韓国経済、【崩壊の兆し】4年ぶりに警告レベルを一段階引き上げ「景気不振」、国策シンクタンクが発した警告の意味


記事要約:今回の記事は目新しい情報はあまり書いてないのだが、今まで紹介してきた韓国経済の現状を振り返るとまとめとして最適だといえる。もっとも、書いてあることはいつも通り、文在寅大統領や韓国政府の批判であって、所得主導型成長がどうとか、最低賃金がーと自分たちがその道を選んだことを忘却しているという。

韓国メディアは文在寅大統領の当選したら、バラ色の道が待っているとか述べていたよな。それで、今がそのバラ色の道なのか?経済の天才。外交の天才と文在寅大統領を褒め称えていたよな。国民の支持率は当選するのがやっとだったのに、なぜか8割超えていたよな。

韓国人は自分たちの責任だということをいい加減,理解しろと。選んだ大統領が悪い。韓国政府は無能だと批判だけしていれば、韓国経済が良くなるとでも?なるわけないだろう。ここまで予想通りに経済をぶち壊してくれた文在寅大統領には賞賛に値するが、別に文在寅大統領でなくても、こうなることは予想できた。想定内だ。

> さまざまな原因があるにせよ、政府の政策失敗が事態を悪化させたのは確かだ。最低賃金を急激に引き上げ、中小企業と零細事業者の景気を腰折れさせ、雇用を蒸発させた。無理な週52時間労働上限制で企業の負担を増大させ、経済の活力を失わせた。 

でも、最低賃金はまだ1000円になってないぞ。それが公約で当選したのだろう?韓国の人は最低賃金引き上げを喜んだのではないのか?なら、最低賃金を下げるのか?それはそれで面白いが,それは只の迷走であり。余計,雇用が不安定になるだろうな。

今,もらっている賃金が明日には20%減りますとか、いわれて誰が納得するのか。だから、この先はどんどん上げていけばいい。なあに、最低賃金の1000円も払えない企業なんてそもそも必要ないだろう。韓国メディアはいつになれば最低賃金引き上げそのものが間違ってないことに気付くんだろうな。

> ライバル国とは逆行する一連の反企業政策は企業心理を悪化させ、産業の競争力を低下させている。既存産業が退潮する中、未来の新産業は古い規制に縛られ、ますます出遅れている。産業が成長できずに市場が活気を失っているのに景気が上向くはずはない。設計に誤りがある政策があらゆる副作用を生み、景気の足かせとなっている。 

設計に誤りがあるか。でも、副作用もない完璧な政策なんてないからな。結局,政策というのはその国に応じた政策をとれるかどうかであって、どんな政策云々よりも、大事なのは慎重に行うことである。思いつきでやっていることばかりなので、こんな結果なのだ。真剣に議論を重ねて1つずつ効果をシミュレートしながら、本当にこれでいいのかどうかを決めていく。

韓国にはそれが見当たらない。条例案でもそうだよな。日本の戦犯ステッカーを貼るという条例案は20秒で可決したものな。なのに、急に中止するとか言い出すし、まさに朝令暮改という言葉がぴったりだ。つまり、考えなしであり、無能なのだ。優秀な人材が無能ならそれは韓国人の限界だろう。

だから、勝手に滅べば良いんじゃないか。少なくとも最低賃金を大幅に引き上げるときや52時間勤務制など、それがどんな結果になるかもシミュレートできなかったほど無能なのだ。それが文在寅大統領についているブレーンというわけだ。

この記事に対する旧サイトのコメント(7)

韓国経済、【崩壊の兆し】4年ぶりに警告レベルを一段階引き上げ「景気不振」、国策シンクタンクが発した警告の意味

国策シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は4月の経済状況診断で「内外の需要が低迷し、景気が徐々に不振になってきている」との判断を示した。 

昨年11月から5カ月連続で「景気鈍化」と表現してきたが、警告レベルを一段階引き上げた。4年ぶりに「景気不振」という表現を使い、景気後退が本格化するという診断を公式に示した格好だ。 

さまざまな悪材料にもかかわらず、今でも経済楽観論を堅持する青瓦台(大統領府)と政府に向かって、警告のサイレンを鳴らしたと言える。 

KDIは景気の流れを支える生産、投資、消費、輸出の各指標が例外なく不振である点を根拠に挙げた。2月は前月比で生産が1.9%減、設備投資が10.4%減、小売売上高が0,5%減少するいわゆる「トリプルマイナス」を記録した。 

1月の失業率は過去19年で最悪で、景気状況を示す景気同時指数、景気先行指数は統計開始以来初めて9カ月連続で同時に低下した。それでも善戦してきた輸出も半導体、石油化学などの主力品目が不振に陥り、4カ月連続でマイナスとなっている。 

内需と輸出が同時に不振という内憂外患の状況だ。既に企業や庶民経済の現場からは苦しさを訴える声が上がっているが、さらに深刻な景気低迷が迫っている。 

過去数カ月、世界経済が好調に推移する間、韓国経済には景気回復が見られなかった。そして、世界経済の好況が終わりを告げる兆しを見せると、韓国が真っ先に景気後退期に差し掛かっている。 

さまざまな原因があるにせよ、政府の政策失敗が事態を悪化させたのは確かだ。最低賃金を急激に引き上げ、中小企業と零細事業者の景気を腰折れさせ、雇用を蒸発させた。無理な週52時間労働上限制で企業の負担を増大させ、経済の活力を失わせた。 

ライバル国とは逆行する一連の反企業政策は企業心理を悪化させ、産業の競争力を低下させている。既存産業が退潮する中、未来の新産業は古い規制に縛られ、ますます出遅れている。産業が成長できずに市場が活気を失っているのに景気が上向くはずはない。設計に誤りがある政策があらゆる副作用を生み、景気の足かせとなっている。 

政策転換だけが景気低迷を防ぐ手段なのにもかかわらず、青瓦台と政府は政策を変更しないという。 

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先週、所得主導政策について、「世界的に見ても系譜があるものだ」として、政策堅持の立場を改めて表明した。「経済が改善を見せており、堅実な流れを維持している」というとんでもない認識も示した。 

経済運用を統括する企画財政部(省に相当)は先月まで「景気に肯定的なモメンタム(勢い)がある」とし、現実とかけ離れた診断を維持した。あらゆる指標、あらゆる統計が景気悪化を物語っているにもかかわらず、政府だけがそれに目を向けようとしない。 

客観的事実と指標ではなく、理念と政治のものさしで経済を眺めている。景気後退が本格化し、庶民経済が崩壊し、市民生活の現場で不満が爆発すれば、言い訳はこれ以上通用しない。 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/08/2019040880019.html)

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x