NO IMAGE

【トリプル安】パウエルが点火した「1ドル=1200ウォン時代」…韓国輸入物価が“非常”ーウォンニャス祭りがスタート!

NO IMAGE

【トリプル安】いよいよ始まったウォンニャス祭り。管理人はこうなる事態を想定して、韓国経済危機特集の動画化を進めてきたので、ウォン祭りになる時期は異例の速さだったが、背景についてはほとんど動画内で解説し終えている。最近、何でも前倒しが多い。管理人の予想は米利上げの3月ぐらいまでは静かだと思ったら、もう、冬のウォンニャス祭りがスタートした。

今回の記事はウォン安祭りを補足するもの。ウォンニャス速報と一緒に見ておくと理解が深まると思うので、明日に動画化しておきたいところ。では、記事を見ていく。

まず、先月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録がこのウォン安祭りを引き起こした。FOMC委員の大多数は「従来の想定より早い時期に、また速いペースで利上げすることが正当化されるだろう」と判断。先月15日、「テーパリング(金融資産買い入れ縮小)が終われば長く待たない」というパウエル氏の発言よりも水位が高い。テーパリングが終わった直後の3月に利上げに踏み切る可能性があるというのが市場のコンセンサスだった。

そうなんだよな。だから、管理人は3月まではウォンも1200超えることはないだろうと考えていたのが、そんなことはただの楽観論に過ぎなかった。

市場が驚いたのは利上げのスピードが速まるからだけではない。市中のドルをかき集める「量的引き締め(QT・Quantitative Tightening)」の可能性まで予告して発作を起こした。議事録によると、一部の委員は「最初の利上げから早い時期に貸借対照表(B/S)の規模を縮小することが適切だ」と指摘した。FRBの保有資産は現在8兆8000億ドル(約1020兆円)で、過去2年間で2倍に増えた。

これはそれだけ、米国のインフレが深刻ってことなんだろう。しかし、FRBの保有資産は8兆8000億ドルもあるのかよ。 こんなの縮小するにしても、どう見ても劇薬だよな。そして、次が重要だ。

ウォン安でマクロ経済の不安も高まっている。「ウォン安=輸出好調」は昔話だ。複雑に絡み合ったサプライチェーン(供給網)構造のためだ。海外から原材料を買い入れて加工して輸出するか、中間材を輸出して現地で完成品を作って直接供給するやり方が韓国輸出製造企業の間で主流となった。ウォン安になればそれだけ高いお金を払って原材料などを買ってこなければならない。

これが、2008年の韓国経済の構造とは違うところ。昔はウォン安有利と叫ばれていたが、それはダンピングができたらの話だった。しかし、韓国はここ13年で様々な国とFTAなどを結んで、ダンピングができなくなる仕組みの貿易に転換させられた。それでも、やろうとすればセーフガードや、高関税での厳しい対応が待っている。

さらにいえば、韓国は組み立て工場なので、中間財や資本財を輸入しないと製品が作れない。ウォン安になれば、その代金は高くなる。また、韓国が高付加価値の製品を作ろうとすれば、ロイヤリティの支払いも馬鹿にならない。

しかも、エネルギーや資源価格の高騰。過去最高の輸出額607億ドルでも、輸入が613億ドルとなり、貿易赤字となった。

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長がタカ(通貨緊縮)の本性を表わすと全世界の金融市場に動揺が広がった。時差を置いて米国・アジア・欧州証券市場が次々と急落した。韓国では株価と為替相場、債券価格が同時下落する「トリプル劣勢」が現れた。

6日のKOSPI(韓国総合株価指数)は前日より1.13%下落した2920.53で取引を終えた。昨年12月1日(2899.72)以来、最も低い。コスダック(KOSDAQ)の落ち幅はさらに大きかった。前日比2.9%下落した980.3で取引を終えた。昨年12月21日(996.6)以降、半月ぶりに再び1000線を突き抜ける下落だった。日経平均株価(-2.88%)や上海総合指数(-0.25%)も下落した。この日、欧州の主要証券市場も1%前後の下落でスタートした。

ソウル外国為替市場のウォン相場は前日より4.1ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1201ウォンだった。ウォン相場が1200ウォン台を記録したのは2020年7月24日(1201.5ウォン)以降、1年5カ月ぶりだ。債券市場も衝撃を避けることができなかった。3年満期国庫債金利は0.1%ポイント上昇した年2.013%で終えた。

これに先立って米国市場も揺れた。5日(現地時間)ナスダック(NASDAQ)指数は3.34%急落したほか、S&P500(-1.94%)やダウジョーンズ(-1.07%)も劣勢を見せた。基準金利の引き上げに対する期待で10年満期米国国債金利は年1.7%台に乗った。

金融市場を揺さぶった衝撃の「引き金」はFRBが引いた。5日(現地時間)に公開された先月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録によると、FOMC委員の大多数は「従来の想定より早い時期に、また速いペースで利上げすることが正当化されるだろう」と判断した。先月15日、「テーパリング(金融資産買い入れ縮小)が終われば長く待たない」というパウエル氏の発言よりも水位が高い。

FRBが今年3回の利上げを行うことが予想されているが、最初の利上げ時点に対する言及はなかった。テーパリングが終わった直後の3月に利上げに踏み切る可能性があるというのが市場のコンセンサスだった。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のFedWatchが展望する3月の利上げの可能性は67.8%まで上昇した。

市場が驚いたのは利上げのスピードが速まるからだけではない。市中のドルをかき集める「量的引き締め(QT・Quantitative Tightening)」の可能性まで予告して発作を起こした。議事録によると、一部の委員は「最初の利上げから早い時期に貸借対照表(B/S)の規模を縮小することが適切だ」と指摘した。FRBの保有資産は現在8兆8000億ドル(約1020兆円)で、過去2年間で2倍に増えた。

ウォン安でマクロ経済の不安も高まっている。「ウォン安=輸出好調」は昔話だ。複雑に絡み合ったサプライチェーン(供給網)構造のためだ。海外から原材料を買い入れて加工して輸出するか、中間材を輸出して現地で完成品を作って直接供給するやり方が韓国輸出製造企業の間で主流となった。ウォン安になればそれだけ高いお金を払って原材料などを買ってこなければならない。

先進国の流動性吸収に伴う新興国不安が長期化する場合、かえって輸出に悪影響を及ぼす恐れがあるという分析も出ている。輸入価格上昇による物価不安も危険要素だ。原材料が上昇し、サプライチェーンの混乱などですでに高止まりを続ける国内の物価をさらに刺激する変数となる。

韓国産業通商資源部によると、先月の輸入額増加率(前年同月比37.4%)は輸出額増加率(18.3%)を超えた。これによって貿易収支は20カ月ぶりに5億9000万ドルの赤字を記録するなど異常信号が感知され始めた。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/286448?servcode=300&

■関連動画

■5chの反応

5<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2022/01/07(金) 08:01:35.03ID:7pvIA5uJ

自業自得
因果応報

→IMFに内需増やせと警告されたのに、それを無視。更にその内需はウィズコロナ失敗で自らぶっ壊す。

6<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2022/01/07(金) 08:02:42.35ID:PTkTtjiq

予想通りの責任転嫁

→ですよねー。

11<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2022/01/07(金) 08:05:22.01ID:9cK5JPJC

前のアジア通貨危機のときも、こんな事言ってなかったか?w

→当たり前です。

17<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2022/01/07(金) 08:08:10.83ID:agVGjMdo

>>12
ほんとな
2回破綻してるのにまだ破綻するとか世界で類を見ない無能国家だよなw

→10年ごとに危機が到来しますからね。

30<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2022/01/07(金) 08:13:35.97ID:sZ7vfo0P

借金してまで株買ってる韓国国民はどうすれば幸せになれるの?

→徳政令を信じるニダ。

45<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2022/01/07(金) 08:18:03.20ID:AYSL170r

>>79>>12
馬鹿じゃねーの
1997年に破綻してIMFの救済スキームで一番鐘を出したのは日本

2008年の金融危機では中川財務大臣がスワップ付けるの嫌がったけど
結局は日本のスワップ使ってウォン安が収まった

2011年の金融危機では野田が700憶ドルスワップ付けてウォン安が収まった

いつも日本が助けてたのに何も知らないんだな
今回は助けないからどうなるか見てろよ

→うむ。今度は助けない。4度目はないぞ。

52<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2022/01/07(金) 08:21:52.72ID:ocOUxej1

ドル売りが忙しくなって外貨準備が減り続けている

→なんだったか。過去最高の準備高だろう。介入資金がいくらあるかは知らないが。

■管理人の感想

そろそろ、今日のウォンがスタートするころだ。時間外では1206ウォンまで落ちていたが、さて、開幕はどんな昇龍拳を見せてくれるのか。ワクテカですね。

■人気ブログランキング、メルマガの購読とYOUTUBE版のチャンネル登録のお願い

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2021年10月15日に「日本の底力!」と「韓国経済危機特集」のYOUTUBE版ができましたのでこちらのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCeV6EnK_OKgRY5qBiQHjXRA/playlistsad

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x