韓国社会、【論文への批判は論文で示せ】性奴隷説を否定した米論文にぐうの音も出ない韓国


韓国社会、【論文への批判は論文で示せ】性奴隷説を否定した米論文にぐうの音も出ない韓国

記事要約:管理人もこのアメリカのハーバード大の教授、ラムザイヤー氏への元慰安婦の性奴隷説を否定した論文への反論や批判は論文で示せといった。しかし、それができない。なぜなら、元慰安婦の証言しか出てこないからだ。

しかも、その証言はコロコロと変わり、さらにその代表が慰安婦詐欺ビジネスで慰安婦ですらないことまで暴露された。元慰安婦が嘘つきなのは明白なのに証言しかない。こんなの韓国以外では証拠不十分で取り扱ってもらえるレベルですらないのだから、論文に反論できるはずもないという。今回の記事は概ね,納得出来る内容で特にツッコミを入れる理由はない。そもそも、ラムザイヤー氏が新しい事を述べたわけではない。日本では完全にスルーされているが。

>以上がラムザイヤー教授の論文の要旨だ。批判するなら、ラムザイヤー教授本人ではなく、論文で提起されている「問題」と「答え」である。「売春婦や慰安婦が契約を交わしたと言うが、朝鮮人慰安婦は日本の官憲によって連行された」と言い、その証拠を提示すればいいだけだ。いわゆる「強制連行」の証拠である。しかし、慰安婦問題が提起されてから30年になるが、官憲による強制連行を証明する資料はただの一つも出ていない。

当たり前だ。その主張が嘘なのだから。なんで、日本の官憲がそんなことしなくてはいけないのだ?しかも、強制連行したはずの慰安婦が戦争で死んだら慰霊碑を建てたのだ?韓国人の言っていることは嘘でしかない。記憶のねつ造、改ざんに過ぎない。慰安婦詐欺ビジネスだとはっきりしている。

韓国社会、【論文への批判は論文で示せ】性奴隷説を否定した米論文にぐうの音も出ない韓国

1月28日から2週間にわたって韓国を騒がせている最もホットなニュースは、ハーバード大学のジョン・マーク・ラムザイヤー(John Mark Ramseyer)教授が「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」(International Review of Law and Economics)に掲載した日本軍慰安婦に関する論文「太平洋戦争における性契約」(Contracting for sex in the Pacific War)だ。韓国のマスコミは「ラムザイヤー教授が慰安婦は売春婦だと主張した」と一斉に報道し、韓国社会は怒りに沸き返った。

韓国の地上波MBCテレビのニュースは、「ラムザイヤー教授は『金髪の日本人』だ」という一部の韓国人による人種差別主義的な非難を、引用という形ではあるがそのまま報道した。ラムザイヤー教授は今も「親日派」「日本の戦犯企業三菱からカネをもらっている」などと罵倒されている。それこそ「メッセージに反論できなければメッセンジャーを殺せ」という言葉にぴったりの報道だった。

(略)

以上がラムザイヤー教授の論文の要旨だ。批判するなら、ラムザイヤー教授本人ではなく、論文で提起されている「問題」と「答え」である。「売春婦や慰安婦が契約を交わしたと言うが、朝鮮人慰安婦は日本の官憲によって連行された」と言い、その証拠を提示すればいいだけだ。いわゆる「強制連行」の証拠である。しかし、慰安婦問題が提起されてから30年になるが、官憲による強制連行を証明する資料はただの一つも出ていない。

韓国の反日民族主義者たちが「強制連行説」の証拠として提示するのは、元慰安婦たちの「証言」だけだ。自分が日本人の軍人によって、あるいは警察によって連れていかれたという証言。しかし、私はその証言を信頼していない。ラムザイヤー教授のような第三者の立場にある外国人なら、慰安婦問題の把握において偏見がなく、そういう面ではなおさらだろう。

 今も慰安婦問題で日本を攻撃することに熱心であり、韓国の国家元老(?)扱いを受けている元慰安婦、李容洙(イ・ヨンス)氏の証言すら根拠にならない。

 彼女がカミングアウトした1993年ごろは「赤い靴とワンピースを見て付いていった」と言っていたが、2000年ごろからは「日本の軍人に連れていかれた」と証言を変えた。これまでいわゆる慰安婦運動家や研究者たちが掲げた強制連行の証言がすべて同様である。業者と慰安婦の間の「契約」を批判できなくなったそれらの人々や韓国のメディアは、ラムザイヤー教授というメッセンジャーを非難するしかなかった。

 慰安婦に巨額の前借金を渡し、数年にわたって返済させたという主張(これは主張でもなく客観的な事実)を批判するなら、前借金を渡さなかったという証拠を示せばいいだけのことだ。朝鮮人慰安婦たちは前借金を全額返済したり、契約期間が終了したりしたら自由の身となり朝鮮に戻ったという主張や、売上高を分割してもらい高額の所得を得たという主張も、それに相反する証拠を提示すればいい。

 しかし、反日種族主義者にはそれができない。証拠がないからだ。ラムザイヤー教授の論理構造にも飛躍や誤りを見つけることができない。繰り返し言うが、結局、できることはメッセンジャーを攻撃することだけだった。

(略)

しかし、日本のメディアはこの問題に関して特に騒いでいない。米国では、ハーバード大学の学校新聞に書かれた韓国人学生記者の空しい叫びが響くだけだった。反日民族主義者らの立場から見れば、今回の騒ぎは韓国の国内的には以前と同様、大きな成果を収めたかもしれないが、対外的には慰安婦問題で日本叩きに失敗した最初の事例として記録されそうだ。(翻訳:金光英実)

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64066

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ひふみ
2021年2月14日 09:28

朝非新聞はちゃんと反論できるよね。えっ?出来ない!?

ももちゃん
2021年2月15日 16:21
Reply to  ひふみ

う、嘘がバレたニダ~
でも、精神的には勝利したニダ~

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x