〔ゆっくり解説〕「韓国経済危機特集」をYOUTUBEに3回目投稿「韓国経済」の最新状況を解説。こちらも応援してください!

〔ゆっくり解説〕「韓国経済危機特集」をYOUTUBEに3回目投稿「韓国経済」の最新状況を解説。こちらも応援してください!

〔ゆっくり解説〕「韓国経済危機特集」をYOUTUBEに3回目投稿「韓国経済」の最新状況を解説。こちらも応援してください!

今日も朝から寒いのだが、YOUTUBEに〔ゆっくり解説〕「韓国経済危機特集」を3回目を投稿してきた。最初から気づいてはいたのだが、やはり、管理人のダメな声よりはゆっくりの方が遙かに聞き取りやすい。なので、生放送よりもこちらを重視した方が再生回数を見ればすぐにわかるという。

目標は1日1本を上げていく。編集は大変なのだが、管理人の得意分野である「韓国経済」を扱っているので、読者様はすんなり受け入れてくれるだろう。ゆっくりが解説していても中身はジンボルト。基本的なスタンスは何も変わらない。

このゆっくり実況に喋らせているだけとおもうかもしれないが、実はそうでもない。文字通りに入れてもゆっくりがその通りに喋ってくれるわけではない。今のところ、7割強ぐらいは喋ってくれるが、そこから自分で「調声」をしなければいけない。

例えば、文在寅大統領はそのままだと、(ブンザイトラ)と読んだりするので(ムン・ジェイン)と読ませるようにしないといけない。2回目はそのままだったが、3回目は修正してある。このような作業をやってるのがゆっくり実況ですね。目標は毎日1本です。とりあえず、100本まで頑張りますよ。皆さん、応援してくださいね。チャンネル登録もよろしくです。

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
あまこちゃん
2021年10月30日 08:28

外国との関係は相互主義が原則。例えば、マスコミでは、人名も、中国が日本人の名前を中国読みしている間は、日本でも中国人の名前を日本語読みしていた。中国が日本での読み方に変わったので、日本も中国での読み方に変わったはず。
フランスでも、カーター元米大統領をカルテル大統領と言っていました。
韓国でも同様で、「ぶんざいとら」のままでも良いかと思いますが。

LeGrind
2021年10月30日 09:58

「ムン・ジェイン」とネイティブに近い読みを指せているのは、多分日本国内の在日がうるさいのでしょうね。もっとも、なるべく元音読みをしてほしいですね。英語で書く時、中国人名など、例えば「蒋介石」を英語で何と言っているのか調べるのも面倒ですし(もっとも「ムン・ジェイン)と知っていてもつづりが分からないのでやっぱ調べなければいけないのですが)。

 韓国は政府、家計、企業(最新データを見てませんが)の経済の3要素が借金のはずですね。この3要素が負債を抱えているということは、「外国」から借金しているはずですね。このネタで調べようとしても出てきませんでしたが。「

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x