韓国経済危機&崩壊特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国外交、【言及されなくて差別ニダ】菅新首相が初めて記者会見…韓日関係に言及せず「拉致問題に全力」

韓国外交、【言及されなくて差別ニダ】菅新首相が初めて記者会見…韓日関係に言及せず「拉致問題に全力」

記事要約:官房長官時代からガースー(菅氏)は韓国に対する扱い方には定評があったが、ガースー総理になってからの初めて記者会見でも日韓関係に言及しないので韓国メディアが火病している。ひたすら韓国側はメッセージを送っているのに相手にされてなくて笑うしかないという。

>しかしこの日の会見で菅首相は韓国との関係に関する発言をしなかった。中国とロシア、北朝鮮など日本の隣接国に対する外交政策に直接・間接的に触れたが、韓国には言及しなかった。

当たり前だろ?もはや、韓国のことなんて日本政府、ガースー内閣は気にもかけてない。むしろ、存在を忘れられているまでありうる。それはコロナ禍で韓国がどれだけ必要なかったかを国民が理解したものな。むしろ、韓国人が減ったことで、犯罪も減少して喜んでいるという。

韓国のことなど構っている場合ではないのだ。コロナ科での日本経済の建て直しが急務だからな。

韓国外交、【言及されなくて差別ニダ】菅新首相が初めて記者会見…韓日関係に言及せず「拉致問題に全力」

菅義偉新首相が最初の記者会見で「北朝鮮による日本人拉致問題の解決」を最も重要な課題に挙げた。

菅首相は16日午後9時、首相官邸で開いた就任後初めての記者会見で、「戦後外交の総決算を目指し、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に全力を傾ける」と述べた。

菅首相は「米国をはじめとする関係国と緊密に連携し、すべての拉致被害者の一日も早い帰国を実現すべく、引き続き全力で取り組んでいく」とし「拉致問題は安倍政権同様、最も重要な政権の課題」と説明した。

外交・安全保障に関しては「日米同盟を基軸とした政策を展開していく」とし「自由で開かれたインド太平洋を戦略的に推進するとともに、中国、ロシアを含む近隣諸国とも安定的な関係を築いていきたい」と話した。

しかしこの日の会見で菅首相は韓国との関係に関する発言をしなかった。中国とロシア、北朝鮮など日本の隣接国に対する外交政策に直接・間接的に触れたが、韓国には言及しなかった。

https://japanese.joins.com/JArticle/270311

>
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
うーん
2020年9月17日 14:22

南朝鮮の皆様は、いつも常に日本を意識して暮らしていると、どっかの統計でも出ていたが、日本人の大半は、海外を見るとき韓国は眼中にないのは、昔からだろう。

こっち見るな・・

ひふみ
2020年9月17日 14:44

相手にしてほしかったら、言及してほしかったら、さっさと現金化しろ。
そうすれば日本は韓国の相手をしてやる。ボコボコにな。

酔って候
2020年9月18日 03:50

相手をして欲しかったら、在日を全員引き取る、と言えば良いのに。
そうすれば、日本国民も「K国と協議せよ」と政府に迫るぞ。

ついでに国籍を変えた連中も引き取ってくれて構わないぞ。

治部少輔
2020年9月18日 16:13

菅新政権は「非韓三原則」を堅守しているだけ

一、おしえない
一、助けない
一、関わらない

>
4
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ