韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】米ハーバード大教授が「慰安婦=性奴隷」説を否定する論文を発表「問題は朝鮮の募集業者にあった」


韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】米ハーバード大教授が「慰安婦=性奴隷」説を否定する論文を発表「問題は朝鮮の募集業者にあった」

記事要約:ですよね。米ハーバード大教授が「慰安婦=性奴隷」説を否定する論文を発表したようだ。「問題は朝鮮の募集業者にあった」という。つまり、韓国人が韓国人に売春させていただけてことだ。それを否定したあげくねつ造。慰安婦詐欺ビジネスを始めたのが朝日新聞である。

>こうしたなか、米ハーバード大のJ・マーク・ラムザイヤー教授が、慰安婦が当時政府規制下で認められていた国内売春婦の延長線上の存在であることを理論的実証的に示した学術論文が、3月刊行予定の「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」誌65巻に掲載される

理論的実証的に示した学術論文か。いよいよ、世界的に韓国人が追い詰められてきたと。権威主義の韓国ではこの論文の登場は自分たちの詐欺ビジネスが世界に暴露されたのと変わらない。

>本論文では、他の研究者の業績や当時の日本・朝鮮の史料に基づき、朝鮮人慰安婦も日本人慰安婦も公認の売春婦であり、日本軍に拉致され、売春を強いられた「性奴隷」ではないこと、慰安婦をめぐる問題点は、朝鮮における募集業者にあったことが指摘されている。以下、教授ご本人の了承を得て、論文要約を掲載する。

そりゃそうだろう。当時の朝日新聞に高級取りだった慰安婦募集の公告が掲載されているのだから。そんなことは日本では常識なのだが、これがアメリカが出したことは大きい。

韓国社会、【慰安婦詐欺ビジネス】米ハーバード大教授が「慰安婦=性奴隷」説を否定する論文を発表「問題は朝鮮の募集業者にあった」

慰安婦問題をめぐっては、日本軍が戦前、朝鮮出身の女性を「性奴隷」にしていたというイメージが世界に広まっている。最近、ドイツでもこうした主張に基づく慰安婦像が新たに設置された。

こうしたなか、米ハーバード大のJ・マーク・ラムザイヤー教授が、慰安婦が当時政府規制下で認められていた国内売春婦の延長線上の存在であることを理論的実証的に示した学術論文が、3月刊行予定の「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」誌65巻に掲載される(雑誌ホームページですでに閲覧可能。こちらをクリック、

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0144818820301848

米国の高名な会社法学者であるとともに、日本研究の大家でもあるラムザイヤー教授が、他の専門研究者の査読を経た学術論文で、「慰安婦=性奴隷」説に異を唱える議論を展開した意義は大きい。

■問題は朝鮮の募集業者にあった

教授は、いかなる対象であれ、人間は与えられた条件の下で、自らの利益を追求するという経済学の手法を用いて分析する。慰安婦もその例外ではない。

本論文では、他の研究者の業績や当時の日本・朝鮮の史料に基づき、朝鮮人慰安婦も日本人慰安婦も公認の売春婦であり、日本軍に拉致され、売春を強いられた「性奴隷」ではないこと、慰安婦をめぐる問題点は、朝鮮における募集業者にあったことが指摘されている。以下、教授ご本人の了承を得て、論文要約を掲載する。

https://special.sankei.com/a/politics/article/20210128/0001.html

3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ナナシ【メル】
2021年1月29日 09:17

もうかなり前の話だが、中韓が米国にある終戦で持ち出した帝国軍部の資料を数十億ドルと数年をかけて慰安婦関連の調査報告が米国議会に提出されたが売春婦であったという事実しか出てこなかった。

当時にも有名な米国ジャーナリストが発表したが拡散する事が無かったな。
米軍慰安婦の問題が影響したのかな!?

これからに期待だね!!

J I N
2021年1月29日 17:00

これからに期待!
慰安婦は売春婦。この事実が真実。

日本には本当にロシアの慰安婦がいてご苦労されたが、韓国の嘘ツキ売春婦とは全く違う。

韓国の慰安婦は売春婦で朝日新聞の捏造報道。

治部少輔
2021年2月1日 14:53

南朝鮮人(と一部その界隈の日本人)にとって
いわゆる「従軍慰安婦問題」は宗教(みたいな)ものですから、
彼ら界隈は真実や事実は全く無視します。
どれほど強固な真実や証言、高名な学者による研究結果を並べ立てようが
「従軍慰安婦問題」に対する信仰心は一切ゆるが無い、ばかりか
信仰心は益々強固になるのでしょう。

そんなだから、世界の常識から乖離しつつある事態にも気づかず、
いつの間にか同胞だったはずの西側陣営からすら
白眼視される存在になり果てつつあるのです。マンセー。

3
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x