韓国経済、【韓国自動車の火病は蘇る!そう何度でもニダ!】リコール措置を受けたのに・・・また燃えた電気自動車コナ


韓国経済、【韓国自動車の火病は蘇る!そう何度でもニダ!】リコール措置を受けたのに・・・また燃えた電気自動車コナ

記事要約:管理人がこの記事を読んで天空の城ラピュタで出てくるムスカ大佐の名台詞を思い出した。韓国自動車の火病は蘇る!そう何度でもニダ!なぜなら、火病こそ韓国製のEVの常識だからだ。

しかし、現代自動車はリコール措置を受けて回収して、また持ち主に戻しても火病とはさすがだな。管理人の期待を裏切らない。

>24日、消防当局によれば、23日に大邱(テグ)の某タクシー会社に設置されていた共用充電器で、充電中だったコナEVから火災(写真)が発生した。現代自動車側は、「火災の原因を調査中」と明らかにした。火災の車両は、最近リコール措置を受けたのに火がついたという。

リコール措置で回収して戻ってきたら、普通は直ってると思うだろう?だが、別の問題が発生するのがコリアクオリティだ。火病は蘇るのだ!

>コナEVの火災は、分かっているだけで合計15件(国内11件・海外4件)に達した。国土交通部は昨年10月、コナEVの火災原因を高電圧バッテリーセルの製造不良と指摘した。現代自動車はバッテリー管理システム(BMS)をアップグレードするリコールを行ったが、リコール後に始動しないとかサービスが不十分という不満が相次ぎ、物議を醸した。

リコール後なのに始動しないとか。なかなか、斬新だな。普通、社の命運をかけて原因を特定して再発防止に務めるだろう。まあ、労働貴族が作るような自動車だしな。スマホで映画見ながら作るから欠陥品なんだろう。

>現代自動車は今年、電気自動車専用プラットホームE-GMPをベースにしたアイオニック5をはじめ、キアCV(以下、プロジェクト名)、ジェネシスJWなど、次世代の電気自動車を発売する予定である。我が国を越え、全世界を代表する自動車企業に成長した現代自動車が、品質リスクを明確に把握するイメージの刷新が必要という指摘も出ている。

現代自動車は粗大ゴミ。さらにEVは自動車ごと火病するという明確なイメージなら付いているぞ。世界に代表する自動車企業といいながら、お粗末過ぎませんか。本当にこんなので日本市場に再進出するつもりなのか。

因みに現代自動車がアップルと組んでアップルカーを作るという話。あれから何の音沙汰もない。でも、わりと現代自動車の株は買われているんだよな。

韓国経済、【韓国自動車の火病は蘇る!そう何度でもニダ!】リコール措置を受けたのに・・・また燃えた電気自動車コナ

現代(ヒョンデ)自動車のコナ・エレクトリック(EV)が、原因不明の火災によって再び物議を醸した。今年、『電気自動車元年』を宣言した現代自動車が特別な対策を打ち出してこそ、消費者の信頼度の下落を防ぐものと見られる。

24日、消防当局によれば、23日に大邱(テグ)の某タクシー会社に設置されていた共用充電器で、充電中だったコナEVから火災(写真)が発生した。現代自動車側は、「火災の原因を調査中」と明らかにした。火災の車両は、最近リコール措置を受けたのに火がついたという。

コナEVの火災は、分かっているだけで合計15件(国内11件・海外4件)に達した。国土交通部は昨年10月、コナEVの火災原因を高電圧バッテリーセルの製造不良と指摘した。現代自動車はバッテリー管理システム(BMS)をアップグレードするリコールを行ったが、リコール後に始動しないとかサービスが不十分という不満が相次ぎ、物議を醸した。

現代自動車は今年、電気自動車専用プラットホームE-GMPをベースにしたアイオニック5をはじめ、キアCV(以下、プロジェクト名)、ジェネシスJWなど、次世代の電気自動車を発売する予定である。我が国を越え、全世界を代表する自動車企業に成長した現代自動車が、品質リスクを明確に把握するイメージの刷新が必要という指摘も出ている。

http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924175368

5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
竹の島
2021年1月25日 11:03

日本企業の不良対策は、徹底的に真の原因を探り再発防止策を行う
詐欺、ごまかしが身に染みた文化の国は、対処療法で対応する
だから、運が良ければ再発はしない
今回は運が悪かったとしか考えていないんじゃないかな
韓国クオリティなんてその程度です

ひふみ
2021年1月25日 10:47

波動エネルギー充填効率120%(BOM!)
だから,過充電は危険なんだって。

かめい
2021年1月25日 12:12

リコールに出したから発火した。

迎恩門
2021年1月25日 22:13

お車関係の記事なので「双竜自動車」のその後が大変なことになっています。
・新しい売却先との交渉が期限である1月22日までに合意できなかったようです。(労働組合は売却交渉が決裂したと組合員に伝えた)
・1月と2月の従業員給与を50%カット
・1月29日に約180億円の手形満期。同社の約350社の中小部品メーカーで構成された「双竜社協同会」は昨年10月から支払いを受けていない納品代金が約500億円以上と推定されます。
この手形満期を処理するためには28日までに売却交渉を成立させて、新オーナーから資金注入される以外に方法がありませんが、売却交渉は決裂が決定的な情勢です。
手形が処理できない場合は、納入した部品代金が支払われなくなり約350社の部品メーカーが連鎖倒産という事態に…
今週が本当に山場となりそうですね。

治部少輔
2021年1月26日 10:49
Reply to  迎恩門

飯ウマ情報ありがとうございます。

5
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x