韓国経済、【残り143店舗】ユニクロが今月中に10店舗閉店 不買運動・コロナ影響=韓国


韓国経済、【残り143店舗】ユニクロが今月中に10店舗閉店 不買運動・コロナ影響=韓国

記事要約:韓国でユニクロが今月中に10店舗ほど閉鎖するらしいが、それでも残り143店舗もあるようだ。不買運動・コロナ影響とか述べているが,単に採算がとれない店舗を減らして事業のスリム化をしただけじゃないのか。

>ユニクロは閉店について「新型コロナウイルス感染症の流行長期化のような外部要因の影響と、消費トレンドの変化など複合的な要素を考慮し、さらに効果的に店舗を運営するためのビジネス戦略の一環」とし、最近の消費トレンドを勘案しオンラインストアを強化する計画だと説明した。

ユニクロも不買運動がどうとか何も言ってないな。消費トレンドそのものはコロナ禍の影響だろうしな。しかも、オンラインストアを強化する計画とある。

>ユニクロの韓国内の店舗数は2019年末は187店だったが、日本による対韓輸出規制強化を受けて韓国で起きた日本製品の不買運動や新型コロナによる景気低迷が重なり減少し始めた。先月末にはソウルの明洞中央店が閉店した。同店舗は11年の開店当時、世界で2番目に大きいユニクロ旗艦店として話題を集めた。

187店が143店ではそこまで大きく減ってないじゃないか。韓国で採算がとれないならさっさと撤退するだろう。そして、主力の中国市場に集中するんじゃないか。韓国市場が小さすぎるユニクロからすれば韓国店舗の閉鎖など季節性レベルの対応てところだろう。日本製品の不買運動、ノージャパンとかいってもたいしたことないと。コロナの影響の方が大きい。

【ソウル聯合ニュース】カジュアル衣料品店のユニクロが今月中に韓国内の10店舗を閉店する。閉店後の店舗数は143店となる。

ユニクロは閉店について「新型コロナウイルス感染症の流行長期化のような外部要因の影響と、消費トレンドの変化など複合的な要素を考慮し、さらに効果的に店舗を運営するためのビジネス戦略の一環」とし、最近の消費トレンドを勘案しオンラインストアを強化する計画だと説明した。

ユニクロの韓国内の店舗数は2019年末は187店だったが、日本による対韓輸出規制強化を受けて韓国で起きた日本製品の不買運動や新型コロナによる景気低迷が重なり減少し始めた。先月末にはソウルの明洞中央店が閉店した。同店舗は11年の開店当時、世界で2番目に大きいユニクロ旗艦店として話題を集めた。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210210003900882?section=economy/index

3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
竹の島
2021年2月13日 19:29

ファーストリテイリングの柳井会長兼社長の発言
・日本人は全部ヒステリー
・日本は最悪、韓国が反日になるのも分かる

韓国におもねっても韓国事業が苦戦しているのは皮肉だなw

キジトラ
2021年2月14日 12:08

あらぁ 又また働くとこが減るなぁ 又失業率が増えるなぁ 10店舗という事は1店舗20人ぐらいの雇用があったとして 200人か はは 面白 不買大成功やなぁ 良かったなぁ ふふ。

ななし~
2021年2月14日 13:58

バザーで頂き物のユニクロのスウェットセーターなら、家のニャんこ達の座布団になっているよ。ファーストリテイリング製のアパレルなど買った事すらない。それに知り合いのお話しだと衣類や靴は、ユニクロ/GU系からAliexpressやDHgateからの通販へ変えたとも話していたん。別にユニクロが潰れても困らないよ~っ。

3
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x