韓国社会、【まったくその通り】中国外務省「微細粉塵が中国のせい?根拠はあるのか?」 韓国からの批判を一蹴


記事要約:韓国の連日の灰色の空の原因が中国だと指摘したことで、中国外務省が「 微細粉塵が中国のせい?根拠はあるのか? 」と批判を一蹴した。まったくもってその通りだ。韓国では証言だけで通じるかもしれないが、国際社会では証言だけでは駄目で、証拠は必要だ。韓国はいますぐこの 微細粉塵が中国のせいだという証拠を突きつければいい。あるならな。憶測で他国のせいにするなんて言語道断だ。

そもそも、先ほどの大気汚染ランキングでワースト1位と2位を韓国のソウルと仁川が独占したことでも反論できる。仮に中国の責任なら中国の方が多いはずだからな。なんで韓国の都市の方が酷いのか。簡単なことだ。韓国が原因だからだ。そう反論されたら韓国はどう答えるつもりだ。

だいたい、大気汚染を調べるための飛行機も飛ばしてなかっただろ?どうやって中国のせいだといえるのか。科学的な検証もなしに中国を疑うなんて酷いものだ。

> ルカン、中国外交部スポークスマンは6日、ムン・ジェイン韓国大統領が微細粉塵問題の韓中協力案作りを指示したことに対する立場を問う言葉に「関連報道を知らない “としながら”韓国の微細ホコリが中国から来たかについて十分な根拠があるのか??分からない」と反問した。 

まったくその通りだ。中国から来たという明確な証拠を出せと。日本もこれぐらい強気な対応をするべきなんだよな。だから、こんな迷惑しかかけない韓国に舐められているわけだ。

この記事に対する旧サイトのコメント(6)

中国外務省、微細粉塵中責任論に「十分な根拠が?」 
聯合ニュース 記事転送2019-03-06 17:23 

(北京=聯合ニュース)ギムユング特派員=中国政府が韓国で提起されている微細粉塵、中国責任論を改めて否定した。 

ルカン、中国外交部スポークスマンは6日、ムン・ジェイン韓国大統領が微細粉塵問題の韓中協力案作りを指示したことに対する立場を問う言葉に「関連報道を知らない “としながら”韓国の微細ホコリが中国から来たかについて十分な根拠があるのか??分からない」と反問した。 

彼はソウルの超微細粉塵(PM -2.5)濃度が147?/?を超えたが、最近の二日間、北京では、微細粉塵がなかったようだと述べた。 「中国責任論」を事実上反論したものと解釈される。 

しかし、汚染物質の長距離移動には時間がかかるうえ、北京では、過去2?4日、大気汚染オレンジ警報が発令されたし、全国人民代表大会が開幕した5日午前まで超微細粉塵濃度が200?/?を超えたことを見れば、ルーのスポークスマンが入った例「中国責任論」に反論の根拠になるには、不足に見える。 

彼は「(微細粉塵の)発生原因は、非常に複雑である」とし「総合的な管理は、科学的な態度に基づいているべきである」と述べた。 

ルースポークスマンは続いて韓・中協力について「協力することは、当然良いこと」という立場を明らかにした。 続いて、具体的な内容は、関連部門にお問い合わせするように付け加えた。 

先に中国の生態環境部は、今年1月月例ブリーフィングで、「他の人が自分に影響を与えると盲目的にせいするだけしては微細粉塵を減らす絶好の機会を逃すこと」とし、韓国が自ら微細粉塵の管理に力書け提言した。 

生態環境部は、昨年12月には「ソウルの微細粉塵は、主にソウルで排出されたもの」と主張した。 

(https://news.nate.com/view/20190306n35124)ソースは韓国語なので5chより記事掲載

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x