韓国経済、【WTO事務局長選】「兪明希」で東西に分かれた“EU” 東ヨーロッパとバルト海の国々はユ本部長を支持


韓国経済、【WTO事務局長選】「兪明希」で東西に分かれた“EU” 東ヨーロッパとバルト海の国々はユ本部長を支持

記事要約:WTO事務局長線、賄賂と強引な説得で一応、韓国の代表が最終候補まで残ったようだが、韓国に勝ち目はない。なぜなら、日本が韓国の候補を指名しないからだ。全会一致が原則ならまず無理だろう。それで、EUも分かれているようだ。韓国とナイジェリアの候補のどちらにするのかで。

>フランスとドイツを含めた多数の国々は、オコンジョイウェアラ候補の方に傾いているとされている。しかし ポリティコは外交官5人からの引用で、東ヨーロッパとバルト海の国々はユ本部長を支持していると伝えた。

難しいのはこれ東西で分かれているから、ロシアや中国の影響が強いナイジェリアの候補に反対するてことだ。だから、韓国の候補を支持する。そして、逆もしかりと。ぶっちゃけると中国、ロシア側とそれ以外になる。どちらにせよ。WTOが形骸化しそうだが。

管理人の個人的な意見だと韓国の候補だけはない。自国の利益誘導しますというような連中を事務局長にすればパン君みたいにいわれるぞ。歴史上、最悪の国連事務総長だと。

韓国経済、【WTO事務局長選】「兪明希」で東西に分かれた“EU” 東ヨーロッパとバルト海の国々はユ本部長を支持

ヨーロッパ連合(EU)は、世界貿易機構(WTO)事務局長選挙の最終候補2人のうち、誰を支持するかを決めかねていると、米国の政治専門メディア“ポリティコ”が23日(現地時間)報道した。

現在 WTO事務局長選の最終候補者は、韓国のユ・ミョンヒ(兪明希)通商交渉本部長と、ナイジェリアのヌコジ・オコンジョイウェアラ元財務相である。

フランスとドイツを含めた多数の国々は、オコンジョイウェアラ候補の方に傾いているとされている。しかし ポリティコは外交官5人からの引用で、東ヨーロッパとバルト海の国々はユ本部長を支持していると伝えた。

先週 EU首脳たちは、EUとアフリカの関係に関してWTO事務局長の指名について話し合ったが、欧州理事会(EU首脳会議)のシャルル・ミシェル常任議長は加盟国たちの立場を一致させることが重要だと強調した。

ドイツは、オコンジョイウェアラ候補への支持に反対している国々がその立場を変える時間を稼ぐために、21日に予定されていたEU加盟国会議を23日に延ばした状況である。

現在 ドイツは各国を相手に、個別の話し合いをもっているが、この日までに全ての加盟国の支持を得ることができるかは未知数だと、ポリティコは伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fd000ca6f23886dd6610d76c3601120d65c2c1bc

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
竹の島
2020年10月24日 10:47

>EUは、WTO事務局長選挙の最終候補2人のうち、誰を支持するかを決めかねていると、米国の政治専門メディア“ポリティコ”が23日(現地時間)報道した。

これはフェイク記事だ
韓国紙が他紙(特に韓国以外)記事を引用するときは嘘が多い

そこでPoliticoの2020年10月23日10:00 AM EDT記事を読んでみた
記事は多くの項目が書かれているので、WTOに関する部分を抜粋して直訳

>WTO: EUは、ナイジェリアのンゴジオコンジョイウェアラ候補を世界貿易機関の最高の仕事のための競争で支援する予定であると、2人のEU当局者がPOLITICOに語った。

EUはナイジェリア候補を推すとはっきり書いている
韓国紙は事実と願望をごちゃまぜにしている

Make Supply Chains Great Again By RYAN HEATH 10/23/2020 10:00 AM EDT
https://www.politico.com/newsletters/global-translations/2020/10/23/make-supply-chains-great-again-490694

1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x