韓国経済危機&崩壊特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国社会、〔想定内の言い訳ニダ〕「統計学的に見て死亡者36人ならワクチン製造番号が同じになる確率99% 製造工程上の問題である可能性は低い」


韓国社会、〔想定内の言い訳ニダ〕「統計学的に見て死亡者36人ならワクチン製造番号が同じになる確率99% 製造工程上の問題である可能性は低い」

記事要約:そりゃ、誰も責任なんてとりたくないから、意味不明な理由を付けて問題ないというしかないよな。韓国製のインフルワクチン接種して36人も死亡していることで、韓国政府は対応に追われているが、相変わらず、人の命を軽んじたことしかいわない。

まずは接種を中止してから調べるということは基本じゃないのか。どれだけ利権があるかは知らないが、死者がどんどん増えてるじゃないか。

>チョン・ジェフン教授はこれを説明するため、「誕生日のパラドックス(Birthday paradox)」と呼ばれる数学の問題を例に挙げた。この問題は、大勢の人が集まった時、誕生日が同じ人がいる確率がどのくらいかを問うものだ。誕生日は366(2月29日を含む)ある可能性があり、直感的にはかなり多くの人が集まらなければ誕生日が同じ人が出て来ないような気がする。だが、実際に確率を計算してみると、1カ所に23人しか集まらなくても誕生日が同じ人がいる確率は約50%となる。60人を超えれば誕生日が同じ人が1組以上いる確率が99%を超える。

>同様に、統計学的に見れば、ワクチンも死亡者がある程度増えれば、同じ製造番号のワクチンを接種されて死亡した疑い例が出てくるのは自然な現象だということだ。同じ製造番号の製品を接種された死亡者が出たからと言って、特定のワクチンに問題があるという疑惑を裏付けると考えるのは間違っているという意味だ。

この教授はあほだわ。数学の問題じゃないんだ。人が死んでるんだ。36人が原因不明で死んでいて、確かなのは全員がインフルワクチン接種しているてこと。なら、疑うのはそこだろう。それこそ数学的にも統計的に正しいじゃないか。

人が死んでいることに統計の計算なら問題ないとか、訳のわからないことが通じるわけないだろう。36人にも家族や友人がいるんだぞ。そもそもロットの問題でなければなんでそんなに死んでいるんだ。この教授の頭の中では数学的思考だけで生きているから人として普通の感性を持っていないのだ。韓国人は全員、こういう民族かもしれないが。

こういうやつがあれなんだろう。コロナよりインフルエンザの方が毎年、死んでいるとか言い出すんだろう。そういう問題ではないことを理解していない。

まずは数日で大量に死んでいることを重視してあらゆる可能性を考慮するために接種を中止する。そこから原因を調べればいいだろうに。何で走りながら原因を考えて、無理な結論を出すのだ。まずは止まれよ。

韓国社会、〔想定内の言い訳ニダ〕「統計学的に見て死亡者36人ならワクチン製造番号が同じになる確率99% 製造工程上の問題である可能性は低い」

同一製造番号のインフルエンザワクチンを接種されて死亡したことが疑われる事例は23日午後1時現在、2組確認されている。しかし、「これが、該当のワクチンの品質に異常があって起こったことだとはみなせない」という嘉泉大学吉病院予防医学科チョン・ジェフン教授の意見が23日の大韓医学会英文学術誌「JKMS」に掲載された。

チョン・ジェフン教授はこれを説明するため、「誕生日のパラドックス(Birthday paradox)」と呼ばれる数学の問題を例に挙げた。この問題は、大勢の人が集まった時、誕生日が同じ人がいる確率がどのくらいかを問うものだ。誕生日は366(2月29日を含む)ある可能性があり、直感的にはかなり多くの人が集まらなければ誕生日が同じ人が出て来ないような気がする。だが、実際に確率を計算してみると、1カ所に23人しか集まらなくても誕生日が同じ人がいる確率は約50%となる。60人を超えれば誕生日が同じ人が1組以上いる確率が99%を超える。

同様に、統計学的に見れば、ワクチンも死亡者がある程度増えれば、同じ製造番号のワクチンを接種されて死亡した疑い例が出てくるのは自然な現象だということだ。同じ製造番号の製品を接種された死亡者が出たからと言って、特定のワクチンに問題があるという疑惑を裏付けると考えるのは間違っているという意味だ。

チョン・ジェフン教授は本紙の電話取材に「韓国のインフルエンザワクチンの同一ロット番号(製造番号)は202ある。この場合、23日昼までに報告された36件の死亡例のうち、1組以上が同じ製造番号である確率は99%に達する」と説明した。

そして、「ワクチン製造の工程に問題があったならば、特定の会社の製品や同一製造番号で主に問題が発生することになる」「現在の調査の結果、死亡者が接種されたワクチンのメーカーと製造番号はほとんど違う。これは製造工程上の問題である可能性が低いことを意味している」と語った。

ただし、統計的に異常なことではないからと言って、ワクチンの安全性を確かめる必要がないと考えてはならない、という意見もある。高麗大学九老病院感染内科のキム・ウジュ教授は「可能性は低いが、万一でも問題が生じる可能性があるので、慎重に検討しなければならない」と話している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1a2bd35c4a88f1446ac54d3a94280fb1c9ce585

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
NO IMAGE
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x
ツールバーへスキップ