尿素水不足 韓国に続き日本も深刻化? 経産省「増産」要請へ 価格高騰で「冷静な判断」を

尿素水不足 韓国に続き日本も深刻化? 経産省「増産」要請へ 価格高騰で「冷静な判断」を

尿素水不足 韓国に続き日本も深刻化? 経産省「増産」要請へ 価格高騰で「冷静な判断」を

尿素水不足 クリスマスなのでのんびりネタに走って動画作成していたら、日本での尿素水不足に対する続報が入ってきた。日本でも尿素水不足が深刻化するという記事がいくつか出てきているが、どうやら経済産業省がTwitterで「増産」を要請したようだ。メルカリやAmazonなどのネットショッピングでもの価格高騰についても「冷静な判断」とツィートした。

現在、ディーゼル車用の脱硝材として用いる「AdBlue」の不足を懸念する声があがっています。経済産業省では「AdBlue」の原料となる尿素の生産事業者に対し、最大限の増産を要請しています。これを受け、生産事業者は最大限の増産を実施中です。需給ひっ迫の緩和に向け、引き続き取り組んでまいります。

これが主なニュースではあるのだが、くるまのニュースからいくつか気になるカ所があるので整理しておく。既に取り上げた既存情報は過去の動画を参照してほしい。

■日本での尿素水不足最新情報

1. 都内のカー用品店では12月21日時点で、「お一人様一つ」の条件付きだが、通常価格でアドブルーを購入することが可能。

2. 別のカー用品では「現在は1リッター880円となります。以前よりは在庫に余裕があるようですが、今後どうなるかは不明です」

3. 国産新車ディーラーは「当社では十分に在庫があるため既存車の追加補充であれば5リッター1500円となっています」

4. フリマアプリ「メルカリ」でもアドブルーに関して、相場以上の価格での取引には冷静な対応を求めるように呼びかけていると。

5.走行距離にもよるが、乗用車の場合、一般的に1年に1回程度の補充が必要となります。

以上の5つだ。ネットでは10Lが18000円とかで取引されているわけだが、実際、都内のカー用品店では、通常価格で購入可能。他でも、 現在は1リッター880円と。値段は上がってるがネット価格とはかなり差がある。他にも、 既存車の追加補充であれば5リッター1500円など、気になっていた補充価格は資源の高騰もあり、値上げはしているがメルカリみたいな高額ではないと。

しかも、 走行距離にもよるが、乗用車の場合、一般的に1年に1回程度の補充が必要とある。1回補充すれば乗用車なら1年は持つ。今のメーターを見て半年以上持ちそうなら、急いで補充する必要もなさそうだ。すでに日本の企業は増産体制に入ったので、何度も述べるが不足しているのは年内がピークだと思われる。1月頃から増産した尿素水が市中に出回るだろう。

韓国のような物流混乱が起こる可能性は低い。だから、くれぐれもメルカリやAmazonなどで高額な転売ヤーに騙されないでほしい。普通なら、そんな急いで購入するほどのものではない。

2021年10月頃から韓国では深刻な尿素水(アドブルー)不足が発生しています。

 一方で、韓国での不足理由とは異なる要因で同年11月頃より日本でも尿素水(アドブルー)の品薄状態が発生し、実店舗やインタネット上では価格高騰が問題視されていました。
 
 そうしたなかで、2021年12月21日に経済産業省はTwitterにて「尿素の生産事業者に対し、最大限の増産を要請」をおこなったことを明らかにしています。

アドブルーは、純度の高い工業用尿素を純水で溶解した尿素水で、国際規格に適合した自動車用尿素水の製品名です。おもにディーゼルエンジンを搭載したクルマの排ガス浄化に利用されます。

 走行距離にもよりますが、乗用車の場合、一般的に1年に1回程度の補充が必要となります。

 補充費用は2000円から3000円程度とそれほど大きな負担ではないため、アドブルーの価格が問題となることはほとんどありません。

 しかし、2021年12月に入り、日本でもカー用品店でアドブルー不足が生じるようになり、インターネットでは通常の10倍ほどとなる1リッターあたり1500円という価格で販売されている様子が見られるようになりました。

 ディーゼル車用のアドブルーが不足すると、基本的にエンジンの再始動ができなくなり、走行することができません。

 日本の場合、ディーゼル車はトラックなどの商用車に用いられることも多く、また農業機械や建設機械などにもディーゼルエンジンが使用されていることから、産業全体への影響が懸念されていました。

 ただ、日本で起こっているアドブルー不足は、韓国の例とは事情が異なるという指摘もあります。

 後述するように、韓国の尿素水不足は、元をたどれば緊迫した米中関係という根深い問題が背景にあります。

 一方、日本の場合は、尿素水を生産する大手企業のプラントが11月末に定期点検のために操業停止したことの影響が大きいといいます。

 中国は、自国で使用する在庫を確保するために10月中旬から尿素の海外輸出を原則停止しており、その影響もないとはいえません。

 ただ、尿素のほとんどを中国からの輸入に頼っていた韓国とは異なり、日本では一定量の尿素を自国で生産できているため、韓国ほどの深刻な事態にはならないと見られています。

 実際に、都内のカー用品店では12月21日時点で、「お一人様一つ」の条件が付きますが通常価格でアドブルーを購入することが可能です。

 また、別のカー用品では「現在は1リッター880円となります。以前よりは在庫に余裕があるようですが、今後どうなるかは不明です」と説明。

 また、国産新車ディーラーは「当社では十分に在庫があるため既存車の追加補充であれば5リッター1500円となっています」と話しています。

※ ※ ※

 そうしたなかで、2021年12月21日に経済産業省は公式Twitterに次のような投稿をしています。

「現在、ディーゼル車用の脱硝材として用いる『AdBlue』の不足を懸念する声があがっています。

 経済産業省では『AdBlue』の原料となる尿素の生産事業者に対し、最大限の増産を要請しています。

 これを受け、生産事業者は最大限の増産を実施中です。需給ひっ迫の緩和に向け、引き続き取り組んでまいります」

 また、フリマアプリ「メルカリ」でもアドブルーに関して、相場以上の価格での取引には冷静な対応を求めるように呼びかけています。

https://kuruma-news.jp/post/458118

■関連動画

■人気ブログランキング、メルマガの購読とYOUTUBE版のチャンネル登録のお願い

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2021年10月15日に「日本の底力!」と「韓国経済危機特集」のYOUTUBE版ができましたのでこちらのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCeV6EnK_OKgRY5qBiQHjXRA/playlistsad

4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
酔って候
2021年12月25日 20:31

なんか、日本でもパニックを起こすよう仕向けて、政府批判に繋げたい活動家の方達が居るようですね。まぁ、国民負担増政策で日本経済を破壊しかねないキッシー政権などさっさと壊れて欲しいとは思っていますが、パニックを引き起こすことには反対です。

LeGrind
2021年12月25日 11:55

この記事の最後では、「経産省が増産さんを要請」となってますし、ほかの記事でもこの記事みたく増産何たらとはありませんが、「来月1月には不足は解消予定とされる」という締めで終わっています。韓国人が狂ったように買い占めに走らない限り、混乱の見込みはないかと。

団塊です
2021年12月26日 01:27

日本にはアドブルーが充分ある。 
日本も尿素水が不足していると書いたのは大韓民国の新聞記者の願望記事。
 大韓民国の自動車用尿素水の98%は、中華人民共和国から輸入している。それは、日産ディーゼル工業が発明したアドブルーの特許を払わない中華人民共和国のパクりもの(安物)だから安い輸入品…と思われる。
 日本のアドブルーは日本で天然ガスから作っている。
(天然ガス→窒素・水素・二酸化炭素→アンモニア→尿素
 そして
尿素と純水→アドブルー
 日本は天然ガスからアドブルーを作っているが、
 大韓民国に天然ガスから作る技術はないと大韓民国の騒動から分かる。
 98%中華人民共和国から輸入していたものを禁輸されたのだからトラックもバスも動けなくなると大騒ぎになるわな!
 あっ、今気付いたのだが
大韓民国は中華人民共和国が作れるものを作れないんだね。

団塊、追伸です
2021年12月26日 02:33
Reply to  団塊です

中華人民共和国は、天然ガスでなく石炭からのアンモニア製造であり、天然ガスの東南アジアにコストで負けた。
 その上石炭が暴騰して更にアンモニア(&尿素)製造が縮小し中華人民共和国は尿素が逼迫しインド等への輸出を禁止した。

4
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x