日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国の歴史主張、【内政干渉】渋沢栄一は「経済侵奪の象徴」…「恥辱」「歴史修正主義」 韓国メディアが痛烈批判

記事要約:日本が20年ごとに新紙幣を発行するのは主に偽造防止用のわけだが、そのデザインで渋沢栄一氏を起用したことで、屑民族がまた火病をおこしている。しかも、明らかに不当な言いがかりであり、内政干渉という。

まあ、5年以内に韓国との断交している予定なので,韓国人が新一万円札を手に取ることはないんじゃないか。韓国最初の紙幣の肖像画は渋沢栄一氏だったということが、韓国に奪うようなものがなかったことを証明しているという。

つまり、自分たちで紙幣を発行する能力さえなかったわけだ。しかも、この頃は金本位制であるので、紙幣は金と交換できたわけだ。そもそも、日本の19世紀の偉人は皆、朝鮮人など嫌いだと思われる。なぜなら、福沢諭吉先生の時代だからな。

> これは近代の韓国では初めての「紙幣」だ。韓国から見れば「初の紙幣の肖像画は日本人」という、ある意味屈辱的な歴史といえる。 韓国の経済紙・ソウル経済は2017年のコラムで、「不法と強権と武力により、民間銀行が国の通貨を発行した」と書いている。 

金本位制を理解しないで、紙幣を発行するのがどれだけ大変なのかをこの韓国メディアは何も理解しない。韓国に紙幣と同等の金を集められるわけないんだよな。ある意味、侮辱的というか。韓国なんて日本が併合しなければ土人国家ではないか。ああ。いまでもそうか。約束も国家間の合意も守らない国家など屑としか表現しかできないものな。

> このような経緯があるため、韓国における渋沢栄一を見る目は厳しい。今回の紙幣デザイン刷新についても、さっそく韓国メディアは痛烈に批判している。聯合ニュースは「日帝(※戦前の日本の事)の利権侵奪のために朝鮮半島で紙幣発行を主導し、自ら紙幣の肖像で登場して恥辱を抱かせた」「京城電気(韓国電力の前身)社長を務め、朝鮮半島に対する経済侵奪に全面的に乗り出した象徴的な人物」「朝鮮半島侵略の歴史を代弁する人物の肖像を新しい1万円札に入れるのは、過去の歴史を否定する安倍晋三政権の歴史修正主義が反映されたためだ」などと報じている。 

なんだ。素晴らしいじゃないか。韓国人が火病するということはある意味で,日本の国益を全うしている偉人ということだ。管理人は韓国のことまで知らなかったが、これは愛着が沸きそうだな。諭吉先生もずっと紙幣でいてほしかったが。歴史修正主義とか意味不明なことをいつも通り述べている。もちろん、相手にする理由すらない。内政干渉だ。

だいたい。韓国の歴史なんてどこを取っても中国の万年属国だろうに。日清戦争で中国から独立させたのは日本である。どこを取ろうが屈辱的な歴史しかしない。だから、朝鮮人は火病するしかないんだよな。真実の歴史を修正するのが韓国だからな。一体、どちらが歴史修正主義なのかよくわかる。韓国のウリナラファンタジーに付き合うほど日本は暇ではない。勝手に批判していろと。

もっとも、火病している原因は偽造がまたしにくくなったというところだろうな。次はどんな凄い技術が使用されるかは楽しみだ。日本の紙幣の偽造防止技術は世界でも群を抜いてるからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【内政干渉】渋沢栄一は「経済侵奪の象徴」…「恥辱」「歴史修正主義」 韓国メディアが痛烈批判

まとめ 

韓国最初の紙幣の肖像画は渋沢栄一だった 
韓国メディアが渋沢栄一の新1万円札を痛烈批判 
伊藤博文、福沢諭吉も…韓国で繰り返される日本紙幣批判 

これは近代の韓国では初めての「紙幣」だ。韓国から見れば「初の紙幣の肖像画は日本人」という、ある意味屈辱的な歴史といえる。 韓国の経済紙・ソウル経済は2017年のコラムで、「不法と強権と武力により、民間銀行が国の通貨を発行した」と書いている。 

このような経緯があるため、韓国における渋沢栄一を見る目は厳しい。今回の紙幣デザイン刷新についても、さっそく韓国メディアは痛烈に批判している。聯合ニュースは「日帝(※戦前の日本の事)の利権侵奪のために朝鮮半島で紙幣発行を主導し、自ら紙幣の肖像で登場して恥辱を抱かせた」「京城電気(韓国電力の前身)社長を務め、朝鮮半島に対する経済侵奪に全面的に乗り出した象徴的な人物」「朝鮮半島侵略の歴史を代弁する人物の肖像を新しい1万円札に入れるのは、過去の歴史を否定する安倍晋三政権の歴史修正主義が反映されたためだ」などと報じている。 

■繰り返されてきた韓国の「日本紙幣」批判 

韓国メディアが日本の紙幣を批判するのはこれが初めてではない。 

初代韓国統監であり、韓国の英雄・安重根(アン・ジュングン)に射殺された伊藤博文の1000円札について、「1000円札が伊藤博文の頃に、日本を訪れた韓国人が1000円札の釣り銭を財布に入れたくなくて、すぐに使ったというエピソードもある」(2004年・国民日報)、「日本は安重根の審判を受けて倒れた伊藤博文を紙幣にした。侵略的過去の歴史を認めない国家情緒を見ることができる」(2017年・釜山日報)などと報じている。 

また福沢諭吉の1万円札についても、「脱亜論で有名な福沢諭吉は日帝が侵略至上主義に駆け上がるのに思想的根拠を提供した人物で、朝鮮を「野蛮以下の国」と酷評して侵攻するよう扇動した。日本はこのように偏向した思考を持ち、戦争と虐殺を促した福沢を啓蒙思想家と称賛して最も多く流通する1万円紙幣にまで登場させた」(2015年・メディアオヌル)と批判している。 

確かに韓国から見れば、自国の歴史上初めての紙幣の肖像画が日本人で、その人物が日本の紙幣に新たに登場するとなると、気持ちのいいものでは無いだろう。渋沢栄一が日本の統治時代に朝鮮半島でビジネスを行ったのも事実だ。渋沢栄一が私利私欲に走る事なく慈善事業にも尽くした人物であることは間違いないだけに、韓国で批判が出るのは残念な事だ。 

なお、韓国紙幣の肖像画は、ハングルを生んだ世宗大王、学者、画家などで、日本と直接関係する人物は描かれていない。 

※全文と全画像はこちらで 

渋沢栄一は韓国紙幣の顔だった…「恥辱」「歴史修正主義」韓国メディアが痛烈批判 

https://www.fnn.jp/posts/00044638HDK))

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ