日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

朝日新聞の妄想、【お断りします】朝日新聞「日本はいずれ植民地時代の賠償金200億ドルを北朝鮮に支払う交渉に望むことになるだろう」

記事要約:どうやらまた朝日新聞の屑記者がまた愚かなことを述べている。この屑記者によると「日本はいずれ植民地時代の賠償金200億ドルを北朝鮮に支払う交渉に望むことになるだろう」という。違うだろう?

逆に日本人が拉致問題やミサイル発射、核実験などで北朝鮮から謝罪と賠償を請求するに決まっているだろう。頭、おかしいのか。何で犯罪者に金を払わないと行けないのだ。管理人は例え一円でも北朝鮮に払うなんてことは反対する。

人道支援とか、そういう下らない言い訳は聞き飽きた。国民が餓死しようがミサイル発射して、核実験して日本人に脅威を植え付けたことを永遠に許すわけない。もちろん、北朝鮮との国交正常化など永遠にない。韓国ともおさらばするので南北とともにいらないてことだ。

だいたい、何で米国人は拉致したのを返して、日本人の拉致被害者は返さないのか。それは日本が舐められているからだ。だから、結局、日本も核武装をすべきだとおもうんだよな。北朝鮮を一瞬で灰に出来る力を持ってないから舐められるのだ。

> 「唯一、日本と韓国の利害が一致するのが日朝間の国交正常化。 
けれども6者協議が破綻している今、日本がどんなビジョンを持ってこれを行うのかが見えてこない。 そして北朝鮮との国交正常化が実現する過程で、日本は最低でも200億ドルと言われる植民地賠償金支払いの交渉に臨むことになる。 
この厳しい交渉に日本国民が耐えられるか、そして韓国がどんな立場を取るのか。すんなりとはいかないだろう」 

屑記者の言い分など論じるに値しない。交渉なんかになると思っているのか。いい加減、日本人の怒りを理解しろよ。国交正常化なんて誰も望んでないというのに。

Screenshot of kankokukeizai.kill.jp

韓国経済、【お断りします】朝日新聞「日本はいずれ植民地時代の賠償金200億ドルを北朝鮮に支払う交渉に望むことになるだろう」

昨年来、レーダー照射問題や 「徴用工」 問題で悪化している日韓関係。 
ところが韓国では対日感情が極端に悪化していないという。理由は、あの国だ。 

好き・嫌い以前に、韓国で日本の存在感が低下している──。 
そう指摘するのは、ソウル在住のジャーナリストで、朝鮮半島報道に特化した日本語ウェブサイト「The Korean Politics」編集長の徐台教氏(40)だ。 

徐氏は文在寅政権の中枢を担う世代についてこう分析する。 
「1990年代に30代で、80年代に大学生で民主化学生運動に参加していた60年代の生まれが多い。韓国ではこの世代を『386世代』と呼びます」 

この世代の多くは現在50代。 
60代以上の世代が朝鮮戦争(50~53年)の記憶から北朝鮮を敵視し、反共意識が高かったのに比べ、民族分断を克服すべきという意識が高い。 
徐氏は、彼らが朝鮮半島分断の起源を日本の植民地支配に求め、日本に対して潜在的な不快感を持っているとした上でこう解説する。 

「現政権の最優先課題の一つは南北関係の改善であり、朝鮮半島の将来的な統一に向けた環境整備にある。そのため重視しているのは対米関係。 
日本は米国の言いなりという認識があるため、米国と北朝鮮の間で非核化と国交正常化(平和協定)を交換する交渉に結論が出ない状況下では、 日本との関係を決めかね、後回しでいいと考えている」 

確かに、SNS上に飛び交うコメントをみていると、日本では圧倒的に韓国バッシングが多いが、韓国では日本バッシングは必ずしも多くない。 

前出の徐氏は、日韓のお互いの政治が機能していない今、両国の関係はしばらく停滞が続くとみている。 
そして、日韓関係は今後、北朝鮮という国家に翻弄され得ると予測する。 

「唯一、日本と韓国の利害が一致するのが日朝間の国交正常化。 
けれども6者協議が破綻している今、日本がどんなビジョンを持ってこれを行うのかが見えてこない。 
そして北朝鮮との国交正常化が実現する過程で、日本は最低でも200億ドルと言われる植民地賠償金支払いの交渉に臨むことになる。 
この厳しい交渉に日本国民が耐えられるか、そして韓国がどんな立場を取るのか。すんなりとはいかないだろう」 

※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい。 

(https://dot.asahi.com/aera/2019022700028.html?page=1)

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ