韓国経済危機&崩壊特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国市場、〔はめ込みが足りないニダ〕ビッグヒット暴落に他エンターテイメント株も下落…しかし年末にはカムバック期待

韓国市場、〔はめ込みが足りないニダ〕ビッグヒット暴落に他エンターテイメント株も下落…しかし年末にはカムバック期待

記事要約:まだ、BTSの株価、BigHitエンターテインメントの株価は15分おきの更新なので、管理人にはスタート値は確認できないが、先週は思いっきり下げた。それは事実だ。173000→142000まで下がったので、だいたい20%安だ。173000ウォンで買ってれば2割の損失が出ている。2割なら追証は来るんじゃないか。

まあ、現金なら一縷の望みで持っていれば上がるかもしれない。何しろ、まだ韓国メディアは年末にはカムバック期待とか、はめ込む気、満々だからな。どうせBTSが何かの賞に選ばれたとか、そういうので上がるとか考えてるんだろう。それとも株に握手券でもつけるか。100株もってたら握手できるよとか。

>しかし証券界では、下半期大型アーティストらのカムバック等エンターテイメント株の株価上場の推進力は十分だと肯定的な展望が出ている。

ますますはめ込みを狙っているんじゃないか。

>エンターテイメント~である株価が続けて下落すると、YG、JYP、SM等主要エンターテイメント株も下落の兆候がみられる。これらの株はビッグヒット上場についての期待感により、上場直前は上昇の勢いをみせていた。しかし今月に入りYGは26%、JYPとSMはそれぞれ16%、15%下落した。

BTSの株価だけではなく、他のエンタメの株も下がってると。

>しかし証券界は、今年の年末のエンターテイメント株の反発の可能性が高いとみている。年末多くのアーティストがカムバックし、コンサート等コロナの長期化によって制限されていたオフラインでの活動が下半期に集中し、売上高が大幅に増加するとの見通しだ。

活動したところでその利益が出るのは次の決算だろう。しかも、コロナはこれから活性化するといわれている。ただの博打じゃないのか。他のエンタメ株はどうでもいいか。よく知らないしな。

>主力アーティストのカムバック、コロナによって延期された新規アーティストのデビューなど、下半期スターらの戦争が繰り広げられるとみられるが、ビッグヒットの場合、BTSのグローバルカムバックはもちろん、第2のBTSと呼ばれるセブンティーンのスペシャルアルバムのリリースが今月予定されており、株価反発への期待感は続く。

たかが、アルバムが出たぐらいで株価が上がるのか。相当、工作しないと難しいんじゃないか。そもそも、第2のBTSとか、似たような工作するだけで売れるとは思えないな。ああ、韓国人だからな。詐欺に遭うのはいつものことか。

韓国市場、〔はめ込みが足りないニダ〕ビッグヒット暴落に他エンターテイメント株も下落…しかし年末にはカムバック期待

先月15日上場と同時にエンターテイメント代表株に登板して期待を集めたビッグヒットエンターテイメントの株価が公募価が脅かされる水準にまで暴落した。ビッグヒットの株価が低迷を続け、エンターテイメント関連の株価も同伴している。

しかし証券界では、下半期大型アーティストらのカムバック等エンターテイメント株の株価上場の推進力は十分だと肯定的な展望が出ている。

2日、韓国取引所によると、ビッグヒットの先月30日株価は14万2000ウォンから上場直後「タサン( 公募価の2倍で始め値が形成された後、ストップ高に直行)」価格である35万1000ウォン対比60%近く暴落した。公募価(13万5000ウォン)との差はわずか7000ウォンだ。さらに5%でも下がれば株価は公募価以下まで下がることになる。

エンターテイメント~である株価が続けて下落すると、YG、JYP、SM等主要エンターテイメント株も下落の兆候がみられる。これらの株はビッグヒット上場についての期待感により、上場直前は上昇の勢いをみせていた。しかし今月に入りYGは26%、JYPとSMはそれぞれ16%、15%下落した。

しかし証券界は、今年の年末のエンターテイメント株の反発の可能性が高いとみている。年末多くのアーティストがカムバックし、コンサート等コロナの長期化によって制限されていたオフラインでの活動が下半期に集中し、売上高が大幅に増加するとの見通しだ。

アン・ジナアーティスト投資証券研究員は「下半期のビッグヒットとYG、JYP、SM等4つのエンターテイメント会社の合算売上高は、前年同期比0.9%増の9763億ウォン、営業利益は5.5%増の1320億ウォン、営業利益率は0.6%上昇した13.5%と予想される」、「コロナの長期化でオフライン活動が制限され、売上が落ちていた分、アーティストらの活動は上半期より下半期に増加するだろう」と話した。

続けて「主要アーティストのカムバック日程が第4四半期に集中しているため、エンターテイメント4社の合算売上と営業利益は第3四半期に比べ4四半期がさらに増加していくだろう」とし「エンターテイメント業は2四半期を底辺に第3四半期に売上高反発、第4四半期の売上高は右肩上がりの流れを示すだろう」と分析した。

主力アーティストのカムバック、コロナによって延期された新規アーティストのデビューなど、下半期スターらの戦争が繰り広げられるとみられるが、ビッグヒットの場合、BTSのグローバルカムバックはもちろん、第2のBTSと呼ばれるセブンティーンのスペシャルアルバムのリリースが今月予定されており、株価反発への期待感は続く。

YGはブラックピンクへの期待が大きい。先月初めにカムバックしたブラックピンクのアルバムは「ビルボード200」で上位を占めており、トレジャーも正式デビューし人気をみせている。ギム・ヒョンヨン現代証券研究員は"ブラックピンクがグローバル認知度と影響力でBTSに次ぐ第2のK-POPアーティストと判断する」とし、「ビッグバン活動再開の可能性が常に存在する中で、トレジャーも市場に定着したとみられる」と説明した。

JYPは12月2日に新人女性アイドルグループ「NiziU」が正式デビューし、「ガールグループ名門」を継続している。NiziUはJYPと日本のソニーミュージックが合作して作ったガールズグループに、6月デジタルシングルでフリーデビューした音源「メイクユーハッピー(Make you happy)」が日本ラインミュージック音源チャート1位になった。ボーイズグループであるストレイキッズも11月に日本でカムバックする予定だ。大型アイドルグループであるアップデートワイスも先月末、2作目のアルバムを発表した。

>
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
竹の島
2020年11月2日 10:16

管理人さんのPC環境が判らないのでいらぬ口出しかもしれませんが、NANERではリアルタイムで株価を見ることができます
https://finance.naver.com/item/main.nhn?code=352820

日本でBigHitエンターテインメント株を扱っているSBI証券でログインしても、20分遅れでしか見ることができないのでNANERは便利です

>
2
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ