日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国社会、〔皆でポッケナイナイニダ〕「慰安婦被害者記念コイン」 を販売した少女像作家  慰安婦支援額は 「明かせない」 

韓国社会、〔皆でポッケナイナイニダ〕「慰安婦被害者記念コイン」 を販売した少女像作家  慰安婦支援額は 「明かせない」

記事要約:慰安婦詐欺ビジネスは何も支援団体だけではない。当然,その関連でもポッケナイナイが行われている。今回は「慰安婦被害者記念コイン」だ。コインを発行する名目は当然、元慰安婦の支援なのだが、当たり前だが、支援などするはずないという。そして、それを問い詰められたら「明かせない」という。

なぜ、明かせないのか。元慰安婦を金儲けに利用して、支援もしないとか。それってただの便乗商法だろう。もっとも、登場人物全員が詐欺なので支援も何もないがな。

>慰安婦被害者を形象化した「平和の少女像」の代表作家、キム・ウンソン、キム・ソギョン両氏夫婦は、2017年7月に「慰安婦被害者記念コイン」の製作プロジェクトを発表した。

国をあげての慰安婦宗教にはまり込んだため、それに便乗して少女像とかてきとうに造った作家夫婦がさらに金儲けのために記念コインを製作したと。

>クラウドファンディングサイト「タンブルバグ」で国民の支援を受け、慰安婦被害者を記念するコインを製作し、支援金を支払った人には無料で、その他国民には実費で販売する計画だった。収益金のうち70%は慰安婦被害者支援団体や被害者本人に寄付するという趣旨だった。

そんなの嘘に決まっているだろう。収益7割とか、韓国人が寄付するはずないという。だから、韓国人は何度欺されたら気が済むのだ。

>詳細計画はこうだった。記念コインは純銀製で31.1グラム、直径40.5ミリ。デザインは自身が製作した少女像のイメージと「平和」という文字をあしらった。コインには夫妻が製作した「小型少女像」とセットで8万9700ウォン(約7930円)という価格が付けられた。これは支援金を前払いした人の金額で、それ以降は12万7000ウォンで販売するとした。

こんなゴミのコインを買うなら、他の記念コインを買った方がはるかにましだろうな。むしろ、こんなゴミが1万円するとかありえない。

>こうした計画の下、作家夫妻は記念コイン3万5000枚を販売するとして、クラウドファンディングサイトで2000万ウォンを目標に募金活動を行った。

しかも、自分で金も出さずにクラウドファンディングで集めようとしたと。この夫婦には少女像で儲けた金が山ほどあるだろうに。

>しかし、募金活動は当初目標額の40%に届かず、失敗に終わった。タンブルバグは定められた期間に目標額100%を達成できなければ、それまでに表明された支援意思も全て無効として処理される。

40%に届かないから、寄付金は全て没収と。返すはずはないと。

>夫妻は「代行業者の提案でプロジェクトを開始したが、目標数量の3万5000枚の3分の1も発行できなかった。生産経費も回収できず、代行業者とも対立したため、多額の寄付は難しかった」と説明した。販売は独自のウェブサイト「平和の少女像ネットワーク」などを通じて行われた。

いや、40%あるなら、半分ぐらいは発行できるよな。なんで、3分の1も発行できないんだ。生産経費も回収できない?こういうのを嘘付きというのだ。2000万ウォンの40%は800万。3万5000枚でなくても、半分は余裕で行けるだろう。それで、記念コインは製作されたが、ここでもなぜか発行枚数が出てこない。

>17年にチャドから韓国に輸入された記念コインは50キログラム、2万9904ドル(約318万円)相当だった。全て作家夫妻が持ち込んだものだと仮定した場合、純銀31.1グラムの記念コインを約1600枚発行したと推定可能だ。

あくまでも推定だが、1600枚発行したと。

>コイン1枚当たりの価格が8万9700ウォンなので、売り上げは単純計算で1億4000万ウォンとなる。本紙は作家夫妻に記念コインの製作にかかった費用、慰安婦被害者への寄付額がいくらかを照会した。例えば、1000万ウォン程度の純利益があれば、700万ウォンは寄付できるのではないかという趣旨だった。しかし、作家夫妻は回答しなかった。

1000万円を儲けても、元慰安婦に支援しない。これが慰安婦詐欺ビジネスである。そりゃそうだ。何しろビジネスだ。7割寄付そのものが最初から嘘だからな。でも、1ウォンぐらい寄付してるよな?

韓国社会、〔皆でポッケナイナイニダ〕「慰安婦被害者記念コイン」 を販売した少女像作家  慰安婦支援額は 「明かせない」 

慰安婦被害者を形象化した「平和の少女像」の代表作家、キム・ウンソン、キム・ソギョン両氏夫婦は、2017年7月に「慰安婦被害者記念コイン」の製作プロジェクトを発表した。

クラウドファンディングサイト「タンブルバグ」で国民の支援を受け、慰安婦被害者を記念するコインを製作し、支援金を支払った人には無料で、その他国民には実費で販売する計画だった。収益金のうち70%は慰安婦被害者支援団体や被害者本人に寄付するという趣旨だった。

詳細計画はこうだった。記念コインは純銀製で31.1グラム、直径40.5ミリ。デザインは自身が製作した少女像のイメージと「平和」という文字をあしらった。コインには夫妻が製作した「小型少女像」とセットで8万9700ウォン(約7930円)という価格が付けられた。これは支援金を前払いした人の金額で、それ以降は12万7000ウォンで販売するとした。

小型少女像は既に夫妻や正義記憶連帯(正義連)などが実費で販売していたものだ。価格は2万5000ウォン。つまり、コインは1枚当たり6万5000ウォンの価格を付けたことになる。2017年当時の純銀30グラムの相場は2万1000-2万2000ウォンだった。

こうした計画の下、作家夫妻は記念コイン3万5000枚を販売するとして、クラウドファンディングサイトで2000万ウォンを目標に募金活動を行った。

夫妻は当時、韓日関係と韓国政府の負担を考慮し、第三国であるニュージーランド領ニウエで記念コインを発行し、韓国に持ち込もうとしたが、日本の圧力で発行が中止になったとし、「アフリカのチャドと接触し、発行許可を新たに得た」と説明した。

しかし、募金活動は当初目標額の40%に届かず、失敗に終わった。タンブルバグは定められた期間に目標額100%を達成できなければ、それまでに表明された支援意思も全て無効として処理される。

そうした状況でも作家夫妻は記念コインを製作した。

夫妻は「代行業者の提案でプロジェクトを開始したが、目標数量の3万5000枚の3分の1も発行できなかった。生産経費も回収できず、代行業者とも対立したため、多額の寄付は難しかった」と説明した。販売は独自のウェブサイト「平和の少女像ネットワーク」などを通じて行われた。

記念コインを何枚製作し、いくら収益が上がったのかは明かさなかった。

推定可能な資料は存在する。当時作家夫妻はコインをチャドで発行して持ち込もうとした。

未来統合党の金炳旭(キム・ビョンウク)議員事務所が関税庁から入手した資料によると、2010-20年4月までの期間にチャドから記念コインが輸入された年は作家夫妻のプロジェクトが推進された17年が唯一であり、それ以外の年は輸入量がゼロだった。

17年にチャドから韓国に輸入された記念コインは50キログラム、2万9904ドル(約318万円)相当だった。全て作家夫妻が持ち込んだものだと仮定した場合、純銀31.1グラムの記念コインを約1600枚発行したと推定可能だ。

コイン1枚当たりの価格が8万9700ウォンなので、売り上げは単純計算で1億4000万ウォンとなる。本紙は作家夫妻に記念コインの製作にかかった費用、慰安婦被害者への寄付額がいくらかを照会した。例えば、1000万ウォン程度の純利益があれば、700万ウォンは寄付できるのではないかという趣旨だった。しかし、作家夫妻は回答しなかった。

金炳旭議員は「慰安婦被害者のために記念コインを発行したと言いながら、売上高と寄付金の規模を透明に公表していない。この記念コインが被害者のためなのか、私腹を肥やすためなのか、国民は疑わざるを得ない」とし、「被害者の人格と名誉に累を及ぼす行為を中断し、謝罪すべきだ」と主張した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/24/2020062480121.html

>
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ひふみ
2020年6月25日 16:33

傍から見ている分には勝手に自滅してくれって感じ。
10億円の残りも正義連が引き継いでいるんじゃない?
んで,どんどんウソがばれる度にウソで説明するから何が本当かわからない。
自称慰安婦ばあさんそのものから韓国政府も含めて玉ねぎどころじゃないよね(笑)。
さて。日本はどこで登場するのか。
 

>
1
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ