日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国社会、【地上の楽園】微細粉塵に晒された韓国人、福島の住民より生涯被爆量160倍多い

記事要約:韓国で人気沸騰中の粉砕粉塵の健康への被害は 福島の住民より生涯被爆量が160倍多いそうだ。実際、韓国はPM2.5だけではない。ソウルで調査したらその数値は日本よりも高いことが証明されている。、まさに大気汚染の中で地上の楽園を謳歌してきたのが韓国人だ。

もっとも、経済発展するために多少の犠牲も仕方がないことかもしれないが、 21世紀になっても大気汚染対策もまともに出来ないのだから、きっと韓国人は住めなくなったら逃げ出すんだろうな。自国に愛なんてないものな。でも、庶民が逃げ出すころにはとっくに金持ちは逃げ終わっているので、その時に経済もボロボロになっていそうだな。

どちらにせよ。この大気汚染問題はべつの意味で韓国そのものを滅ぼす要因へと格段に進化を遂げつつあるてことだ。凄いな。まさにジョーカーだ。管理人も11年、サイトを運営してきて、まさか大気汚染で韓国が滅びるなんて想像もしてなかった。いやあ。管理人の予想を軽く超えてくるのはさすがとしかいいようがない。

> ソウル大側は、微細粉塵の危険性がこれ以上看過できないレベルに達したという点を強調した。

危険性を看破できないといいながら、三週間以上も放置。対策は空気清浄機に補助金出すとか、空気清浄機を一定の間隔で配置とか、付け焼き刃でしかない。まさか、このまま放置していれば季節が過ぎればなんとか乗りきれるとか想っているんじゃないだろうな。

原因調査もしないでそのままにすれば状況はもっと悪化するぞ。それこそ、ロウソクデモの原因となるぐらい。ああ。でも、灰色の空ではロウソクデモはできないか。これは屋内でカラオケパーティーだな。

この記事に対する旧サイトのコメント(5)

Screenshot of kankokukeizai.kill.jp

韓国経済、【地上の楽園】微細粉塵に晒された韓国人、福島の住民より生涯被爆量160倍多い

ソウル大学原子力政策センターが微細粉塵が福島の放射能より遥かに体に有害だと主張した。 

これによると超微細粉塵(PM2.5)による韓国の年間早期死亡者は11,900人と集計された。疾患別では、脳卒中が47.4%(5,646人)で最も多く、続いて心臓病27.8%(3,303人)、肺がん19.6%(2,338人)などの順だった。超微細粉塵による韓・中・日の国別の寿命減少も言及された。韓国が0.49年、日本の0.33年に、中国1.25年であることが分かった。 

特に微細粉塵濃度を放射線被爆量で換算した時がさらに衝撃的だ。 

80歳基準男性が韓国の年平均超微細粉塵濃度25μg/m3を生涯吸うことになれば放射線1,645mSv、毎年20mSvずつ被爆するのと同じだ。 福島の住民の生涯被曝量が10mSv前後であることを考慮したとき約160倍以上高いわけだ。 

ソウル大側は、微細粉塵の危険性がこれ以上看過できないレベルに達したという点を強調した。

(https://www.insight.co.kr/news/215563)ソースは5chより記事掲載。

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ