韓国国債 今後のビッグステップ… 韓国国債10年物金利8年で最高-何故、国債金利の急騰を警戒しなければいけないのか


韓国国債 5月3日、4日にFOMCが開催されるわけだが、その前に韓国国債金利が上昇しているというのが今回のニュース。特に韓国の 3年満期国債の金利が3%を再び突破している。今回の記事は韓国語のGoogle翻訳なのでわかりにくいのだが、要点を整理していこう。

■記事の要点

1.2日、ソウル債券市場で国庫債3年物金利は12.8bp(1bp=0.01%ポイント)上がった3.086%に締め切られた。3年物金利が3%を再び突破したのは先月13日(3.001%)以降初めてだ。

2.5年物金利は13.9bp上がった3.311%で、2014年1月3日(3.323%)以降8年5カ月ぶりに最高水準まで上がった。

3.10年以上の金利は軟膏店を改めて更新した。10年物金利は13.8bp上がった3.38%を記録した。2014年6月9日(3.380%)以降、7年10ヶ月ぶりに肩を並べた。

4.この日、国庫債金利が一斉に大きく急騰したのは3~4日(現地時間)開かれる米FOMCに対する不安な見通しだ。米国物価や雇用など各種指標は米連邦のビッグステップ(基準金利0.5%ポイント引き上げ)に力を与えている。

5.市場では今月米連盟の「ビッグステップ」が事実上決定されたものと展望する中、来月FOMCでは0.75%ポイント引き上げる「ジャイアントステップ」の可能性も提起されている。

6.この場合、今月米基準金利は0.75~1.00%と高くなり、来月ジャイアントステップがなされれば国内基準金利(1.5%)を逆転する1.5~1.75%水準に達する。

以上の6つだ。1から3に関連して、なぜ、国債金利の上昇を警戒しなければいけないかを解説する。

最初に1だ。金利が上がる理由は後に出てくるが、問題は短期金利と長期金利の金利差が縮小しているてことだ。一般的に金利というのは運用機関が長期になる国債の方が金利が高い。これは簡単な話だ。3年満期と10年満期では預けている時間が異なるためだ。仮に3年と10年が同じ金利なら、誰だって3年という短い期間の国債を購入しようとするだろう。

ところが、3年物金利が3.086%と再び3%台に上昇した。さらに2で、5年物金利は3.311%。3で、10年物金利が3.38%となった。長期金利が上がれば上がるほど、国債は不人気ということで、いずれ国債価格が暴落する。今の韓国は国債価格が暴落する危機に直面しているわけだ。

これをもう少しわかりやすく解説すると、市場では金利と国債価格は逆の動きをする。言い換えれば、金利が低いほど国債価格は安定することになる。まだ、難しい?そうだな。自分が国債買うときをイメージするとわかりやすいか。

例えば、金利2.5%のときに3年物国債が発行されて購入したら、半年後には3年物国債が金利3%で発行されていた。自分はどっちを買うかということだ。もちろん、後者の方が人気になる。

ここで問題となるのは、市場では古い3年物国債も、新しい3年物国債が発行されても取引されているてことだ。同じ国債価格なのに金利が異なるので、後者が買われる。

低い金利の時に発行された国債は売れない。なら、それを売るためにはどうすればいいか。国債価格を下げるしかないてことだ。すると、国債を大量保有している銀行などは資産価値が減少する。なら、それを防ぐにはどうするのか。国債を先に売ってしまうわけだ。

国債が大量に売られたら、それを察知した他の市場関係者も国債を売り出す。なぜなら、資産価値が減少する恐れがあるから。でも、売れない場合は国債の価格を低くしてても売ろうとする。スーパーなどの値引きと同じだ。こうなると国債価格は暴落する。

国債価格が暴落すれば大量保有している銀行の資産価値が減少するので、これがBIS規制などに関わってくる。「国際業務を行う銀行の自己資本比率は、8%を超えていなくてはならない」という国際統一基準がある。

つまり、安定した資産である国債を大量購入している銀行にとって国債価格の暴落はとんでもないリスクを背負うことになる。ただ、これはバーゼルⅢの範囲なのでまだ確定しているわけではない。

ここがかなりややこしいのだが、2023年3月期から適用となる。仮にバーゼルⅢが適用されたら、銀行が市場での取引についてトレーディング・リスクを算入しなければならなくなる。つまり、銀行が保有している国債もリスク資産と見なされたり、住宅ローンや、企業への貸付などもそれに含まれる。

こうなってくると、銀行は自己資本比率を国債リスク分と同等に高める必要がある。なぜなら、バーゼル基準に違反するからだ。でも、全ての銀行が自己資本比率高めることは難しい。なら、逆に国債そのものを市場に売ってしまえば、リスク資産が減少する。でも、そうなれば長期金利が上がり、国債価格が暴落してしまう。

何で、管理人がまだ決まってもいないことについて述べているのかというと、実は3年物国債を今、買えば、償還時は2022年の5月から3年後となるので、2025年5月となる。つまり、バーゼルⅢがとっくに適用されているのだ。だから、銀行にとっては決して未来の話ではないだ。

韓国は赤字国債を大量に発行して財政赤字を埋めているが、将来において、それが韓国の銀行において資産リスクを計上させることになる。もちろん、これは日本の銀行でも同じことがいえる。だから、国債金利上昇のニュースは金融危機を続発しかねないことになる。

今はまだ芽の段階であるのだが、米国の利上げによって、韓国の国債金利が確実に上昇しているのは明白。それで、1から3について解説していたら全く進んでなかった。

次に4と5であるが、金利が上がる理由は米国の利上げが0.5%なのか、または、0.75%なのかの判断に分かれているから。最後に6だが、0.75%も引き上げたら、国内基準金利(1.5%)を逆転するてことだ。

キム・ジュニョン興国証券研究員は「もし3回連続してビッグステップを断行すれば、年末まで米国基準金利が2.75%まで可能で、75bp(巨人ステップ)の引き上げが一度でもあれば年末に3.00%になる」とし「これを考慮すれば、米国債金利水準は現在よりも高くなければならない」と予想した。

これもな。0.5%が3回ずつなんてあり得るのか。管理人は半信半疑なのだが、仮に断交するなら、韓国経済は超ピンチだと思われる。現時点ではそれしか言い様がない。ピンチの理由はあまりにも多すぎて書き切れない。以前の動画を参照してほしい。それで、もう一つ金利があがっている理由がある。

政府が今月14兆5000億ウォン規模で国庫債発行に乗り出す点も一部市場に需給負担として作用する見通しだ。この日、国庫債30年物入札で4兆2390億ウォンが年3.290%金利に落札された。3日には3年物(2兆5000億ウォン)、4日には2年物(1兆1000億ウォン)などが入札を控えている。

韓国政府は財政赤字を補うため、赤字国債を14兆5000億ウォン規模で発行したことも関連していると。というより、30年物入札で年3.29%というのは安くないか?まあ、今の30年物が3.28%なので、少し上がっているのか。

指標金利である3年満期国庫債金利が再び3%を突破し、10年物金利は軟膏店を更新するなど、国内債券市場が揺れている。米国連邦準備制度(FED)の連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて米国債金利が上昇した影響で解決される。外国為替市場も中国のコロナ19拡散傾向に注目し、ボラティリティを高めた。

2日、ソウル債券市場で国庫債3年物金利は12.8bp(1bp=0.01%ポイント)上がった3.086%に締め切られた。3年物金利が3%を再び突破したのは先月13日(3.001%)以降初めてだ。5年物金利は13.9bp上がった3.311%で、2014年1月3日(3.323%)以降8年5カ月ぶりに最高水準まで上がった。10年以上の金利は軟膏店を改めて更新した。10年物金利は13.8bp上がった3.38%を記録した。2014年6月9日(3.380%)以降、7年10ヶ月ぶりに肩を並べた。20年物と30年物はそれぞれ12.3bp、11.7bp上がった3.354%、3.280%を記録した。

この日、国庫債金利が一斉に大きく急騰したのは3~4日(現地時間)開かれる米FOMCに対する不安な見通しだ。米国物価や雇用など各種指標は米連邦のビッグステップ(基準金利0.5%ポイント引き上げ)に力を与えている。

先月29日に出た3月の個人消費支出(PCE)指標は前年同月比6.6%上昇した。1982年1月(6.9%)以降、40年2カ月ぶりに最高値だ。第1四半期の雇用費用指数(ECI)は前四半期比1.4%上昇し、市場の予想値を上回った。雇用費用指数は昨年第4四半期に1.0%増加したのに続き、今年第1四半期にさらに上昇し、賃金上昇圧力が相変わらずであることを示した。

カン・スンウォンNH投資証券研究員は「米連준が最も恐れているのが賃金引き上げによる物価上昇だが、4月のデータではないがFOMCを控えて雇用費用指数が高く上がったことで出て緊縮のスピードを高める方にさらに固まった」と明らかにした。 。

市場では今月米連盟の「ビッグステップ」が事実上決定されたものと展望する中、来月FOMCでは0.75%ポイント引き上げる「ジャイアントステップ」の可能性も提起されている。

この場合、今月米基準金利は0.75~1.00%と高くなり、来月ジャイアントステップがなされれば国内基準金利(1.5%)を逆転する1.5~1.75%水準に達する。

キム・ジュニョン興国証券研究員は「もし3回連続してビッグステップを断行すれば、年末まで米国基準金利が2.75%まで可能で、75bp(巨人ステップ)の引き上げが一度でもあれば年末に3.00%になる」とし「これを考慮すれば、米国債金利水準は現在よりも高くなければならない」と予想した。

政府が今月14兆5000億ウォン規模で国庫債発行に乗り出す点も一部市場に需給負担として作用する見通しだ。この日、国庫債30年物入札で4兆2390億ウォンが年3.290%金利に落札された。3日には3年物(2兆5000億ウォン)、4日には2年物(1兆1000億ウォン)などが入札を控えている。

一方、この日ドル当たりのウォン値は前営業日終値(1255.9ウォン)対比9.2ウォン下落した1265.1ウォンで締め切った。

外国為替市場は人民元の弱気の影響を強く受けた。香港駅外市場でドル対人民元価格はこの日午後3時30分基準6.67元で取引され、前取引日より1%近く下落した。中国北京で新規感染者がさらに発生し、都市封鎖が長くなる可能性があるという懸念に慰安化値が下落傾向を続けた。

ミンギョンウォンウリ銀行エコノミストは「コロナ19の拡散を防ぐための中国当局の都市封鎖措置で人民元の価値が急落している」とし「人民元の弱さがドル強勢をあおってウォンを含むアジア通貨の弱さにつながっている」と分析した。

https://www.mk.co.kr/news/economy/view/2022/05/390164/
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x