半は担保や保証がなければ融資を利用できない状況だ」と指摘した。

 産業への波及効果が大きい自動車産業の根底が揺らぐ懸念は高まる一方だ。自動車産業は直接、間接的に180万人を雇用する代表的な基幹産業だ。

http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020042280010

>
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

韓国経済は大丈夫 (@guest_630)
2020年4月22日 11:59

>94%は「投資不適格」

驚きの数字だね
でも大丈夫、ハイイールド債として高利回を謳い文句に投資を集めればいい
すぐ騙される民族だから大人気になるよ

ももちゃん (@guest_636)
2020年4月22日 13:45

> 韓国自動車産業協会によると、国内の自動車部品メーカー3365社のうち94社は信用格付けが「ダブルB」以下の投資不適格レベルだった。ダブルBより低い「シングルB」のメーカーだけで84%(2836社)を占めた。

文面上は94%ではなく94社とありますね。なので94%ではなく84%が正解ですかね?
ま、ほぼほぼ投資不適格レベルなのには変わりありませんがw

誤字はお約束 (@guest_638)
2020年4月22日 14:39

文脈から判断すると、本文中、
誤:94社
正:94%
ですね

ももちゃん (@guest_640)
2020年4月22日 15:10

ご返信ありがとうございます。
たしかに!

そもそも、彼の国そのものが誤記でしたね・・

オバマ (@guest_632)
2020年4月22日 12:53

韓国の自動車生産近い将来、150~200万台に半減し、雇用も100万人を切るでしょう。
残念だが韓国車は必要ないので!

>
5
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ