韓国経済危機&崩壊特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国経済、【死んでるから声はありません】金正恩氏 住民に直筆の年賀状=新年の辞発表せず

韓国経済、【死んでるから声はありません】金正恩氏 住民に直筆の年賀状=新年の辞発表せず

記事要約:管理人は金正恩はコロナで死んでいると考えているので、お正月に新年の辞発表しないで、26年ぶりに住民に直筆の年賀状とか、わけのわからないことをやりだすしかなかったと。直筆かどうかなんて住民にわかるわけないという。でも、声を出せばすぐに影武者だとばれるものな。

>金委員長は年賀状となる書簡で、「厳しい歳月の中でも変わりなく、わが党を信じ支持してくれた心に感謝する」として、「人民の理想と願いが花開く新しい時代を早めるため、力強く戦う」と強調。自らを「偉大なる人民に仕える忠臣」と表現した。

嘘ばっかりだよな。そんなことを一つも考えていない独裁者だろう。こういう文章を見ると管理人はすぐに拒否反応が起こる。そもそも、金正恩は死んでいるのだから誰か別の代行者が考えたのだろう。コロナに触れてないところを見ると、コロナの感染は未だにありませんが公式発表らしいな。

>金委員長は2012年の就任後、ほぼ毎年の1月1日に肉声で「新年の辞」を発表したが、今年は第8回党大会が迫っているなど肉声でメッセージを発信する機会が多く、新年の辞は発表せず、直筆の書簡であいさつを伝えたとみられる。

違うだろう。その肉声を用意できなかっただけ。その党大会もどうせやらない。やっても出てこないし、声も出さない。いつまでも影武者で世界をだませるとおもうなよ。ええ?みんな知っていてだまされたふりをしているのか。

韓国経済、【死んでるから声はありません】金正恩氏 住民に直筆の年賀状=新年の辞発表せず

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が新年を迎え、住民に直筆の書簡を送ったと報じた。

朝鮮中央通信が1日に公開した金委員長の直筆の書簡(同通信より)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

金委員長は年賀状となる書簡で、「厳しい歳月の中でも変わりなく、わが党を信じ支持してくれた心に感謝する」として、「人民の理想と願いが花開く新しい時代を早めるため、力強く戦う」と強調。自らを「偉大なる人民に仕える忠臣」と表現した。

北朝鮮の最高指導者が住民宛てに年賀状を送ったのは1995年以来、26年ぶりとなる。金日成(キム・イルソン)主席の死去翌年の95年には金正日(キム・ジョンイル)総書記が「偉大なる首領の戦士、偉大なる首領の弟子らしく私の国、私の祖国を一層富強にするため、皆が一つの心になって力強く働いていこう」とする年賀状を公開していた。

金委員長は2012年の就任後、ほぼ毎年の1月1日に肉声で「新年の辞」を発表したが、今年は第8回党大会が迫っているなど肉声でメッセージを発信する機会が多く、新年の辞は発表せず、直筆の書簡であいさつを伝えたとみられる。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210101000200882?section=nk/index

>
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ひふみ
2021年1月2日 14:25

「あら?南鮮からのお年玉まだかしら?」
「何なら北から弾降らして差し上げてもよろしいのよ。」
「おーっほっほっほっ♬」

>
1
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ