韓国軍事、【2兆ウォンで対抗】韓国、33年目標に軽空母 実現不透明、不要論も


韓国軍事、【2兆ウォンで対抗】韓国、33年目標に軽空母 実現不透明、不要論も

記事要約:日本が空母を持つから韓国の空母を持ちたいニダとか意味不明な理由で始まった韓国の空母開発だが、どんどんその実現は遠ざかっている。最初は空母で、次は軽空母と来ていたが、そのあとは実現不透明となった。だって空母持っても韓国に必要ないものな。一体、どこに浮かべるんだよ。しかも、2兆ウォンで空母ができるか。

>韓国海軍は18日までに、国会の国防委員会に対し、2033年を目標に4万トン級の「軽空母」を導入する方針だと明らかにした。導入目標時期を当局が示すのは初めて。実現可能性は不透明だ。韓国メディアが報じた。

すごいよな。2033年て、いまから13年後だ。韓国が存在しているかも怪しい時代である。もっとも軽空母もいらない。

>韓国海軍は当面の事業費を2兆ウォン(約1840億円)と見積もっている。国産空母を建造する中国や、護衛艦を改修して事実上の空母化を進めている自衛隊の動きに対抗する狙いがありそうだ。

何でも日本の真似をするのは自由だが、韓国と日本は地理的条件が全く異なる。つまり、使い道が違うのに韓国は日本がするから、韓国もそうするとか、わけのわからない理由で持ちたがるという。実際、空母なんて一隻では済まない。補給用などで最低3台はいる。その事業費は2兆ウォンらしい。無理に決まっているだろう。

韓国軍事、【2兆ウォンで対抗】韓国、33年目標に軽空母 実現不透明、不要論も

韓国海軍は18日までに、国会の国防委員会に対し、2033年を目標に4万トン級の「軽空母」を導入する方針だと明らかにした。導入目標時期を当局が示すのは初めて。実現可能性は不透明だ。韓国メディアが報じた。

韓国海軍は当面の事業費を2兆ウォン(約1840億円)と見積もっている。国産空母を建造する中国や、護衛艦を改修して事実上の空母化を進めている自衛隊の動きに対抗する狙いがありそうだ。

保有目的が「不透明だ」(KBSテレビ)とする不要論も根強い。軽空母の開発や設計は、国防省が8月に発表した21~25年の国防中期計画にも盛り込まれていた。(共同)

https://www.sankei.com/world/news/201018/wor2010180025-n1.html

3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ひふみ
2020年10月20日 09:32

あんたらの国は陸軍国家でしょうに。。。
空母に艦載機積んでどこに浮かべる? で、どこの国に向けて戦闘機発艦させるの?
         バカなの?

ひふみ
2020年10月20日 09:53
Reply to  ひふみ

>空母打撃群(Wiki)
>空母打撃群は、1隻の航空母艦と複数の護衛艦艇、潜水艦と補給艦で編成される。
「日本が空母持つから、ウリたちも欲しいニダ。」
「空母さえ持てば先進防衛国ニダ ♪ 」

やっぱりバカだ。

治部少輔
2020年10月20日 15:58

文在寅による軍部のつなぎ止め策

ポッケナイナイ放題の案件(空母建造)を用意したから、
大人しくしててね、二ダ。

3
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x