韓国経済、サムスンの折りたたみ式スマホ、1万回の開閉で画面に「しわ」


記事要約:前回、管理人がサムスンの折りたたみスマホを販売するという記事で、読者様が画面にしわができるのではないかと指摘していた気がするが、どうやらそれのソースが付いた。ブルームバーグによると1万回の開閉で画面に「しわ」ができるそうだ。記事に書いてもあるが、1万回の開閉なんて多いように見えて実は半年ぐらいらしい。

> 先日はブルームバーグに、サムスンのGalaxy Foldのディスプレイが、約1万回の折りたたみを経た後、しわが発生するとの記事が掲載された。1万回というとかなりの回数にも思えるが、平均的なスマホユーザーが一日に25~150回、スクリーンのロック解除を行うことから考えて、最悪の場合は半年で不具合が発生することになる。

さすがに半年で不具合を発生して25万だったか。無理だな。しわを発生させるのに回避するために、スクリーンロック解除を半分にしても1年しか持たない。つまり、1年で25万ということだ。これ家電の保証期間より短いではないか。管理人はだいたいヨドバシカメラで家電を買うが、延長保証で3年か、5年ぐらいあるぞ。サムスン電子のスマホに延長保証は付いているのか。

> もちろん、折りたたみ式スマホは必ずしも毎回、広げて用いるものではないが、サムスンが折りたたんだ状態で使えるセカンドスクリーンを搭載しないとすれば、問題の発生率は高まる。 

スマホの使い方なんて人それぞれだが、少なくともタブレットみたいに利用できるのが折りたたみスマホの利便性だったはずだ。でも、それはしわが出来るかもしれないということで、かえって広げないように使わないと行けないと。本末転倒ではないか。しかも、25万円だから、スマホとタブレットを2つ買っても、お釣り来るからなあ。うわあ。新しい物が好きだといっても、これは厳しいんじゃないか。

> 折りたたみ式ディスプレイは新たなテクノロジー故に、このような障害は覚悟すべきことなのかもしれない。しかし、サムスンが約8年をかけてようやく完成させた端末が、不完全なものであるとしたら非常に残念だ。 

8年かけても劣化製品しか造れない。それがサムスン電子だ。

> 専門家の間からも折りたたみ式ディスプレイの、もろさを指摘する声はあがっている。また、アップルは折りたたみ式iPhoneのディスプレイを、熱で温めて破損を防ぐ特許を申請したことも明らかになっている。 

なるほど。アップルが折りたたみスマホを出さないのはまだ耐久性に問題があると踏んでいるからか。確かに管理人はアップルのiPhoneを数台機種交換しているが、一度も壊れたことないんだよな。交換するときは新機種という感じだしな。

> ブルームバーグの記事では、サムスンはディスプレイに不具合が起きた場合、無償で交換するオプションを検討中だという。これはありがたい話ではあるが、理想的とはいえない。また、半年ごとに高価なディスプレイを無償提供するとしたら、サムスンの業績にもダメージを与えかねない。 

なるほど。まあ、先に出してシェアを獲得するという案はビジネスとして悪くないが、問題は折りたたみスマホが壊れやすいというイメージを植え付けると、この先、他のメーカーも困るてことだな。

ゲーム機もそうなんだが、ニンテンドーのハードは本当に壊れないことで有名だった。実際、管理人のニンテンドーハードは壊れたことない。ソニーのPSも壊れたことないな。ゲーム機というのは子供が使うので耐久性は大事だ。さすがに折りたたみスマホを子供が利用するには値段が高すぎるが、耐久性に問題があることは覚えておいた方がいいだろう。

この記事に対する旧サイトのコメント(8)

韓国経済、サムスンの折りたたみ式スマホ、1万回の開閉で画面に「しわ」

サムスンやファーウェイらが相次いで、折りたたみ式スマホを発表しているが、これらのデバイスのディスプレイがどれほどの耐久性を備えているのかは疑問だ。 

先日はブルームバーグに、サムスンのGalaxy Foldのディスプレイが、約1万回の折りたたみを経た後、しわが発生するとの記事が掲載された。1万回というとかなりの回数にも思えるが、平均的なスマホユーザーが一日に25~150回、スクリーンのロック解除を行うことから考えて、最悪の場合は半年で不具合が発生することになる。 

もちろん、折りたたみ式スマホは必ずしも毎回、広げて用いるものではないが、サムスンが折りたたんだ状態で使えるセカンドスクリーンを搭載しないとすれば、問題の発生率は高まる。 

また、1万回の折りたたみで生じる画面のしわが、少々不快な程度のものなのか、もっと酷いものなのかによっても事の重大さは異なるだろう。しかし、2000ドル以上もする高価なデバイスの画面に、しわが出るというのは問題だ。 

折りたたみ式ディスプレイは新たなテクノロジー故に、このような障害は覚悟すべきことなのかもしれない。しかし、サムスンが約8年をかけてようやく完成させた端末が、不完全なものであるとしたら非常に残念だ。 

専門家の間からも折りたたみ式ディスプレイの、もろさを指摘する声はあがっている。また、アップルは折りたたみ式iPhoneのディスプレイを、熱で温めて破損を防ぐ特許を申請したことも明らかになっている。 

ブルームバーグの記事では、サムスンはディスプレイに不具合が起きた場合、無償で交換するオプションを検討中だという。これはありがたい話ではあるが、理想的とはいえない。また、半年ごとに高価なディスプレイを無償提供するとしたら、サムスンの業績にもダメージを与えかねない。 

折りたたみ式スマホを市場に投じるメーカーらは、このテクノロジーに自信を抱いているのかもしれないが、完成度の点でいうとまだ疑問が残る部分もあるのが現状だ。 

(http://news.livedoor.com/article/detail/16189838/)

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x