大宇造船が日INPEX「豪の海上プラントに瑕疵、9億7000万ドル賠償せよ」ーTHAAD「3不」維持要求を拒否!


韓国造船といえば先日、韓国のビッグ3、現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋が世界一の受注実績を自慢するも、利益を度外視した低価格出血競争、いわゆる「ダンピング」ばかりして赤字続きだということを紹介した。

しかも、数兆円の韓国政府から支援を受けていて、大宇造船海洋は下請けが51日間のストライキまでやって数百億円の損失を拡大させていた。さらに、ここに日INPEXから9億7000万ドルの賠償請求が来た。もちろん、ビッグ3の1つである大宇造船海洋にだ。日本円で約1310億円だ。ここでおさらいしておこう。

第1四半期に4701億ウォン(約470億円)の営業損失を出した大宇造船海洋の第2四半期実績は、霧の中だ。市場では当初、大宇造船が今年第1四半期より大幅に改善された750億ウォン(約75億円)程度の営業損失を出すものと推定した。だが、51日間にわたる下請け労組のストライキで8165億ウォン(約816億円)に達する売上損失を被り、これより実績がさらに悪化したとみられる。

75億円+816億円=891億円。これに今回の1310億円をどーんと足すといくらになるか。891億円+1310億円=2201億円である。もう、倒産確定レベルですよね?また、韓国政府は救うのか?このゾンビ企業を。しかも、今回の内容を見たらもっと酷い。

INPEXは大宇造船海洋が2017年にオーストラリア海上に設置したFPSOで生産準備が遅れ、設備に瑕疵(かし)があるとして、オーストラリア現地法人を通じて大宇造船海洋に約9億7000万ドル(約1310億円)規模の損害賠償を請求した。

なんと仕事もできない上に、設備に瑕疵まであるそうだ。瑕疵の意味は不具合や不良品、欠陥とかそんな感じの意味だ。瑕疵については書いてないが、生産準備が遅れているのは大宇造船海洋の責任だよな。FPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)という。もちろん、よくわからない用語なので意味を調べておく。東洋エンジニアリングサイトの説明を引用しておく。

FPSOは、海底油田からの生産流体から水・ガスを分離して原油を生産します。併産された随伴ガスは、船上のガスタービン発電に使用する他、圧縮機で昇圧され、原油の回収効率を上げるために、水と同様に再度海底油田へ注入します。近くに海底パイプラインがある場合には、そこに接続され陸上に送られて発電所などで使用される場合もあります。


FPSOは陸上のプラントと異なり、その基盤が揺れることが設計の前提条件の一つとなります。また、船上設備となるモジュールの設計・建設はFPSOプロジェクトに特有な、設置スペースの制約や軽量化の追求、超重量物であるモジュールを船上に吊上げる際の歪み等、設計条件を考慮しながら3次元CADを駆使して進められます。また、モジュールは各ブロック単位で陸上にて製作されるので、船体の建造や改造と並行して工事することが可能であり、スケジュールの短縮が図れる利点もあります。

https://www.toyo-eng.com/jp/ja/solution/fpso/

これでサイトの読者さんや、視聴者さんがに意味がわかったらいいのだが、管理人は専門的すぎてよくわからない。石油やガス生産する設備と。でも、それの工事遅延させて、さらに工事未完了という。おいおい、世界一の受注実績といいながら、大宇造船海洋は請け負った仕事もまともにできないのかよ。

それで大宇造船海洋はどう反論しているか。

大宇造船海洋は「INPEXの主張はほとんど根拠がなく、金額が過度に誇張されている」としている。ただし、大宇造船海洋はINPEXプロジェクト関連リスクを総合的に判断し、会計上予想される損失金額を既に計上してあると明らかにした。だが、現帳簿に反映されている具体的な金額は公表していない。

はあ?主張にほとんど根拠がない?金額が過度に誇張されている?なのに、会計上予想される損失金額を既に計上してある?おいおい、言っていることが「矛盾」しているだろう。根拠ないなら損失は発生しないんじゃないのか?これは大宇造船海洋が100%悪そうだな。金額はともかく思い当たることは色々あると。これは、次の決算が楽しみですね。いくら損失を見積もっているのか。相手は1310億円と計算しているのだが。

INPEXのFPSOは2012年3月に契約され、大宇造船海洋が約5年間にわたり工事した後、2017年7月に慶尚南道巨済市の玉浦造船所を離れ、2019年6月にオーストラリア現地で生産の準備を終えて引き渡された。現在は液化天然ガス(LNG)、液化石油ガス(LPG)、コンデンセート(condensate)を生産している。

韓国企業なんかに仕事を任せるINPEXもコリアリスクを甘く見ていると思う。ダンピングしまくって勝手に倒産寸前で、国民に食べさせてもらって仕事もしないで、社員がストライキしているような企業だぞ。そんなところに仕事を依頼するなんてリスク管理から株主から突っ込まれるんじゃないか。管理人が株主なら確実に突っ込むぞ。

大宇造船海洋は「該当の設備は契約上要求される完了日内に玉浦造船所出港および生産のための準備が完了し、契約履行中に発生した契約事項の変更などに関する追加費用も注文主であるINPEX側の承認を受けて代金を受領した」「INPEXが請求したクレームは契約上、大宇造船海洋が責任を負わなければならない範囲を超えた事項だ」としている。

こういう主張をする韓国側のいうことは大抵嘘しかつかない。14年、色々な韓国企業の訴訟を見てきたが、どれも嘘だらけだった。多少減額されることはあっても、韓国企業が金を払うことになるのは言うまでもない。以前にサムスン電子とアップルが激しくやり合ったよな。

スマートフォンのデザイン特許に関して7年ぐらい訴訟していて、サムスン電子は米アップルに莫大な賠償金を支払うことになった。一応、和解で済んだのだが、最終的にどれだけの金をサムスン電子が払ったかまでは出てこない。とりあえず、5億9000万ドルとか、追加で1億4000万ドルとか。そういうのは出てくる。

大宇造船海洋も裁判で争うならそうなると。日本の企業が根拠のない主張をすることはあり得ないからな。

「INPEXが請求したクレームは契約上、大宇造船海洋が責任を負わなければならない範囲を超えた事項だ」としている。また、「会社に与える財務的な影響を最小化し、当社の契約上、残金回収のための仲裁手続きに積極的に対応していく予定だ」として、円満な解決(commercial settle)のためにも努力を続けていくと明らかにした。

このように述べているが、円満解決する金はあるんですか?それがなくても、もう891億円ぐいらいの赤字ですよね?訴訟がどうなるかは今後の韓国経済ニュースで取り上げる話題ではある。賠償金額が1310億円と大きいからな。支援がなければ確実に大宇造船海洋が破綻しそうなぐらい。

さて、今日はもう一つニュースを紹介する。昨日、韓国がチップ4同盟に参加するかどうかで、中国に韓国外相が「踏み絵」のために呼び出されたわけだが、もう一つ、踏み絵といえば、「三不+1限」がある。管理人が中韓関係を見ていく上で重要なワードとして、THAAD配備の時に結ばれた三不+1限についてが今回のニュース。

THAAD「3不」は、韓国政府がTHAADを追加配備せず、米ミサイル防衛(MD)システムに参加せず、韓米日3国軍事同盟を結ばないというものだ。これに「現有のTHAADシステムの使用に関しては、中国の戦略的安全性の利益を損なわないよう、制限を設けなくてはならない」が1限。では、概要をどうぞ。

尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権は文在寅(ムン・ジェイン)政権時代の「THAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)3不」の約束を継承しなければならないという中国外務省の主張に対して、駐中国韓国大使館関係者が「約束ではない」と反論した。

相変わらずだよな。韓国さん。三不を約束して中国に経済制裁を解いてもらったんだろう。それを今更、約束ではないとか、また同じ主張かよ。韓国が約束ではないと反論しても、中国は約束を守れと述べている。

匿名を求めた同関係者は5日、北京で記者団の取材に応じ、中国のTHAAD「3不」政策維持の要請と関連して、「すでに前(文在寅)政権でも、交渉首席代表と政府報道官がTHAAD『3不』は約束ではないと明らかにした」と述べた。

このように述べているが、今回の訪中で、再度、3不を約束させられるんですよね?わかります。わかります。管理人はエスパーではないが、ユン氏の政権が脱中国依存しようとしても、中国がそれを許すはずがないんだよな。

中国外務省の趙立堅報道官は先月27日、定例会見で、「新たな官吏(指導者)は、過去の帳簿に背を向けることはできない。いかなる国も対外政策の基本的連続性と安定性を維持しなければならない」とし、THAAD「3不」政策の維持を求めた。

ですよね?韓国さん。いくら韓国が3不は約束事ではないと述べても、相手が約束だと言ってるのだから守らないときついお仕置きが待ってますよ?でも、ユン氏はTHAADの追加配備を公約にしてませんでしたけ?今のところ、追加配備したとか聞いたことないですが。もう、支持率24%じゃ何もできないだろうけどな。

管理人は三不については中韓の問題なので余り突っ込まないが、一般常識として約束は守るべきだ。もちろん、それは日本との約束もそうだ。徴用工問題や日韓慰安婦合意とかで合意違反が色々あるよな。

でも、24%の最低支持率を回復させる方法として、日本企業の資産の「現金化」すれば支持率20%上昇は固いよな。それでも、44%か。ダメじゃん。

大宇造船海洋は、日本のエネルギー企業INPEX(インペックス)から浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)工程遅延と工事未完了に対する損害賠償請求をされたとして、当該事件に対する仲裁申請が国際刑事裁判所(ICC)に受理されたと5日、公示した。

 INPEXは大宇造船海洋が2017年にオーストラリア海上に設置したFPSOで生産準備が遅れ、設備に瑕疵(かし)があるとして、オーストラリア現地法人を通じて大宇造船海洋に約9億7000万ドル(約1310億円)規模の損害賠償を請求した。

大宇造船海洋は「INPEXの主張はほとんど根拠がなく、金額が過度に誇張されている」としている。ただし、大宇造船海洋はINPEXプロジェクト関連リスクを総合的に判断し、会計上予想される損失金額を既に計上してあると明らかにした。だが、現帳簿に反映されている具体的な金額は公表していない。

 INPEXのFPSOは2012年3月に契約され、大宇造船海洋が約5年間にわたり工事した後、2017年7月に慶尚南道巨済市の玉浦造船所を離れ、2019年6月にオーストラリア現地で生産の準備を終えて引き渡された。現在は液化天然ガス(LNG)、液化石油ガス(LPG)、コンデンセート(condensate)を生産している。

 大宇造船海洋は「該当の設備は契約上要求される完了日内に玉浦造船所出港および生産のための準備が完了し、契約履行中に発生した契約事項の変更などに関する追加費用も注文主であるINPEX側の承認を受けて代金を受領した」「INPEXが請求したクレームは契約上、大宇造船海洋が責任を負わなければならない範囲を超えた事項だ」としている。また、「会社に与える財務的な影響を最小化し、当社の契約上、残金回収のための仲裁手続きに積極的に対応していく予定だ」として、円満な解決(commercial settle)のためにも努力を続けていくと明らかにした。

https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/08/06/2022080680001.html?ent_rank_news

尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権は文在寅(ムン・ジェイン)政権時代の「THAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)3不」の約束を継承しなければならないという中国外務省の主張に対して、駐中国韓国大使館関係者が「約束ではない」と反論した。

匿名を求めた同関係者は5日、北京で記者団の取材に応じ、中国のTHAAD「3不」政策維持の要請と関連して、「すでに前(文在寅)政権でも、交渉首席代表と政府報道官がTHAAD『3不』は約束ではないと明らかにした」と述べた。

中国外務省の趙立堅報道官は先月27日、定例会見で、「新たな官吏(指導者)は、過去の帳簿に背を向けることはできない。いかなる国も対外政策の基本的連続性と安定性を維持しなければならない」とし、THAAD「3不」政策の維持を求めた。

同関係者はこれに対しても、「新政権が扱わなければならない昔の帳簿が存在するのか問い得る」と指摘した。趙氏が言及した「過去の帳簿」存在自体を否定することで、THAAD「3不」が尹政権が守らなければならない約束や合意ではないと強調したのだ。

THAAD「3不」は、韓国政府がTHAADを追加配備せず、米ミサイル防衛(MD)システムに参加せず、韓米日3国軍事同盟を結ばないという内容だ。在韓米軍のTHAAD配備に対して中国が「限韓令(韓流制限令)」で報復して圧力をかけたことを受け、2017年10月に文政権が明らかにした。

https://www.donga.com/jp/home/article/all/20220806/3556804/1

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ライダイハン
2022年8月7日 16:43

PR Timesというサイトに「FPSO(Floating Production Storage and Offloading)は浮体式の船舶で、オフショアの石油・ガス産業で炭化水素の製造や処理、石油の貯蔵などに利用されています。FPSOは、自社で製造した炭化水素を、近くの海底テンプレートやプラットフォームから取り込んで処理し、油を貯蔵してタンカーに荷揚げしたり、パイプラインで輸送したりすることができるように設計されています。FPSOは、設置が非常に簡単で、石油を輸出するための地元のパイプライン輸送を必要としないため、フロンティア・オフショア地域で好んで使用されている」との説明がある。FPSOは、IHIマリンユナイテッドが世界で最初に建設し(2004年引き渡し)、サムスンや大宇が、タンカーなら作れる煮だと安易に引き受けた挙句、何度も設計変更を繰り返し、納期が遅れ、機能も不完全だった模様。さすが、艦対地ミサイルを搭載した超攻撃型イージス艦などを平然と作る国だね。
月曜日から、中ゴキに呼び出された外相が、何を約束させられるかが楽しみ。これで、韓国のIPEFやチップ4への不参加が、正式に表明されることになるのか?株価やウォン相場にも大きく影響しそう。

酔って候
2022年8月7日 18:00

> 新政権が扱わなければならない昔の帳簿が存在するのか問い得る

前政権が扱わなければならなかった帳簿が存在すれば、新政権にも引き継がれるのです。わかるかなぁ? わかんねえだろうなぁ…

限韓令を再度発動するぞ、と宗主国様から威嚇され、3不+1限は、共同声明に盛り込まれたりして。

Last edited 4 months ago by 酔って候
2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x