原油代金70億ドル イラン有力紙「韓国船舶のホルムズ海峡通行遮断」を主張 韓国外交部が抗議


原油代金70億ドル もう、あれから一年以上が経つのか。昨年の1月にホルムズ海峡近くを運行していた韓国国籍の石油タンカーがイランに拿捕されて、韓国人の船長を始め、韓国人が複数人質となった。

その理由は海洋汚染がどうとかの話だったが、世界中の誰もがそんな話を信じてなくて、韓国が韓国口座に眠るイランへの原油代金70億ドルの資金を返すように脅迫していたことが明白だった。それから、一応、イラン側は手を引いて船長や乗組員は解放されたが、原油代金は返還されなかった。

そこからコロナ禍で、イランが韓国のワクチンを代わりに提供しろと要請したら、韓国は救急車にしろとか、勝手なことを言いだし、挙げ句の果ては余っているマスクを数千枚送りつけて感謝しろという。それでますますイランの人々を怒らせていたが、韓国はアメリカのイラン制裁を理由に韓国の銀行口座にある原油代金70億ドルを未だにイランへ返していない。

しかし、今年に入って欧米とイランとの核合意交渉に進展があり、これが妥結されたら、韓国銀行の口座にある70億ドルの凍結も解除される協定となっている。既に過去の動画で取り上げたことだ。管理人は本当に70億ドルが韓国口座に眠っているのか興味津々だが、ここから取り上げるのは過去の話ではない。

4月17日、イランの保守系新聞に、韓国船舶のホルムズ海峡通行を遮断して韓国の銀行に凍結されているイランの資産を返してもらうべきと主張するコラムが掲載されていたことがわかった。

イランの保守系新聞は「韓国の銀行に凍結されているイランの資産70億ドルを返してもらうまで、ホルムズ海峡で韓国船舶の通行を許してはならない」

これに対して、韓国側は韓国駐在のシャベスタリ・イラン大使を呼んで抗議し、シャベスタリ大使はイラン政府の立場ではないことを強調したという。

なんと韓国はイラン大使を呼んで抗議したのだ。ただのメディアのコラムに。でも、イラン政府は否定したが、韓国は実際、行動するかもしれないと対策に乗り出した。いやいや、その前に原油代金70億ドルを払えば良いだろう?そんな突っ込みが世界中から飛んできそうだが、では、一体どんな対策をしたのか。

外交部はイランが実際に行動に出る可能性があるとみて、コラムの内容をアメリカ当局と共有する一方、国際紛争を扱う国際非政府組織(NGO)の国際危機グループ(ICG)に所属するイラン専門家を招待し、対策を議論しました。

韓国は専門家を呼んで対策を議論したと。

一方、外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は28日、アメリカのイラン担当特使を務めるロバート・マレー氏、アメリカとイランとの協議を仲介するEU=ヨーロッパ連合対外活動庁のエンリケ・モラ事務局次長とそれぞれ電話で会談し、イラン核合意再建に向けた交渉の動向について情報交換しました。

どうやら、交渉の進展具合を確かめたらしい。そりゃ、韓国さんにとって70億ドル払うか、払わないかの瀬戸際だもんな。でも、管理人としてはイランの核合意交渉がまとまれば、イランの原油輸出が再開されるので、コロナ禍での海の物流混乱、ウクライナ戦争などで原油価格高騰で苦しむ世界中の人々にとって原油価格が下がるので朗報である。

もちろん、韓国経済だって国際的な原油価格が下がれば貿易赤字から抜け出すチャンスだ。因みに4月も貿易赤字が確定である。ついでだから見ていこうか。

韓国産業通商資源部は1日、4月の輸出額は前年同月比12.6%増の576億9000万ドル(約7兆4800億円)、輸入額は同18.6%増の603億5000万ドルだったと発表した。貿易収支は26億6000万ドルの赤字。貿易赤字は2カ月連続となる。

ここで注目なのが、まず、今回、韓国は600億ドルの輸出額に至っていない。昨年より12.6%増えているが、これは原材料価格の高騰によるものだと容易にわかる。そして、輸入は昨年よりも、18.6%増加して603億5000万ドル。差し引いて、26億6000万ドルの貿易収支赤字となった。

しかも、2ヶ月連続である。これによって韓国輸出が大ピンチを迎える。なぜなら、暖かくなった4月に季節性がどうとかの言い訳が使えない。赤字になった理由が次だ。

輸出が増加したにもかかわらず赤字になったのは、世界的なエネルギー価格の上昇で輸入額が膨らんだため。原油やガスなど4月のエネルギーの輸入額は148億1000万ドルで前年同月(77億2000万ドル)の2倍近くになった。

これも予想通りだが、昨年の2倍近くになったと。このように見ていけば、イランの核合意交渉がまとまれば韓国経済にも大きくプラスとなる。だから、韓国も応援した方がいい。で、最後はこうだ。

核合意が妥結した場合、これまで韓国とイランの両国関係の足かせとなっていた凍結資金の問題が解消すると期待されることから、政府は核合意交渉を側面から支援してきました。

なんと、韓国政府は核合意交渉を側面から支援してきたそうだ。あの~初耳なんですが。管理人はイランの核合意交渉を取り上げたニュースをロイターや、韓国紙で見かけたことはあっても、韓国政府が核合意交渉を側面から支援している話なんて初めてきいた。

でも、そんな支援するよりはさっさと70億ドル払って解決した方がいいんじゃないか?資産は凍結されているだけだから、凍結口座に70億ドルはあるはずなのだ。大体、韓国は豊富な外貨準備高があるだろう?3月末で4578億ドルあったはず。ここから70億ドルを返せば良いだけの話。

なぜなら、核合意交渉がまとまって渋々70億ドル払っても、今後、イランが韓国に原油を輸出するとは思えないからだ。また、何かあれば払わない可能性がある韓国に輸出なんてするはずがない。そういった「誤解」を解くためにも70億ドルをすぐに払うべきだろう。韓国経済へのリスクも最小限となる。

イランの保守系新聞のコラムに対して、大使まで呼んで抗議して、専門家とかと対策を立ててる間にも、イランに70億ドルをすぐに払うといえばいい。それだけのことだろう。

因みに外貨準備高は世界的なドル高の影響で4月末も減少していると思われる。後、4月貿易収支についての詳細はそのうち取り上げる予定だ。

イランの新聞に、韓国船舶のホルムズ海峡通行を遮断して韓国の銀行に凍結されているイランの資産を返してもらうべきと主張するコラムが掲載されたことについて、外交部は18日にイラン政府に抗議したのに続き、対策づくりに乗り出しました。

イランの保守系新聞は現地時間の17日、「韓国の銀行に凍結されているイランの資産70億ドルを返してもらうまで、ホルムズ海峡で韓国船舶の通行を許してはならない」とするコラムを掲載しました。

これを受けて、外交部の余承培(ヨ・スンベ)次官補は18日、韓国駐在のシャベスタリ・イラン大使を呼んで抗議し、シャベスタリ大使はイラン政府の立場ではないことを強調しました。

しかし、外交部はイランが実際に行動に出る可能性があるとみて、コラムの内容をアメリカ当局と共有する一方、国際紛争を扱う国際非政府組織(NGO)の国際危機グループ(ICG)に所属するイラン専門家を招待し、対策を議論しました。

イランは去年1月、ホルムズ海峡近くを航行していた韓国船籍の石油タンカーをだ捕して3か月間拘束し、その理由として、タンカーが海洋汚染を引き起こしたためとしていましたが、韓国側ではアメリカの制裁によって韓国の銀行で凍結された資金を取り返すための圧力との見方が強くなっていました。

一方、外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は28日、アメリカのイラン担当特使を務めるロバート・マレー氏、アメリカとイランとの協議を仲介するEU=ヨーロッパ連合対外活動庁のエンリケ・モラ事務局次長とそれぞれ電話で会談し、イラン核合意再建に向けた交渉の動向について情報交換しました。

崔次官は、韓国は核合意再建に向けた役割を積極的に行うとの立場を改めて示すとともに、交渉が早期に進展するよう最善の努力を尽くしてほしいと呼びかけたということです。

これに対し、マレー特使とモラ事務局次長は、この1年間余りの交渉の過程で韓国が担ってきた役割を高く評価し、今後もイラン問題での緊密な協力の継続に期待を示したということです。

核合意が妥結した場合、これまで韓国とイランの両国関係の足かせとなっていた凍結資金の問題が解消すると期待されることから、政府は核合意交渉を側面から支援してきました。

http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=82104

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は1日、4月の輸出額は前年同月比12.6%増の576億9000万ドル(約7兆4800億円)、輸入額は同18.6%増の603億5000万ドルだったと発表した。貿易収支は26億6000万ドルの赤字。貿易赤字は2カ月連続となる。

輸出が増加したにもかかわらず赤字になったのは、世界的なエネルギー価格の上昇で輸入額が膨らんだため。原油やガスなど4月のエネルギーの輸入額は148億1000万ドルで前年同月(77億2000万ドル)の2倍近くになった。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220501000200882?section=news

■人気ブログランキング、メルマガの購読とYOUTUBE版のチャンネル登録のお願い

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2021年10月15日に「日本の底力!」と「韓国経済危機特集」のYOUTUBE版ができましたのでこちらのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCeV6EnK_OKgRY5qBiQHjXRA/playlistsad

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ライダイハン
2022年5月2日 12:54

もし、原油供給不足により、供給を増やす目的でアメリカがイランと妥協することは、韓国にとって気が気でない。70億ドル+利子を米ドルで一括返済することになれば、ウォンニャスの火に油を注ぐことになる。そもそも、代金を踏み倒したり、補償金のお代わりをしたりすることは、現代の文明人の感覚ではないし、K-遺伝子をゲノム編集しなければ治らないかも。それにしても、韓国が核合意交渉に、一体どのような貢献をしてきたのかな?

1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x