韓国経済、〔圧倒的な大差で負けた韓国候補〕WTO委員会、次期事務局長にナイジェリア候補を推薦-関係者


韓国経済、〔圧倒的な大差で負けた韓国候補〕WTO委員会、次期事務局長にナイジェリア候補を推薦-関係者

記事要約:まだ正式に決まったわけではないが、WTO次期事務局長選でナイジェリアの候補が圧倒的な大差で韓国候補に勝ち、WTO委員会は次期事務局長にナイジェリア候補を推薦したようだ。つまり、韓国の負けである。

>非公開の協議だとして匿名で語った関係者によると、WTO高官3人で構成する選考委員会はオコンジョイウェアラ氏に対し、次期事務局長就任への支持が大差で勝っており、加盟164カ国・地域のコンセンサスを求めるのに最もふさわしい立場にあると伝えた。

国を挙げての賄賂工作では歯が立ちませんでしたと。ただ、アメリカなどは反対する可能性はあると。

>加盟国・地域の代表は今後数日以内に総会を開催し、実際にオコンジョイウェアラ氏に一致した支持があるか最終的に判断する見込み。ただ、米国などの諸国が同氏の就任に反対を決める場合はプロセスがさらに長引く可能性もある。

このようにアメリカは韓国側らしい。まあ、もっともナイジェリアの候補が中国側なので、そちらに反対する意味も大きいのだろう。ただ、管理人はどれだけ何かあっても韓国候補だけはやめたほうがいい。日本やEUが賢明な判断をしたことは氷塊したい。トランプ大統領は大統領選に忙しいのでほぼ部下に任せていたと思われる。

韓国経済、〔圧倒的な大差で負けた韓国候補〕WTO委員会、次期事務局長にナイジェリア候補を推薦-関係者

ナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相(66)は、女性初の世界貿易機関(WTO)事務局長就任に一歩近づいた。

非公開の協議だとして匿名で語った関係者によると、WTO高官3人で構成する選考委員会はオコンジョイウェアラ氏に対し、次期事務局長就任への支持が大差で勝っており、加盟164カ国・地域のコンセンサスを求めるのに最もふさわしい立場にあると伝えた。

WTO新事務局長の選考過程は長く複雑だが、WTO委員会からお墨付きを得た形となり、オコンジョイウェアラ氏が最終的なハードルを乗り越える助けになる。

加盟国・地域の代表は今後数日以内に総会を開催し、実際にオコンジョイウェアラ氏に一致した支持があるか最終的に判断する見込み。ただ、米国などの諸国が同氏の就任に反対を決める場合はプロセスがさらに長引く可能性もある。

米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表は、対抗候補で韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長を支持している。ライトハイザー氏に近い複数の関係者によると、同氏はオコンジョイウェアラ氏が元USTR代表のロバート・ゼーリック氏ら米国の自由貿易推進派に近すぎるとみている。ゼーリック氏とオコンジョイウェアラ氏は世界銀行で共に働いたことがある。

bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-28/QIWV2PT1UM1901

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
竹の島
2020年10月29日 08:12

以下読売新聞の抜粋
事務局長の選挙でオコンジョイウェアラが多くの支持を集めたことが明らかにされたが、米国が反対したことで合意は得られなかった
事務局長の任命には、加盟国の合意が必要なため、米国が事実上の「拒否権」を行使したかたちだ
前任の事務局長は8月末に任期途中で退任しており、米国の反対が続けば、トップ不在が長引きそうだ
——————
トップ不在が長引く可能性があるけど、“だから韓国候補”ということは無くなったので問題なし
あと、韓国候補が降りれば終わるけど、その線はなさそうだね

Last edited 6 months ago by 竹の島
1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x