日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国政治、〔ムン君はいらない〕文大統領、「米朝首脳会談に参加させてほしい」と執拗に要求も米朝が完全拒否

韓国政治、〔ムン君はいらない〕文大統領、「米朝首脳会談に参加させてほしい」と執拗に要求も米朝が完全拒否

記事要約:どうやら2回行われた米朝会談で、文在寅大統領は「米朝首脳会談に参加させてほしい」と執拗に要求したにもかかわらず、米朝に完全拒否されていたことがわかった。数年前のことなので時系列を整理するために最初の文章を読んで欲しい。これは例のボルトン氏の暴露本からだ。

>文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2018年6・12シンガポール米朝首脳会談と2019年6・30板門店(パンムンジョム)米朝首脳会談に出席を希望したが、北朝鮮と米国はこれを望まなかったことが分かった。

韓国の文在寅大統領が米朝の仲介役だったはずなのに、なぜか、米朝から出石を拒否されているという現実。結局、ムン君は両者の邪魔をしかしてなかったという証左だな。どちらからも嫌われているわけだし。

>21日中央日報が入手した内容によると、シンガポール会談を控えていた2018年6月1日北朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長が金正恩(キム・ジョンウン)委員長の親書を持ってホワイトハウスを訪れてドナルド・トランプ米大統領と会談した。この席で金英哲副委員長は「今回は米朝首脳会談」としながら「韓国は要らない」と言い切った。ボルトン氏はこれについて「トランプ大統領と金英哲副委員長間会談であった唯一の良いこと」だったと評した。米国も韓国・米国・北朝鮮の会談を歓迎しなかったということを示唆する。

北朝鮮ははっきりしているな。「韓国は要らない」と言い切ったのか。既に完全にハシゴを外されているじゃないか。しかし、これを見る限りでは、最初から北朝鮮は文在寅大統領を信用してないな。我々の知っていたメディア報道が如何に誇張されていたのかがよくわかるな。

>ボルトン氏は文大統領が数回にわたってシンガポール会談への参加を希望したと書いた。南北間板門店宣言翌日である2018年4月28日、文大統領がトランプ大統領に電話して「米朝首脳会談を板門店で開き、直ちに後続の韓国・米国・北朝鮮3者会談を開こう」と強く訴えたということだ。だが、この時、米国はすでにスイス・ジュネーブとシンガポールを最適な場所として検討していた。これを受け、金委員長がシンガポールを好むというと文大統領が退いたと伝えた。

この辺りの情報は一部出ていたな。ムン君は板門店で開きたいが、北朝鮮がノーというから、シンガポールに決まったとか。どちらにせよ。行事に参加したかったが両者から拒否されたてことは事実のようだ。

韓国政治、〔ムン君はいらない〕文大統領、「南北首脳会談に参加させてほしい」と執拗に要求も米朝が完全拒否

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2018年6・12シンガポール米朝首脳会談と2019年6・30板門店(パンムンジョム)米朝首脳会談に出席を希望したが、北朝鮮と米国はこれを望まなかったことが分かった。ジョン・ボルトン前国家安保補佐官が23日、公式出版する予定の『それが起きた部屋:ホワイトハウス回顧録(The Room Where It Happened: A White House Memoir)』に公開した内容だ。2018年会談には文大統領が出席することができず、2019年会合にはしばらく参加した。

21日中央日報が入手した内容によると、シンガポール会談を控えていた2018年6月1日北朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長が金正恩(キム・ジョンウン)委員長の親書を持ってホワイトハウスを訪れてドナルド・トランプ米大統領と会談した。この席で金英哲副委員長は「今回は米朝首脳会談」としながら「韓国は要らない」と言い切った。ボルトン氏はこれについて「トランプ大統領と金英哲副委員長間会談であった唯一の良いこと」だったと評した。米国も韓国・米国・北朝鮮の会談を歓迎しなかったということを示唆する。

ボルトン氏は文大統領が数回にわたってシンガポール会談への参加を希望したと書いた。南北間板門店宣言翌日である2018年4月28日、文大統領がトランプ大統領に電話して「米朝首脳会談を板門店で開き、直ちに後続の韓国・米国・北朝鮮3者会談を開こう」と強く訴えたということだ。だが、この時、米国はすでにスイス・ジュネーブとシンガポールを最適な場所として検討していた。これを受け、金委員長がシンガポールを好むというと文大統領が退いたと伝えた。

当時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は韓米首脳の電話会談の事実を公開して「米朝首脳会談の場所として2~3カ所の候補地に絞って意見を交換した」と明らかにした。青瓦台核心関係者は文大統領が候補地を勧めたかという質問に「文大統領が先に話した部分もある」と答えた。「3者首脳会談の話も出てきた」と付け加えた。ボルトン氏の回顧録通りなら、この時、文大統領が板門店を韓国・米国・北朝鮮の首脳会談場所として提案したと仮定できる。

ボルトン氏は、文大統領が2018年5月22日ホワイトハウス韓米首脳会談でも韓国・米国・北朝鮮3者会談のためにシンガポールに参加することを望み、さらに6月11日会談前日までもシンガポールに来ることを希望していたと紹介した。これを「文大統領が2019年6月トランプ氏-金正恩氏の板門店会合の時のように写真行事に割り込みたがっていた」と表現した。

https://japanese.joins.com/JArticle/267270

>
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
竹の島
2020年6月22日 11:43

文大統領が朝鮮半島問題の運転席に座って米朝対話をさせてやろうという思い上がりは、成功しないどころか恨みを買って終了
米国も北朝鮮も怒るのは無理ないと思うよ、北朝鮮に同情はしないけれどね
 
「ボルトン回顧録」はなかなか興味深いですね
日韓関係についても暴露されています
 
毎日経済:[単独]ボルトン、「韓日葛藤、文大統領が自分の目的のために問題化 “妄言
https://www.mk.co.kr/news/world/view/2020/06/635792/
 
>ボルトンが大統領を統合失調症の患者のようなと比喩したのに続いて、大統領が日韓の対立を政治的に利用する妄言を吐き出し、波紋が広がっている
大統領が慰安婦問題などが結びついた1965年の韓日協定を正すために努力しているトランプ大統領に発言したことについて、「私の視点は、こうだ。他の韓国の政治指導者たちと同じように大統領は、韓国内の問題が困難になるとき、日本を問題化しようと努力している」とボルトンは、陰謀論を提起した。
さらに何の根拠もなく「大統領は(トランプ大統領に) 過去の歴史、未来の関係を妨げてはならないのに、日本が過去の問題を問題化すると言ったが、歴史問題を提起することは、日本ではなく、大統領である。彼はの目的のため問題化するだろう」と主張した。
 

野次馬
2020年6月22日 13:12

単なる出しゃばり男!
大統領がこれでは国民が気の毒です。
最も、この大統領を選んだのも国民のようですが。

ひふみ
2020年6月22日 10:04

(ピーーーーーー)
「ムンちゃんっ,活動限界です!!」
 

ひふみ
2020年6月22日 10:30
Reply to  ひふみ

青瓦台政策室長「文政権の政策、韓国の地位を高めた」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/22/2020062280009.html
うん。うん。その調子で文在寅大統領を支えてあげてね。
 

ももちゃん
2020年6月23日 18:21

いちど拒否されたからといって、完全に拒否されたとはいわない。
By 文ちゃん
 

>
5
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ