韓国政治、【権力掌握】文大統領が憲法裁判官任命を強行 保守系最大野党は猛反発 憲法裁判官9人のうち6人が文政権寄り


記事要約:今回の文大統領が憲法裁判官任命を強行して、憲法裁判官9人のうち6人が文政権寄りにしたというニュースを知って,管理人は「なるほど」と思った。

今後、文在寅大統領がロウソクデモによって弾劾されても、生き残る対策を取っているわけだ。つまり、憲法裁判官の9人のうち6人を掌握することで、最終的に大統領職を取り上げられることを防ぐためにこのような任命を強行したのではないか。

つまり、文在寅大統領は戒厳令を敷かなくても、憲法裁判官の3分の2を味方にすることで、最終的な裁判官の判断では弾劾は無効にすることで、絶対に負けないことになる。さすがだ。もしかしたら、終身大統領も狙っているんじゃないか。それならとても素晴らしいことだ。是非とも,日本人も文在寅大統領を応援しなくてはいけない。

この記事に対する旧サイトのコメント(6)

韓国経済、【権力掌握】文大統領が憲法裁判官任命を強行 保守系最大野党は猛反発 憲法裁判官9人のうち6人が文政権寄り

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、憲法裁判所の裁判官候補に指名していた李美善(イ・ミソン)氏と文炯培(ムン・ヒョンベ)氏の2人を任命した。保守系最大野党「自由韓国党」は李氏の任命に「左派独裁の最後の鍵」などと猛反発しており、与野党の対立は一段と激化しそうだ。 

青瓦台(大統領府)は、ウズベキスタンを訪問している文大統領が現地で2人の任命案を承認したと伝えた。 

文大統領は李美善氏と文炯培氏について、人事聴聞会の報告書を18日までに送付するよう国会に要請していたが、国会は報告書を採択しなかった。国会の同意がないまま任命に踏み切ったことになる。 

 青瓦台は、前任の裁判官2人が前日の18日に任期を終えて退任したことから、裁判官の不在を食い止めるため19日に後任を任命する必要があると文大統領が判断したと説明している。 

 李氏の任命に強く反発してきた自由韓国党は国会外でも闘争に乗り出す構えだ。土曜日の20日にソウル中心部の光化門に党員と支持者約1万人を集め、文在寅政権の国政運営を批判する大規模集会を開くとしている。 

 自由韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表はこの日、李氏ら2人の任命により、憲法裁判官9人のうち6人が文政権寄りの裁判官になると批判した。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190419001500882?section=politics/index

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x